スポンサードリンク

2019年07月26日

友人が大きな胡瓜をくれました。とても美味しかったです。「胡瓜」の俳句。

2019.07.20.

友人が大きな胡瓜をくれました。
とても美味しかったです。
「胡瓜」の俳句。



先日、趣味の会の友人がわざわざ家まで来て、
大きな胡瓜をくれました。



ほんとうに猫の額ほどの小さな家庭菜園ですが、
いろいろな種類のものを植えていて、
丹精を込めて世話をしているので、
いつ見ても素晴らしい出来です。



今年の胡瓜は特に豊作ということで、
生のものと、煮たものを持ってきてくれました。



生のものは、長さが37cmほど、太さは7cmほどという特大サイズです。


DSC_0638_mo.JPG



みずみずしくて、本当に美味しいですよ。


DSC_0639_mo.JPG



そして、煮物はとても上手に作ってあって、
これも美味しく、
味付けを聞いたところ、
出しと砂糖と醤油と教えてくれました。



早速、わたくしも作ってみました。



暑さは5mmほどに切って、
鰹節の出し、砂糖、醤油で煮て、
生姜を入れて仕上げました。



夏らしく、さっぱりとした味わいで、
冷蔵庫で冷すとさらに美味しかったです。



写真ですか?



あまりに美味しくて、
つまんでいるうちに、写真に撮る分がなくなってしまいました。



また今度、お楽しみに。





hy7rtdfdg_mo.JPG

では、「胡瓜」の俳句をどうぞ。



胡瓜。(夏の俳句)

俳人1号



夜は静かなりしむかしの青胡瓜

飯田龍太



胡瓜揉む答のいらぬ夫のぐち

土田京子



好き嫌ひなき子に育ち胡瓜もみ

嶋田摩耶子



明日ありて胡瓜一本漬けにけり

久保善男



河童忌と思ふ雑草園のヘボ胡瓜

山口青邨



鈴虫の食べる胡瓜の決りをり

後藤比奈夫



青葉茂る胡瓜枝豆なすび食べる

金子兜太



ごた〜と煮てしまひぬ茄子胡瓜

寺田寅彦



胡瓜より茄子むつかしき写生かな

正岡子規





夏は色鮮やかな野菜が元気の源ですね。



わたくしが子供の頃は、
野菜は生でサラダにするという食べ方があまりされていなくて、
煮たり、漬物にしたりが多かったですね。



サラダは見た目も美しく、
また手作りのドレッシングで美味しいものですが、
これは終戦後に、アメリカからもたらされて普及した食べ方です。



植物は熟した実を動物に食べてもらうことによって、
種をあちこちに広げて、そして繁栄をするという仕組みです。



だから、未熟なうちには毒を持っていて、動物に食べられないようになっています。



だから、本当は生食には向いていない野菜も多いそうですね。



野菜を煮たり漬物にしたりする日本の伝統的な野菜の食べ方は、
正しかったと言えそうですね。





長かった梅雨がやっと明け、
本格的な夏が始まりました。


野菜を美味しく食べて、
元気に過ごしたいと思います。




ではまた、ごきげんよう・・・







★楽天市場・夏野菜★

★Amazon・夏野菜★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村






posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク