スポンサードリンク

2019年01月28日

芥藍菜(かいらんさい)の花が咲きました。「キャベツ」の俳句。

2019.01.26.

芥藍菜(かいらんさい)の花が咲きました。
「キャベツ」の俳句。



先日は市場で、ちょっと変わった野菜を見つけました。



袋には、
「芥藍菜(かいらんさい)」と書かれています。



産地は高知県です。



当然、買って帰りました。


DSCN4467_mo.JPG




家に帰ってすぐ、
この野菜の素性をインターネットで調べてみました。



この野菜の名前の漢字から予想した通り、
原産地は支那広東地方で、
別名は「チャイニーズ ブロッコリー(
Chinese broccoli)」「チャイニーズ ケール」(Chinese kale)だそうです。



まだ、日本にはあまり出回っていない野菜で、
旬は初夏から夏だというので、
今回の買い物は、まさに「初物」という訳でした。



新年早々、縁起が良いですね。








濃い緑の葉は、本当に元気いっぱいで、
食べると、しっかりした歯ごたえと味が魅力的です。



炒めものなど中華料理に美味しいですが、
スープやサラダなどに、ほんの少し刻んで彩りに散らすと、
見た目も味も栄養的にも嬉しい一皿になりました。




DSCN4468aaa_mo.jpg



また、この「芥藍菜」は立てておくと、
かなり長期間長持ちします。



よくみると、蕾もついているので、
葉を食べた後の茎をコップに挿しておいて、これは日々の楽しみにしました。




DSCN4489_mo.JPG



そして、とうとう花が咲きました。


DSCN4490_mo.JPG

DSCN4487_mo.JPG



小さくて白くて可愛いですね。



まさにアブラナ科の花です。



食べてよし、食べたあとも見てよし、
本当にお得な野菜でした。




trhg56jkjh_mo.JPG







では、「芥藍菜」の仲間の「キャベツ」の俳句をどうぞ。



8月2日。キャベツの日。(俳句&ニュース)






渦まいてキャベツの締まる音のせり

藤本紀久子



あめつちの睦みし重さ春キャベツ

河野輝暉



葉脈に水音立てて春キャベツ

田村さと子



エプロンで運ぶサラダは春キャベツ

増田明美



初市へ農夫甘藍光らせて

森水仙



五月来ぬキャベツたつぷり切りきざみ

鈴木真砂女



さみどりのいまはましろくキヤベツ剥く

篠原梵



渦まいてキャベツの締まる音のせり

藤本紀久子



雨だれのリズムで刻むキャベツかな

櫻井了子



すこやかな固さに五月玉菜なり

上田五千石




美味しそうなキャベツの俳句ですね。



スーパーには、緑の美しい春キャベツが出回ってきました。



スープや煮物、揚げ物の付け合せに重宝する「冬キャベツ」とはまた別に、
初々しい「春キャベツ」の美しさと美味しさはまた格別です。



「春」という字が、
もうすぐ明るく暖かな春ですよ、
寒いけれど、キャベツを食べて頑張りましょう、
とでも、言ってくれているような気がします。



さて、寒いけれど、また市場に出かけてきましょう。



新顔の野菜が見つかるといいですね。






ではまた、ごきげんよう。。。






ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村





ラベル: 動画 俳句 野菜
posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

現代俳句協会主催・インターネット俳句会の投句を済ませました。「大寒」の俳句。

2019.01.21.


現代俳句協会主催・インターネット俳句会の投句を済ませました。
「大寒」の俳句。



新年になったかと思えば、もう昨日は20日、
現代俳句協会主催・インターネット俳句会の投句締切日でした。



去年は、「来年こそはもう少し真面目に俳句に取り組もう」と思ったけれど、
やっぱり、いろいろと気ぜわしくて、「取り敢えず」の投句になってしまいました。



でも、完璧を目指すあまり、ゼロになってしまうよりは絶対に良いということで、
今年の俳句もまずまずの出発といたします。



bjuig67eds32_mo.JPG


さて、今回は第214回となりますが、
投句数は以下の通り。


一般の部G1
917句

一般の部G2
820句




新入会員数は以下の通り。


一般の部G1
1002人

一般の部G2
4201人



入会のコメントは

10年ほど前から俳句に興味を持った、
気ままに独身貴族、
ピンコロ人生を目指して俳句を始めた、
いろいろ本を読んで勉強中、
平成元年に俳句を始めて30年、
俳句歴8年の72才で、実力向上を目指し中、
俳句は小学生の時にやった程度で、アマチュアオーケストラでチェロを弾ている、
歴史大好き、古戦場巡りが趣味、
俳句を楽しみたい初心者、
アメリカ在住、俳句を通して日々の出来事を丁寧に観察して五感を鍛えたい、
などなど

さまざまな仲間が増えて、
また楽しいインターネット俳句会になりますね。



hjgkuy875td_mo.JPG



記録的な低温や積雪など、寒い日が続きますが、
それもそのはず、昨日20日は「大寒」でした。



「大寒」の俳句をどうぞ。



1月20日。大寒。(俳句カレンダー)
https://youtu.be/PJgtlLMtFTs





こちらは、「大寒の美味しそうな俳句」を探してみました。



大寒やあぶりて食ふ酒の粕

村上鬼城



大寒やしづかにけむる茶碗蒸

日野草城



大寒や羊羹残る皿の底

芥川龍之介



ふるさとの大寒の水甘かりき

鈴木真砂女



万葉に通ず大寒の生姜の香

長谷川かな女



大寒のうどんを滑る卵かな

滝口照影



大寒の六十妻よ湯豆腐よし

橋本夢道



パンと紅茶大寒に入る朝日和

村山古郷



酒飲みて又大寒を軽んじき

相生垣瓜人



大寒や子持ち鰈のさくら色

角川源義



下戸揃いのわたくしの家でも、酒の粕は冬によく登場します。



粕汁は身体が温まって美味しいですね。



また、炙って砂糖をつけておやつに食べたり。



こちらも美味しいので、自分がアルコールに弱いということをすっかり忘れて、
ついつい食べすぎて、ちょっと酔っ払ってしまったり、なんてこともありましたっけ。



寒いからこそ、美味しいものが沢山あって、
日本の冬はなかなか良いものです。







大寒にまけじと老の起居かな

高浜虚子



大寒と敵のごとく対ひたり

富安風生



昔は家の造りも今とは違って、密封性も断熱性も少なく、
また、暖房器具も貧弱だったので、
本当に寒かったですね。



高浜虚子や富安風生は明治生まれなので、
大寒の厳しい寒さ冷たさに向かう、キリッとした姿が目に浮かびます。



わたくしもまたこの冬の寒さに負けずに、
有意義に過ごしたいと思います。





ではまた、ごきげんよう・・・




★Amazon・暖房器具 省エネ 人気★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

わが家の南天の赤が美しいです。「実南天」の俳句。

2019.01.14.


わが家の南天の赤が美しいです。
「実南天」の俳句。



わたくしたちは年末年始を娘のピヨ子のところで過ごして、
自宅に帰ってきて、やっと落ち着いたところです。



いつものことながら、
持って帰った荷物は多くはないけれど、
洗濯したり、仕舞ったり、買い物に行ったりと、
色々と雑用も溜まっていて、
夫もわたくしも忙しかったですね。



そして、久しぶりに裏庭に出て、
草木に新年の挨拶とご機嫌伺いをしました。




DSC_0504_mo.JPG




冬なので、色合いも地味な自然界にあって、
明るく美しい姿でわたくしたちを待っていてくれたのは、「南天のい実」です。



昨年は沢山実をつけていたのですが、
わたくしたちが留守の間は、鳥たちがせっせと啄んでいたのでしょう、
パラパラと数も少なくなっていましたが、
殺風景な庭に、希望の灯りが点ったいるようで、
とても楽しく嬉しい気持ちになりました。




南天は「難転(難を転ずる)」に通じるということで縁起がよく、
その花言葉も「私の愛は増すばかり」「良い家庭」などだそうです。



実は熟すと甘酸っぱくて美味しく、
それで鳥たちの大好物とされていますが、
知覚、運動神経の麻痺を引き起こすアルカロイドのドメスチン(ナンテニン)が含まれているので、
のど飴の原料にされているけれど、
人間は食べない方がいいそうです。



また、葉にも大脳、呼吸中枢の興奮、後に麻痺を起こすアルカロイドのナンジニンが含まれているのですが、
それが分解されると防腐作用があるので、
赤飯などに飾る風習があるのですね。



昭和も半ばまでは、
自宅でお餅を搗いたり、お萩を作ったり、赤飯を作ったりということがごく普通に行われていましたが、
沢山作っては、重箱や折り箱に入れて、
近所や親類に配っていました。



そんなときに欠かせないのが南天でした。



風呂敷包みを解いて、重箱の蓋を開けると、
わたくしたちの目に真っ先に飛び込んでくるのが、
南天の葉でしたね。



その美しい景色を味わってから、
中身を自宅の大皿やお鉢に移し、
空になった重箱にはマッチを数本入れて、
また風呂敷に包んでから、返すのが決まりでした。



あの頃は、今のようにはガスもライター便利にはなっていなかったので、マッチは必需品だったからです。



そんな昔の懐かしい思い出に、しばし浸ってしまいました。



993781bb25438954814b5c32d664e7f5_l_mo.jpg




では、「南天の実」の俳句をどうぞ。



南天の実(三冬)

https://youtu.be/ofjH0VX2cfE




鳥声のしるき朝や実南天

永島雅子



裏木戸は南天の実の明るさに

怱那みさ子



鴎外の生家北向き実南天

松崎鉄之助



存(ながら)ふも芸のうちなり実南天

阿部静雄



うれしくて見てゐてばかり実南天

岡井省二



日を亨けて粒選りばかり実南天

岡本眸



うつくしき夕映のあり実南天

角川春樹



南天の実を集めたる赤さかな

篠原温亭



実南天光る雨滴をとどめけり

中根美保



実南天ひと粒ごとに日当たりて

内田梢





どの句の南天も真っ赤で、本当に美しいですね。



難を福に転じてくれるという「南天」の木に感謝して、
また新しい一年を元気に過ごしたいものです。





ではまた、ごきげんよう。。。





ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村






posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

現代俳句協会主催インターネット俳句会の結果が出ました。「正月」の俳句。

2019.01.01.

現代俳句協会主催インターネット俳句会の結果が出ました。
「正月」の俳句。




新年おめでとうございます。



2019年、平成最後の年が明けました。



昨年は、日本で世界で色々、想像もつかなかったようなことが起きました。


終戦後の70年あまり、
平和だと思い込んでいたのは、日本人ばかりなり、
と言った感じで、
時代は大きく転換しようとしています。



一体、今年はどんな一年になるのでしょうか?



collage_inoshishi_sakasa_mo.jpg



さて、元旦早々、
現代俳句協会からメールが届いていました。



昨年に投句したインターネット俳句会の結果発表です。



わたくしは、

0点、0点、0点、
で合計0点。



娘のピヨ子は

0点、2点、0点
で合計2点。



この結果を書いたピヨ子からのメールを見た夫はいみじくも言いましたよ。



「この人は0点が多いね。

正統派の俳句を詠んでいるからね。

こちらは時々点が入るね。

一般受けの良い俗な俳句だからね」



俳句の傾向が変わってきたのは時代の流れでしょうね。



なんでも流行というものには勝てませんが、
それでも、敢えて、安易に流行に乗ることを良しとしないのが、
我が家流なのですよ。



今年も、点数の多少には構わず、自分の満足する俳句を詠んでいきたいと思います。



頭の体操ですからね。




fgsry7w47_mo.JPG



では、「正月」の俳句をどうぞ。







果報は寝て待てと言はしめ寝正月

羽藤燒石



正月の富士が見たい風船放ちて自分とする

荻原井泉水



老斑もほくろも愛し寝正月

吉田汀史



お正月のからすかあかあ

種田山頭火



正月に見たいかほありとしの市

大島蓼太



口開けて正月休みの登り窯

竹中碧水史



正月や楷書のごとき山の晴れ

林徹



凧揚げて空を遊ばすお正月

鷹羽狩行



笑ふたび母若返るお正月

今井春生



夜となりて吉夢むさぼる寝正月

金子兜太





今年のお正月は見事な青空です。



風があって、空気は冷たいけれど、
本当に気持ちが良いものですね。



今年もわがままに元気に楽しく、
色々なことに挑戦して有意義に過ごしたいです。



皆様にとっても、ますます素晴らしい一年になりますように。





ではまた、ごきげんよう。。。






ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村



posted by 八十路小町 at 13:53| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク