スポンサードリンク

2018年12月21日

現代俳句協会主催インターネット俳句会に投句しました。「冬至」の俳句。

2018.12.21.

現代俳句協会主催インターネット俳句会に投句しました。
「冬至」の俳句。


昨日は20日、現代俳句協会インターネット俳句会の投句締切でした。



2018年最後の投句になりました。



なにかと気ぜわしくて、それでもやることは山積みのままの年末ですが、
なんとか、今回も投句を果たしました。



今年の宿題はこれで終了、
結果のいかんは問わず、これで良しといたしましょう。



,mbnhiu7reaer_mo.JPG




今回、平成30年12月は第213回です。



投句数は

一般の部G1
907句。

一般の部G2
800句。




会員数は

一般の部G1
1001人。

一般の部G2
4156人。



新入会員のコメントは

晴耕雨読の隠居。
俳句初心者。
俳句歴10カ月。一日一句を続けて楽しんでいる。
突然 、俳句を作ることに目覚めた60の手習い。
全くの素人。
ホントの初心者。
いつき組で俳句を始めて4年。
初めたばかり。
俳句に興味があり、思い切って入会を希望した。
第三の職場卒業の無職。
俳句を楽しみながら豊かな感性を育みたい初心者。

などなど、新しい年の活躍が楽しみですね。



iuooywq2312_mo.JPG



今日は「冬至」ですよ。俳句をどうぞ。




12月21日。冬至。(俳句カレンダー) https://youtu.be/he7Argxn-hg



日々の日々なりし明日冬至

高野素十



物ごころつきて冬至のおだやかさ

後藤夜半



己が影去年より縮む冬至かな

荒木甫



富士山頂今冬至の日沈むなり

三井公子



一つある石を見すてず冬至の日

山口青邨



苫低く裏に日のさす冬至かな

正岡子規



美しき空を日渡る冬至かな

根岸善行



冬至の燈あたため憩ふ鉄工たち

佐藤鬼房



泣かぬためあかんべをする冬至かな

田村園子



事務の灯の常のごとくに冬至かな

日野草城



冬の寒さはこれからですが、
昼の長さは徐々に長くなり、明るくなっていきますね。



冬は日照時間が短いので、うつ病に罹る人が出てきますが、
冬至が過ぎれば、春に向かっていくので、
気持ちも少し明るく軽やかになる気がします。



新しい年に希望をもって向かいたいと思います。





ではまた、ごきげんよう・・・



新元号対応
https://amzn.to/2EJS56E



ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村






posted by 八十路小町 at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

生まれて初めてパニックになりました。「郵便局」の俳句。

2018.12.14.

生まれて初めてパニックになりました。
「郵便局」の俳句。



先日は娘のピヨ子に荷物を送りに行きました。



まずは、
わたくしが自分のために縫った服で着られそうなものや、
溜まった服地などをそこにあった箱に詰め込んで紐をかけました。



結構大きな箱ですが、
布地や洋服なんて、嵩張るけれど軽いものなので、
詰められだけ詰め込んだというわけです。



箱の大きさが決まれば、重さは30kg以内なら同料金というのがゆうパックの利点ですから、
箱にギュウギュウ詰め込んだ者の勝ちという感覚ですね。








さて、送り状はと、探したのですが、
夫が沢山持っていたはずなのに、どこにも見当たりません。



仕方ないので、郵便局で貰って書きましょう。



ということで、
荷物を持って玄関を出ました。



夫が病院から帰ってくる前に、
用を済ませておこうという算段です。



それが、一つ目も角を曲がったあたりから、
どうも、思っていたよりも、荷物が大きくて、しかも、重いことに気づきました。




ちょうど「前へ倣え」をした幅があって、高さも同じような立方体の箱です。



立方体というのは、縦横高さの合計が同じならば、最も体積が大きいので、
箱の大きさで物を送るには最もお得で有利だという計算になるのですが、
実際、持ち運ぶとなると、最も持ちにくい形だったのですね。



右肩にはピヨ子がくれたバッグをかけ、
両手で箱を捧げ持って歩くのですが、
予想以上に重くて、肩からはバッグの紐が滑り落ちそうになります。



それを気にして、右だけをいかり肩にしながら歩くのですから、
箱自体を持つ手も下がっていきます。



すると、へっぴり腰になって、歩幅も狭くなり、
ますます道は遠くなっていきます。





czxde87wqwweqr_mo.JPG




途中途中、道路にある杭に箱を下ろして休み、
肩にバッグを上げてから、また出発というのを繰り返す羽目になりました。



商店街のアーケードのは入り口で、ちょうど自転車の友人に会いました。



「おや、小町さん、それ重そうね。

どこに持っていくの?」



「郵便局よ。

ねえ、バッグを箱の上に載せてくれる?」



「いいわよ。

でも、これは大変そう。

ねえ、この自転車貸してあげるから、乗せていきなさいよ」



わたくしは嬉しかったのですが、
荷台が小さくて華奢だったので、
自転車を壊してしまっては大変だと思い直しました。



「ありがとう。

でもすぐだから、大丈夫よ」









アーケードを通れば近道になるのですが、
この分では、まだまだ知り合いに会いそうなので、
違う道を行くことにしました。



箱から滑り落ちないようにバッグを顎で押さえ、
ソロリソロリと歩きます。



すぐそこなのに、まあ郵便局の遠かったこと。



何度も途中で帰ろうかと思ったのですが、
その度、いやいや、せっかくここまで運んできたのだからと、
自分を励ましながら行きました。



この冬一番の冷え込みだというのに、
汗がびっしょりです。








やっと郵便局に着き、
自動ドアが開いた途端、まるで不意打ちのように、係のお兄さんが満面の笑みで出迎えてくれました。



「いらっしゃいませ。荷物を送るんですね!?」



「はい。でも、まだ紙を書いてないんです」



「はい、ではこれに記入してください」



記入用紙を貰って記入台に行って、
いざ書こうとしたところ、
どうしたことか、頭が真っ白です。



しょっちゅう送っていて、しょっちゅう書いているはずなのに、
書くべきことが頭の中から出て来ないのです。



まあねえ、こういうときのために携帯があるのよと、
ピヨ子に電話をかけました。



郵便番号、住所、電話番号と、
聞いてそのまま書くのですが、
まるで書けないのです。



今聞いたはずなのに、頭の中に入っていない。



四角が7個しかないから、電話番号が入らない!!



えっ、090じゃないの?



何度も何度も聞き直して、書き直しです。



記入台では、隣に人が入れ替わり立ち替わりやってきては記入して去っていきます。



わたくしは、それを目の端で感じながら、左手に携帯、右手にボールペンを握りしめて、
暑くなったり寒くなったり、赤くなったり青くなったりを繰り返しています。




trd56we4fzd_mo.JPG





途中で係のお姉さんがやってきました。



「書けましたか?」



「ああ、ちょっと混乱しちゃって」



お姉さんはニコニコしながら言いました。



「よくあることです。

お手伝いしましょうか?」



「いや、大丈夫です」



「そうですか、ではどうぞ、ごゆっくり」



わたくしはますます焦って、頭が真っ白で、脳みそが空っぽになったような気がしながらも、
なんとか書き終えて、やっと荷物を送ることができました。







xfght7643_mo.JPG





さあ、夫が帰ってこないうちに、家に帰って昼食の支度をしなければなりません。



行きが重かった分、
帰りは手ぶらでなんとも楽ちん、
飛ぶように歩いて帰りました。



帰り着いてバッグから携帯を取り出すと、
ピヨ子からメールと電話が入っていました。



随分と心配してくれたようですね。



そう言えば、何度も電話して聞き直していたとき、
最後の方では、ちょっと涙声だったみたい。



あとで電話してみたら、
あのあとすぐ、インターネットで検索したそうです。



生まれて初めて経験したパニックだったけれど、
もう大丈夫ですよ。



もっとも、超がつく心配性の夫には内緒です。




23df9hgdd_mo.JPG




では、「郵便」の俳句をどうぞ。



4月20日。郵政記念日。(俳句カレンダー)
https://youtu.be/09vjvVWXhtc




さきがけの白シャツ島の郵便夫

茂里正治



郵便夫来る潮浴びの茶店にも

大星たかし



雪やんでゐし郵便の来し氣配

藤本草四郎



地下足袋に露踏む山の郵便夫

大野林火



郵便夫急ぐ枯野はあたたかに

吉屋信子



水ぬるみ網打ち見入る郵便夫

杉田久女



追羽根の中を抜けゆく郵便夫

畠山譲二



元旦の使者バイク駆る郵便夫

林昌華



郵便船迎え島の子皆裸

和田知都


郵便夫枯野に黒く荷を確かむ

田川飛旅子



思えば、便利なインターネットメールのお陰で、
字を書く機会が減ってきていますね。



漢字は読めても書けなくなっているし、
わからないことは事典や辞書をめくらなくても、
パソコンに打ち込めばすぐ出てくる。



しかも、うろ覚えでも打ち間違いでも、
「ひょっとして、あなたの探しているのはこれでは?」などと親切にいってくれます。



とても便利で有り難いですね。



あっ、大変な諺を思い出してしまいました。



「地獄への道は善意で敷き詰められている」



これは、しっかりと心しておかなければなりませんね。



年齢だからと諦めず甘えず、
大切に、でも、存分に使っていきたいと思います。





ではまた、ごきげんよう・・・






ネットのみでも必ず3万円進呈!NURO光キャンペーン






SoftBank光キャンペーン!新規も転用もキャッシュバック






ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

黒キャベツを買って高校生に驚嘆されました。「キャベツ」の俳句。

2018.12.10.

黒キャベツを買って高校生に驚嘆されました。
「キャベツ」の俳句。



先日は、趣味の会の友人たちと地元の農業高校のお祭りに行ってきました。



ここのお祭りは年に数回あるのですが、
生徒が栽培した農作物や加工食品が格安で出品されるので、
遠くからも人々が集まる人気の行事です。



久しぶりに行ったわたくしは、
あちこちと目を皿のようにして見て廻りました。



そして見つけたのがこれ。



DSC_0465_mo.moza.JPG



「黒キャベツ」です。



滅多に出会えない野菜だし、
それも、たったの100円だったし、
しかも、たった一束しか残ってなかったので、飛びついてしまいました。




「これ下さい!」



すると、売り手の高校生が目を見開いて言います。



「えっ、これですか?」



「はい。これ下さい」



「わあ、ありがとうございますっ!!」



その高校生は後ろを振り向いて大きな声で言いました。



「売れたよっ!!」



すると、そこに高校生が男女数人いたのですが、一斉に集まってきて、ジャンプしながらハイタッチしあいます。



「ヤッタア〜、ヤッタア〜!!」



わたくしが驚いていると、
その中の一人の男子生徒が言います。



「おばさん、これの名前知っていますか?」



「はい」



「えええ〜〜っ、このおばさん、名前知ってるんだって!?」



「これ、黒キャベツですよね?」



「はい、そうですっ。すご〜〜〜〜いっ!!」



わたくしは思わず、笑ってしまいました。



高校生たちも、嬉しそうに笑い合って、
口々に言ってくれました。



「おばさん、また買いに来てください」



「はいはい、ありがとう」








会場を出ると、他の会場を廻ってきたそこに友人が走り寄ってきました。



「ねえ、なにかいいものあった?」



「これよ」



わたくしが黒キャベツを見せると、
友人が言います。



「ああ、それね。

なにか見たことないのがあるなと思ったけど、
まさか、小町さんが買ったとは!?」



わたくしは珍しいものがあれば、
べら棒に高くなければ、すぐに買ってみます。



よく分からなければ、店員さんに聞くと、
いつも丁寧に教えてくれます。



今では、インターネットで調べれば、なんでも分かりますから、
本当に便利です。







家に帰ってから、振り返って考えるに、
黒キャベツは試験的に栽培したもので、
恐らく、この一束だけを出品してみたのでしょう。



誰も買うひとはいるまいと思っていたのに、
まさか、買うひとがいたとは!?



それも、お婆さんで、野菜の名前まで知っていたなんて!?



そういうことで、高校生たちがあれほど驚き、喜んだのでしょう。



今頃、他の生徒たちや先生にも話していることでしょう。



うふふ、わたくし、有名人になってたりして?



これからは機会があれば、度々行ってみようと思いました。


dgfhftu5487_mo.JPG




では、「キャベツ」の俳句をどうぞ。



8月2日。キャベツの日。(俳句&ニュース)
https://youtu.be/ayyT4YCmFSg





両親にかはいがられてキヤベツとる

山口青邨



ひたすらに日と露を巻く玉菜かな

阿部みどり女



甘藍の畑に犬の顔高し

岸本尚毅



光り来し冬のキャベツに煽らるる

殿村莵絲子



甘藍をだく夕焼の背を愛す

飯田龍太



高原の日近く巻きし大キャベツ

長谷川かな女



すこやかな固さに五月玉菜なり

上田五千石



芽キャベツのひとつぶづつに雨雫

飴山實



甘藍もつややかに夏立ちにけり

相生垣瓜人



もぎたてのキヤベツ丸丸児の如し

松氷靖子





「キャベツ」と言えば、現代では野菜の代表格ですが、
日本に伝わったのは幕末の1850年代で、明治にかけて外国人居留地用として栽培されただけで、
日本人の口に入ることはなかったそうです。



大正時代には品種改良も進んで、北海道、東北地方、長野県で栽培されるようになりましたが、
洋食があまり普及していなかったことから、
大東亜戦争の終戦後、西洋化が進むまでは、
一般の国民は食べることが少なかったですね。









わたくしが子供の頃、キャベツは「甘藍(かんらん)」と呼ばれていて、
漬物にしたり、煮て食べたりしていました。



今では、キャベツと言えば、サラダや、豚カツに添えた千切りキャベツがすぐに思い浮かびますが、
昭和中期までは、葉物野菜を生で食べるということはほとんどされていませんでした。



その理由は、肥料にあります。



昔は、トイレが和式であり、下水道も完備されていなかったので、
どこの家でも汲み取って処理をしていました。



バキュームカーも懐かしいですが、
それ以前は、農家が樽に集めてきて、畑の肥料に使っていたのです。








あっ、大変なことを思い出してしまいましたよ。



終戦後、わたくしが中学生の頃だったでしょうか、
学校のトイレもまた、お百姓さんが汲み取りに来ていたのですが、
その家の息子で悪童で知られていた少年が、親に代わってやってきて、
事件が起きたのです。



なんと女子トイレの汲み取り口に潜んでいて、
女子生徒が入って用を足そうとするや、
柄杓を差し出して、それを受けたというのです。



悪童はほんの悪ふざけのつもりだったのでしょうが、
驚いたでは済まないのが女子生徒で、
学校中に響き渡るような大きな悲鳴を上げて、
大騒動になったのですよ。



今では想像もつかないことですがねえ。








科学の発達のお陰で、
肥料も化学的に作られるようになって、
いわゆる「下肥」による寄生虫も激減し、
野菜が生で美味しく食べられるようになりました。



今ではインターネットを見れば、昔のことでもなんでも調べられるようになりましたが、
長生きして経験してきたわたくしたちの世代は、
「ああそうそう、そういうことがあったよねえ」と懐かしく記憶が蘇ってきます。



まあ、長生きはするものですね。





ではまた、ごきげんよう。。。




★楽天市場・キャベツ★

★Amazon・キャベツ★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

話題の.「0円タクシー」乗ってみたいですね。「タクシー」の俳句。

2018.12.06.

話題の.「0円タクシー」乗ってみたいですね。
「タクシー」の俳句。



師走なのに、不思議と暖かい日もありますが、
やはり、朝は冷えますね。



早起きのわたくしの楽しみは、
夫を始め、世間の人が高鼾をかいて眠っているとき、
温々の布団の中に腹ばいになって、
パソコンでインターネットを見ることです。



特に楽しみなのは、ツイッターとYoutubeです。



娘のピヨ子がわたくしが興味がありそうなものを登録しておいてくれたので、
開けば、面白い情報が雪崩のように出てきます。






今朝一番に目を惹きつけたのがこれです。







なんと無料で乗れるタクシーが登場し、話題を集めているというのです。



その名もずばり、「0円タクシー」。



0円タクシー早くも人気 無料サービスの意外な裏側(18/12/06)
https://youtu.be/UvWDKZY5Q7k




よくぞ、こんな楽しいアイデアを思いついたものです。



このタクシー、是非とも、乗ってみたいですね。



「どん兵衛タクシー」は東京都内だけで、しかも年内のみの試みですが、
乗客の反応によっては、地区や期間も広がるようです。



「0円タクシー」を利用するには、タクシー配車サービス「MOV」のアプリをダウンロードしてください。
↓ ↓
https://m-o-v.jp/



あら、スマホを持っていないわたくしは残念。



ydzsfg234resh_mo.JPG



では、「タクシー」の俳句をどうぞ。



8月5日。タクシーの日。(俳句&ニュース)
https://youtu.be/64_iL7ryJ1o




個人タクシー出て頭垂れ広島忌

松山足羽



暮雪のタクシー流れて舞踏会のごと

岸田稚魚



老いても流すタクシージャスミン匂わせて

伊丹三樹彦



タクシーに追うてもらつて虹を見る

右城暮石



年末になると忙しくなる仕事のひとつに、
タクシーの運転手さんがあげられます。



ty6534esrg_mo.JPG




電車やバスなどの交通網の発達している都会でも、
車がなくては生活しにくい田舎でも、
運転をやめた高齢者や、昔と価値観が違ってきて、そもそも車を持たないと決めた人たちにとっても、
急な用事などのとき、タクシーは無くてはならないサービスです。



わたくしたちの市では、高齢者にはタクシーの初乗りが無料になるチケットが配られていて、
本当にありがたいことです。



でも、本当のところを言うと、初乗りでは行きたところには行けないので、
そのあとの運賃を払うくらいなら、
自転車や徒歩で行った方が、運動になるし、面倒でないからいい、なんて声も結構あるのです。



いっそのこと、「行き先が病院なら無料」などになれば、
高齢者もその家族もどんなに嬉しいことでしょうか。



車体に華々しくコマーシャルが描かれた派手派手のタクシーで、
しかも、無料だなんて、
ちょっと想像しただけでニヤニヤしてきてしまいました。





ではまた、ごきげんよう・・・




社宅・寮付きのタクシー求人は【タクQ】 無料転職支援サービス


転職を強力サポート!最大で入社祝い金45万円 タクシー無料転職支援サービス【タクQ】

女性のタクシー求人は【タクQ】無料転職支援サービス






ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

現代俳句協会主催・インターネット俳句会の結果が出ました。「十二月」の俳句。

2018.12.01.

現代俳句協会主催・インターネット俳句会の結果が出ました。
「十二月」の俳句。



本当に早いですね、今日から12月です。



現代俳句協会主催・インターネット俳句会の結果が出ました。



わたくしは

0点、1点、0点
合計1点



娘のピヨ子は

1点、1点、0点
合計2点


bcfuyas3w4q2r_mo.JPG


広告


この俳句会では、会員が投句すると、それを集めて、
トランプをシャッフルするように混ぜてから、それぞれに番号をつけて並べます。



毎月、およそ900句以上の中から選べるのがたったの5句ずつですから、
本当に大変な作業になります。



会員が各自工夫して、自分に合ったやり方で選句をするのですが、
やはり、最後まで十分に読んで検討するには、時間もエネルギーも尽きてしまうのはやむを得ず、
それで、高得点を得た句は断然、最初の方が多いという結果になりました




わたくしたちの選句の結果を見ても、
どうやら、そんな感じがしますね。



自分の投句した句が何番めに示されるかは、全く運任せですから、
選句結果も運の結果と言えそうです。



そう分かったからには、結果は一切気にしないという気持ちが一層強くなって、
本当に清々しい気分になりました。


まあ、純粋なるボケ防止ですね。



と、思ったら、かえって、少し真面目に取り組んでみてもいいなという気持ちも湧いてきたので、
不思議なものですね。


ru5656565656id_mo.JPG



では、「十二月」の俳句をどうぞ



十二月の俳句。1

https://youtu.be/GKyILvyTQyI


白鳥を浮べ晴れ晴れ十二月

佐藤鬼房



本箱に俳誌の満ちて十二月

柴田久子



青空は生きる眩しさ十二月

遠藤真砂明



失せ物がひよつこり顔出す十二月

鏡山千恵子



大佛の胎内ぬくし十二月

井上淳子



声出して身を軽くせむ十二月

保坂加津夫



小気味よき鋏の音や十二月

佐藤章恵



丹波よりとどく黒豆十二月

阿部ひろし



走つても走らなくても十二月

遠藤悦子



眉描いて己励ます十二月

三浦澄江




平成最後の師走を、気ぜわしいけれど、
無闇に走らず、じっくり楽しんで過ごしたいと思います。




ではまた、ごきげんよう・・・





■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
■□         [SoftBank Air]キャンペーンのご紹介
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

「SoftBank Air」は、置くだけですぐつながる、Wi-Fi(ワイファイ)搭載で使い放題の
高速インターネットです。面倒な工事やパケット制限もナシ!スマホでゲームや動画を
思い切り楽しみたい方や、一人暮らしの方に最適なインターネット回線サービスです。

※今なら新規お申込みで最大60,000円キャッシュバックキャンペーン実施中!

詳しくはhttps://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZVTDD+CQFUWA+3IB8+BXB8Z

★楽天市場・お歳暮★
★Amazon・お歳暮★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村





posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク