スポンサードリンク

2014年01月12日

今日は京都競馬場で「第48回日刊スポーツ賞 シンザン記念」。

2014.01.12



今日は京都競馬場で
「第48回日刊スポーツ賞 シンザン記念」。



今年の干支は「午」ということで、
今日は「馬」の話題です。

「馬」といえば、
やはり「競馬」ですね。


その競走馬の中でも、
わたくしが好きなのが「シンザン」です。

「セントライト」以来
23年ぶりとなる3冠を達成し、
のちに有馬記念と天皇賞も勝った5冠馬ですね。


といって、
シンザンが現役のときに
ファンだったというわけではありません。

その頃は、
競馬というものには興味がなかったのですね。


しかし、
ピヨ子が教えてくれたサイトで、
この「シンザン」の素晴らしさを知って、
すっかりファンになってしまったというわけなのです。


強くて逞しくて、
本当に男らしい馬でしたね。

もう、惚れ惚れしてしまいます。


その「シンザン」の名前を冠したレース「シンザン記念」が
今日、京都競馬場で行われます。


京都競馬場には、
「シンザン像」があって、
そこが「シンザンゲート」と呼ばれていますね。









実は、
わたくし、
この京都競馬場に行ったことがあるのです。

ですから、
京都競馬場で、
しかも、シンザン賞といえば、
レースに興味を持たないわけにはまいりません。


その他、
今日は、
第9レース「祇園特別」
第10レース「羅生門ステークス」
という、
いかにもこの場所にふさわしいレースがあるのですよね。

そして、
メインレースが
第11レース「第48回日刊スポーツ賞 シンザン記念」。

3歳オープン。芝1600m。

「オルフェーヴル」「ジェンティルドンナ」などの
歴史的な名馬が飛躍への足がかりとした
まさしく注目の3歳重賞レースということです。


ピヨ子に教えて貰って、
京都競馬場のサイトを見てみました。

http://www.jra.go.jp/facilities/race/kyoto/


わたくしは
賭け事はしませんから、
このサイトがもの珍しくて、
ウロウロキョロキョロしてしまいました。


あら、こんなコーナーが。

「誘導馬紹介コーナー」

http://www.jra.go.jp/facilities/race/kyoto/yuudouba/index.html

競走馬としては、
あまり活躍できず、種牡馬になれなかった馬で、
その素質のある馬たちが誘導馬として、働いているのですね。

立派な誘導馬になれるよう頑張っています。

というような健気なコメントも
ぜひ読んであげて欲しいわ。




わたくしは
兄弟姉妹の中でも一番おっとりしていたので、
駆けっこも遅いし、
ボール遊びや縄跳びなども
あまり得意ではありませんでした。


というか、
同級生の中では、
まあまあ普通のレベルだったのですが、
いかんせん、
兄弟姉妹が揃って、出来すぎだったのです。

だから、
なにかというと、
家族から「とろくさい」というように
馬鹿にされたり、叱られたり。


ですからね、
競馬を見ていても、
ついつい一番最後の馬を応援してしまうのですよ。


人間なら、

「どうせビリだから」

なんて、諦めたりしそうなものですが、
馬って、それでも一生懸命走るのです。

もう、健気でなりませんわ。


頑張って走るのよ。

絶対に、馬刺しなんかになっちゃいけませんよ。



あら、もうこんな時間。

レースが始まるので、
とりあえず、
今日はこれで失礼。


明日は、
京都競馬場に行ったお話をする予定です。


ではまた、ごきげんよう。。。








posted by 八十路小町 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク