スポンサードリンク

2019年04月26日

現代俳句協会主催・インターネット俳句会に投句しませんでした。「復活祭」の俳句。

2019.04.21.

現代俳句協会主催・インターネット俳句会に投句しませんでした。
「復活祭」の俳句。


昨日4月20日は、
平成最後の現代俳句協会主催・インターネット俳句会の投句のはずでしたが、
わたくしたちは投句をしませんでした。



というのは、現代俳句協会がホームページを新しくするのに伴って、
インターネット俳句会も心機一転新しくなるとのことで、
工事中で入れなくなっているのです。



「インターネット俳句会はしばらくお休み」ということを聞いて、
これで楽ちんになったわい、と喜んでおりました。



ところが、
娘のピヨ子は代わりのインターネット俳句会を探し出してきて、
そこに参加を決めたというのです。



「公益社団法人・日本伝統俳句協会の『Web投句箱』で、無料だからね。

ただし、毎月、お題が出されて、一人2句まで投句よ」



この句会は、現代俳句協会のような互選ではなくて、
協会の選者が特選3句と佳作を選んで公表する仕組みだそうです。



そして、締切は20日、結果発表は月末です。



qefjh775_mo.JPG





今回のお題は「春愁」でした。



わたくしはそういうことを聞いていたはずなのに、
すっかり忘れて、自分の好きな季語で3句作って、
締切当日にピヨ子に知らせました。



すると、ピヨ子からすぐさまお題のことを言ってきたので、
わたくしは大慌てで、2句作って、
なんとか締切に間に合ったというわけです。



日本伝統俳句協会は、1987年(昭和62年)に「ホトトギス」主宰の稲畑汀子が中心となってできた団体ですね。



そして、会長の稲畑汀子は高浜虚子の孫にあたります。



この会の目的は、
有季定型、季題遵守であり、高浜虚子の「花鳥諷詠」の理念を正しく世に伝えながら、
新しい伝統俳句を創造することだそうです。



つまり、
今までわたくしが参加していた「現代俳句協会」とは違った趣旨ですね。



さて、結果はどうなりますか、
楽しみです。




dgfnj75woy_mo.JPG




ところで、今年のイースターは4月21日です。



この日を境に、本当に春が来たという気持ちになりますね。



では、「復活祭」の俳句をどうぞ。




復活祭の俳句。2



一振りの鍬かがやかす復活祭

影島智子



復活祭一番鶏は野に出でて

古野洋子



牛舎まづ改築復活祭近く

宮津昭彦



復活祭心にあかり灯さるる

吉田たま



さらさらと葱に風くる復活祭

大木あまり



風立てばよろこぶ水や復活祭

草間時彦



かさなつて仔犬ねむれり復活祭

三島隆英



消えてゆく記憶も尊し復活祭

糸山由紀子



遠くて近き神や牧場の復活祭

中村草田男



カステラに沈むナイフや復活祭

片山由美子



明るく暖かく幸せそうな俳句ですね。



なんだか、カステラが食べたくなってきました。



さて、今日のおやつはなんにしましょうか?






ではまた、ごきげんよう。。。





★楽天市場・復活祭★
★Amazon・復活祭★



ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

趣味の会でお花見に行ってきました。「桜」の俳句。

2019.04.13.

趣味の会でお花見に行ってきました。
「桜」の俳句。



先日は、趣味の会の総会がありました。



わたくしたちの会は道具や場所の都合上、
会員を2つの組に分けて、別々の曜日に活動しています。



原則としては、
会員は自分の好きな組に入れるのですが、
一旦どちらかに入った以上はなかなか抜けがたく、
しかし、
人数の偏りが大きすぎては不都合なので、
それを是正するために、移動することもありました。



そのため、仲良しだった会員同士が別々の組になって、
滅多に会うこともなくなって、
ちょっぴり淋しい思いをすることもあります。



ところが、総会ともなると、
両方の組の会員たちが集い合って、
前年度の締めくくりと、新年度の出発をするので、
懐かしい顔を久しぶりに見られて嬉しいのです。



rtymnwm565w_mo.JPG



そして、
総会のもう一つのお楽しみは、
会のあと、全員でお花見に行くことです。



プールしてあった会費からちょっぴり贅沢なお弁当を取り寄せて、
会員の車に分乗して、
近所の花の名所に出かけます。



わたくしは別の組の会員の車に乗せてもらったので、
別れ別れになっていた旧友と楽しい会話が沢山できました。



お花見の会場は川原で、
土手には古い桜の木が長い長い列をなしていて、
ちょうど見頃で、大変美しかったです。



家族連れも多く出ていて、
中でも感心したのは、
5歳くらいの男の子が赤ん坊の妹を、それはそれは上手にお守りしていたことです。



わたくしたちの子供の頃は、「産めよ増やせよ」という時代で、子沢山の家が多かったので、
子供が子守をするのは当たり前で、
弟妹を背中に背負ったまま遊んだり、
学校にも弟妹を背負ってくるのが普通のことでした。



美味しいお花見弁当を食べながら、
そんな昔話にも花を咲かせ、
とても楽しいひとときを過ごしました。




5c14926204f1f53a159fcfd3063ba075_s_mo.jpg



では、「桜」の俳句をどうぞ。



桜。(春の俳句)

俳人1号のチャンネル



山国の空に山ある山桜

三橋敏夫



光陰のやがて薄墨桜かな

岸田稚魚



つなぐ手にをさなの湿り夕ざくら

千代田葛彦



山又山山桜又山桜

阿波野青畝



咲き満ちてこぼるゝ花もなかりけり

高浜虚子



手をうたばくづれん花や夜の門

渡辺水巴



まさをなる空よりしだれざくらかな

富安風生



仔山羊啼く彼岸桜に繋がれて

青柳志解樹



青空や花は咲くことのみ思ひ

桂信子



さまざまのことおもひ出す桜かな

松尾芭蕉



dsfas5e7e45uysdf_mo.JPG



松尾芭蕉の句については、もう何も言うことがありません。



まさにその通りです。



何十年何百年の桜の木と、
それに咲く花を見ては、
自分の来し方行く末を思い、
先祖のことや日本のことを思い、
そうやって、日本人は日本の歴史を紡いできたのですね。



ところが、
近年では、日本に外国人がやたらに多く入ってきて、
観光地が占領され、汚され、地元の人も本当に困っているそうです。



桜の名所も外国人だらけで、
桜の木に登る者、枝をゆさゆさ揺すって花を散らす者、枝を折る者、
いや、それどころか、根本から木を切り倒す者まで、
様々な写真や動画がインターネットで投稿されています。



外国と仲良くすることは良いことだけど、
それはお互いを尊重しあってこそのこと。



まずは「郷に入れば郷に従え」が原則。



「多文化共生」なるものが、「他文化強制」になって、
日本が破壊されてはなんにもなりません。



桜の花の潔さを理想とし、
お国のために戦って散った多くの兵隊さんや、
空襲などで犠牲になった大勢の日本人のことを考えれば、
本当に嘆かわしいことです。



来るべき「令和」時代こそは、
日本を建て直し、本当に日本らしい日本の国になることを期待しましょう。



わたくしたち、戦争を知っている世代は出来る限り長生きして、
それを見届ける義務がありますね。





ではまた、ごきげんよう。。。





★楽天市場・桜 盆栽★


★Amazon・桜 盆栽★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村





posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

趣味の会で大人気売り切れ限定品のお菓子「京都ブラックサンダー」を貰いました。「抹茶」の俳句。

2019.04.04.

趣味の会で、大人気売り切れ限定品のお菓子「京都ブラックサンダー」を貰いました。
「抹茶」の俳句。




先日は趣味の会で大掃除をしました。



大掃除は年末にもするのですが、
年度替りにもすることに決まっているのです。



趣味の会はあまり人数が多くなく、纏まっているのが良いのですが、
纏まりすぎているせいか、新入の会員がなくて、
会員の高齢化がどんどん進んでいきます。



それに従って、亡くなったり、病気や諸事情で抜けたりして、
会員自体も減ってきているので、
会もいつまで続けられるか、
それが悩みのタネにもなっています。



でも、悩んでいても仕方ないので、
やれる間は仲良く楽しくやっていきましょうというのが、
会員共通の目標です。









そういうわけで、
大掃除も年末と年度替りの2度に分けて、
ゆるゆるやっているのです。



とかく掃除は面倒なことですが、
よく言われているように、
すれば必ず、良いことがありますね。



綺麗になって、やる気も元気も湧いてきたのですが、
道具や作品など、
失くなったと思って諦めていたものが沢山見つかりました。



これらが改めて出てくると、
その中から捨てるものも出てきたので、
すっきりとして、良い気持ちになれました。



dasgt45eun_mo.JPG




そして、更に大掃除の良いところは、
終わったあとのお茶の楽しみが大きいことです。



誰彼となく、お菓子を持ってきていて、
テーブルに取り出し、
皆で分け合っていただきます。



今回、皆の注目を浴びたのは、
「ブラックサンダー」なるお菓子です。



持ってきてくれたのは会長です。



あそこの店の何が美味しい、
テレビで話題のあれはどこで買えるなど、
巷で流行りのグルメ情報なら何でも知っているという凄い人なのですよ。









その会長の娘さんが帰省土産に買ってきてくれたというのが、
「ブラックサンダー」の中でも特に希少価値のある「京都ブラックサンダー」。



この「ブラックサンダー」というお菓子はチョコレートとクッキーが一体化したお菓子で、
1994年に発売以来、
気軽に食べられることと、手軽な値段で人気だったそうですが、
発売以来、色や味の違う色々なバージョンが出て、
それがまた話題になって、最近特に売れているのだそうです。



そして、最近のヒット作が「京都ブラックサンダー」。



京都銘菓おたべ」を製造する「美十」と提携して、
本格的な抹茶味にこだわったということで、
2018年11月に発売されるや、メーカー側の供給が追いつかないほど大ヒッして、
販売が一時休止となっていたといいます。



それが、やっと供給のメドが立ったので、
2月1日から京都・大阪の一部店舗にて販売が再開されることになったというのです。



会長の娘さんは関西に住んでいるので、
わざわざ大量に買って来てくれたということです。



DSCN4626_mo.JPG

DSCN4628_mo.JPG


そんな話を聞くと、
その場で食べるのが勿体なくて、
わたくしもお土産に持ち帰りました。



わたくしの帰りや遅しと待ち構えていた夫は、
いそいそとお湯を沸かしてくれました。



コーヒーを淹れてから、
おもむろに「京都ブラックサンダー」を出して、
詳しく説明をしてから、二つに分けました。


DSCN4630_mo.JPG

DSCN4632_mo.JPG


「宇治抹茶使用」
「雷神どすう」
「応仁の乱以来の衝撃!!」
という文言が否が応でも興奮を高めてくれて、
期待を裏切らない美味しさでした。




★Amazon・【京都大阪限定】 京都ブラックサンダー ★




「ブラックサンダー」シリーズは新しいのが続々登場。



なんとも、面白い会社ですね。




yftft7u6cdsxerwtty_mo.JPG




では、「抹茶」の俳句をどうぞ。



2月6日。抹茶の日。(俳句&カレンダー)
https://youtu.be/qo3sjYi_g5Q




茶を点てて遊べば軒の恋雀

草間時彦



蚊の気配薄茶静かに置かれけり

友水清



花の夜の青蓮院の薄茶かな

結城容子



松の内薄茶もてなす庫裡の出居

詫摩まつ子



茶の泡に春夕焼のとどまらず

加藤楸邨



水取りの僧より賜ふ抹茶かな

佐川広治



涅槃絵に供ふ抹茶を点てゐたり

古川京子



茶をたてるひたすらなりしはたたがみ

小林康治



茶の点前済めば皆主婦日短

及川貞



照葉添ふ志野の花筒薄茶点つ

伊東よし子



抹茶といえば「茶道」ですね。



わたくしは国民学校6年生の夏に鞦韆でしたから、
終戦後の占領時代に中学・高校生活を送りました。



あの頃はものこそ無かったけれど、
戦争が終わった、存分に勉強ができるという喜びで、
教師も生徒も熱く貪欲でした。



わたくしは高校時代に「茶道部」に入ったのですが、
乏しい材料からお菓子も手作りをし、
それを目当てに若い男の先生たちも参加して、
賑やかで楽しかったことをよく思い出します。



ああ、それから、
娘のピヨ子がお茶を習いに行って、
痺れが切れて立てなくて困ったことも思い出しましたよ。



さて、今日のおやつは抹茶でいただくことにしましょうか。





ではまた、ごきげんよう。。。




★楽天市場・ブラックサンダー★

★Amazon・ブラックサンダー★







ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

現代俳句協会主催・インターネット俳句秋の結果が出ました。「四月」の俳句。

2019.04.01.


現代俳句協会主催・インターネット俳句秋の結果が出ました。
「四月」の俳句。



今日から4月、新年度の始まりですね。



現代俳句協会主催・インターネット俳句会も新年度の始まりです。



そして、今日は昨年度の締めくくりの結果が出ました。



わたくしは
0点、0点、1点
で、合計1点。



娘のピヨ子は
1点、0点、1点
で、合計2点。



二人とも、目覚ましい点数ではありませんが、
0点でなかったので、
気分よく年度末を締めくくることができて、
嬉しいことです。



gnbx65eww3w_mo.JPG


では、「四月」の俳句をどうぞ。



四月の俳句。4

俳人1号チャンネル登録



四月来る甕に未来を詰めにけり

近藤公子



窓開けて四月の風を通しけり

山村修



教科書の目次まつさら四月来る

藤井啓子



新しき樹木のかたち四月来る

辻直美



花びらを疊に拾ふ四月かな

小山森生



四月一日青竹の打ち合へる音も

飯田龍太



靄に透く紺の山なみ四月かな

三森鉄治



丈長き制服の子の四月かな

大久保恵美子



制服のプリーツ美しき四月かな

粟倉昌子



四月午後近所の宮に詣でけり

藤井美晴



どの句も、四月の新鮮な喜びと期待に満ちていて、
読んでいて楽しい気持ちになります。



awetvbru665_mo.JPG





それにつけても、
わたくしは日本人で本当によかったとしみじみ思います。



というのは、
1月1日を元旦として祝うのは、今や世界で多くの国の習わしとなっていますが、
日本は「年度」というものがあるので、
4月1日もまた、新たな仕切り直しが出来るからです。



しかも、
この季節は寒い冬が終わって、本格的な春になり、
桜を始めとして、草木が花をつけ美しい風景が広がります。



こんな素敵な4月ほど、学校や職場などの「新年度」にふさわしい季節はありません。








日本も米国に合わせて、秋始まりにしようなどという意見がありますが、
わたくしはこれには真っ向から反対を言いたいですね。



「国際化」「グローバル化」などという言葉が登場し、
何でもかんでも世界共通なことが良いかのように宣伝され、
まるで国境もないのが良いように思う人も増えていきました。



世界中の人々が仲良くするのは、大変素晴らしいことだけど、
それは皆が個性を押し込めて同質になることではないはずですね。



日本という国は、日本列島ならではの気候と風土によって、何千年もかけて作られてきました。



だからこそ、
新年度の始まりは美しく心地よい4月しかないと思いますね。



わたくしも気持ち新たに、「わたくしの新年度」を始めようと思います。





ではまた、ごきげんよう。。。






ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク