スポンサードリンク

2020年05月19日

友人が美味しい小夏を送ってくれました。「夏蜜柑」の俳句。

2020.05.07.

友人が美味しい小夏を送ってくれました。
「夏蜜柑」の俳句。


先日は友人が小夏を送ってくれました。

高知県土佐市の農家からのお取り寄せだそうです。

「小」がつくだけあって、蜜柑よりちょっと大きいサイズの、小さくて可愛い夏蜜柑です。

宮崎県では日向夏(ひゅうがなつ)、愛媛県ではニューサマーオレンジと呼ばれているものと同じ品種です。




普通の夏蜜柑は甘酸っぱくて、力強い風味で、季節の変わり目の体に喝を入れてくれますが、
この小夏は穏やかで爽やかな果汁が口いっぱいに広がって、
優しく元気をくれるようです。

小夏は白い皮も美味しいので、林檎のように皮を剥いて、
スライスしていただきます。

種がほとんどないので、食べやすくて嬉しいですね。


DSCN5910_R.JPG


まず、仏壇にお供えしてからいただきました。

「こんなに美味しいのに、残念ねえ」

写真の夫は苦笑いをしているようでした。

「皮も美味しそうだから、マーマレードを作ってくれよ」

「はいはい」




大人数で食べれば、皮も一度に沢山出て、
マーマレード作りも捗りますが、
一人で消費しているのでは、
皮もなかなか貯まりません。

そこで、小夏を食べて皮が出来れるたびに、
冷凍庫に仕舞っておきます。

そうすると、皮が新鮮なままで保たれ、
調理するときも柔らかくなりやすいようですよ。

気が向いたときに、じっくり丁寧に、美味しいマーマレードを作りましょう。


xdfgw3rty4auj_R.JPG


では、どうぞ、夏蜜柑の俳句を召し上がれ。


夏蜜柑。(夏の俳句)

俳人1号のYouTubeチャンネル



故郷近く夏橙を船に売る
正岡子規

読みかけの書に夏蜜柑酸跳ばす
津田清子

夏蜜柑たべて水勢あたらしき
和知喜八

雲ひとつゆきて日向に夏蜜柑
藤井美晴

夏蜜柑採りつくしたる宵の月
公山礼子

夏蜜柑むく親指に力入れ
志水千代子

大夏柑むさぼりし息をつぎにけり
石田波郷

夏蜜柑たわわな町の陶器市
長谷川翠

夏蜜柑母の手にありわが手にあり
渡邊白泉

袖にかくして夏柑を呉れしひと
鈴木喜三郎

夏蜜柑人親切に空青く
京極杞陽

夏蜜柑夫とわかちて海眩し
岡村月子


どの句にも、
瑞々しく美味しそうな夏蜜柑と、
それを大切な人と一緒に食べる喜びが溢れていますね。

今年は、ウイルスのせいで、一年中で一番美しく心地よい季節を、
戸外で堪能できなかった分、
家の中でゆったりと過ごし、美味しい小夏を楽しみます。

自粛生活が明けたら、元気に万緑の街や里に飛び出していきたいものです。


ではまた、ごきげんよう。。。





★楽天市場・土佐小夏★

★Amazon・旬の柑橘詰め合わせ★







日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村



posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク