スポンサードリンク

2019年12月22日

今年最後の日本伝統俳句協会のWeb投句箱に投句しました。「冬至湯・柚子湯」の俳句。

2019.12.21.
今年最後の日本伝統俳句協会のWeb投句箱に投句しました。
「冬至湯・柚子湯」の俳句。





昨日は12月20日、
日本伝統俳句協会のWeb投句箱の締め切りでした。



今年もあと10日ほどということになれば、
いよいよ気ぜわしくて、俳句のことなどすっかり忘れていました。



いやいや、本当は頭の片隅にほんの小さくあったけれども、
投句係のピヨ子が言ってこないので、知らんふりをしていたのです。



今回はこのままパスできそうだとほくそ笑んでいたら、
前日の夜になって、ピヨ子から投句を促すメールが来ました。



そこで、わたくしは携帯をかけて、
「今回は忙しいし、気が乗らないからパスしようかな」
と告げると、
「なにを言ってるの?休み癖がつくとボケるよ。たったの2句だし、すぐ出来るんだから、お願いしますよ」と、
やけに朗らかな声で言われてしまいました。



「ボケるよ」という決め台詞の前には、80有余年生きてきて、最近物忘れが気になってきたわたくしはひれ伏すしかありません。



そこで、長い句歴に物を言わせて、
脳みそをひっかきまわし、ピヨ子が送ってくれた俳人諸氏のお題「短日」の名句を参考にして、
チャチャと2句捻りだし、無事投句に相成りました。



今回は特に手抜きではあるけれど、
結果を楽しみに待ちたいと思います。



drtyh5shxd_R.JPG



さて、このWeb投句箱、来年の1月のお題は「松の内」です。



しめ切りは1月20日、
発表は2月初めの予定。



この会から選者が代わるようですね。



今井肖子(いまい しょうこ)さん。



2000年より母千鶴子の手ほどきで作句を始める
2004年日本伝統俳句協会賞受賞
句集『花も亦』
卯浪俳句教室講師、ホトトギス同人
好きなもの:スウォッチ、数学、日本酒

引用:日本伝統俳句協会http://haiku.jp/home/make/web-touku/



高浜虚子の兄・池内政夫の子の今井つる女の孫にあたる人ですね。



心機一転、来年も頑張りましょう。



dr65weysuh_R.JPG



明日は冬至ですね。



一足早く、「冬至湯」の俳句で温まっていただきましょうか。



冬至湯・柚子湯の俳句。1
https://youtu.be/TxXikVsiv9Y

俳人1号のYouTubeチャンネル



ささやかな贅なり柚子湯あふれさせ

伊藤憲子



少し早めに帰る柚子湯に入るため

岸田稚魚



一句成せずのぼせてしまふ冬至風呂

布川直幸



命ありがたし柚子湯に刻忘れ

乗光雅子



にこにこと湯ぶねの柚子の寄りきたる

柴田佐知子



花のごとてのひらひらく柚子湯かな

岡部玄治



生まれ出るごとくに柚子湯上がりけり

高橋悦男



柚子湯出て妻のクリーム少し塗る

雨宮昌吉



柚子湯して黄金に埋もれゐるごとし

鷹羽狩行



十年は死なぬつもりの冬至風呂

笠間圭子



どの句も、柚子湯に浸かっているようなよい気持にさせてくれました。



わたくしの実母はお風呂が大好きな人で、
冬至の柚子、端午の節句の菖蒲は言うまでもなく、
松の葉、大根の葉、蓬、菊、蜜柑など、思いつくものはなんでも風呂に入れては、
家族を楽しませ、喜ばせ、そして、たまには驚かせてくれました。



sdfgrsgbh_R.JPG




娘のピヨ子がいまだに言うのは、
パイナップル風呂です。



あれは、わたくしの末の弟が結婚したときのことでした。



当時は結婚式は自宅で行っていたものですが、
親戚一同、友人知人が集まり、近所の人も手伝ってくれて、
大変盛大なものでした。



そのとき、弟の一人が台湾土産にパイナップルを何個か買ってきたのです。



当時、パイナップルはまだまだ珍しい果物で、
みんな大喜びでした。



あっという間にお皿は空っぽになると、
お調子者の甥が残された皮をつまみ上げました。



その厚く剥いた皮にはまだ美味しそうな実が残っていて、
甘い香りを放っては誘惑するのです。



ああ、語るのも恥ずかしいから、その後は書きませんよ。







その夜、お風呂の戸を開けたら、
まあ、夢のような香りがするではありませんか。



あのパイナップルの皮がわたくしたちより先に湯舟に浸かっておりました。



「お祖母ちゃんが入れてくれたんだねえ」



ピヨ子が歓声を上げて湯舟に入りました。



わたくしもパイナップルの皮の実のところを肌に当てて、
うっとりと、南国の楽園にいるような気分に浸っていたのですが。



結論から言いますと、
パイナップルの皮だけは止めた方がいいですね。



トゲトゲがあるので、肌がチクチクするのです。



パイナップルの酵素は肉を柔らかくするとかで、
肌がスベスベになるのですが、
これも体質によっては強すぎるようです。








母はお洒落な人で、
年を取っても独自の美容法をしていました。



今ごろ、天国でパイナップル酵素でピーリングなどしているかもしれませんね。



わたくしも負けずに、いや、ほどほどにお肌のお手入れを続けます。






柚子湯、湯冷めしませんように。



ではまた、ごきげんよう・・・。




★楽天市場・入浴剤★

★Amazon・入浴剤★









日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村








posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

友人に「ジャニーズ」とやらからメールが来たそうです。「忠臣蔵」の俳句。

2019.12.14.

友人に「ジャニーズ」とやらからメールが来たそうです。
「忠臣蔵」の俳句。




今日は少し古い話ですが、
どうか聞いてくださいね。



電話機を新しいものに買い替えてから初めて、
長年の友人の若子さんから電話がかかってきました。




若子さんは息子さんからスマホを持たさてもう3年とかで、
立派なスマホユーザーなのですが、
そのスマホに不審なメールが頻繁に入ってきたというのです。



「それがねえ、ジャニーズのXXだと言ってね」



「え、なにそれ?誰からだって?」



若子さんは何度も説明してくれるのですが、
昔から芸能人には興味がないわたくしには、一向に分かりませんでした。




dszerq2tegawhr_R.JPG



ああ、そうそう、こんなこともありました。



もう何十年も前のこと、友人と世間話をしていて、
何のことだか分らなかったけど、知っている振りをして、ふんふん聞いていました。



家に帰ってすぐ、ピヨ子を捕まえて、
「ねえねえ、『タノキントリョー』ってなんのこと?」と尋ねると、
さすが我が子、浮世離れした声で
「さあ、なんだろ?
ああ、そういえば、聞いたことはあるような気がするけど」



「テレビで大人気で、物凄く売れてるみたいよ」



「ふうん、そうなの。
それ、『トリョー』っていうくらいだから、何か塗るものだよね?
ペンキの一種かなあ?」



「さあ、そんな感じの話ではなかったよ。
いいねえとか盛んに褒めていたから」



「ふうん、板とか壁とかに塗るんじゃないなら、何かの薬?」



「そうねえ、そうかもねえ。でも何の薬かしら?」



「うん、そうだ、XXキンタムシの薬よ!!」



t87iyhgsaw4bc_R.JPG




わたくしはそれほど芸能人のことを知らないので、
今回もとにかく「ジャニーズ」とかいう芸能団体関係の話ということで、
薄っすら聞いておりました。



まあ、とにかく、若子さんのスマホに、そのジャニーズとやらのタレントの5人の名前を名乗ったメールが続々と来たんだそうです。



その文面は
「結婚おめでとう。ぜひお祝いのパーティーを開きたいから、都合のいい日を知らせてもらいたい」
「近くに来たんだけど、いつものとこでお茶しない?」
「久しぶりい、美味い店見つけたんだけど飲みに行こうよ」
などなど、
意味不明のメールが一日に何通も届きました。



若子さんは「間違いメールではありませんか?」と返事をしようと思ったけれど、
それにしてもあまりにもオカシイと思いました。



そこで、スマホを買ってくれて、通信費も払ってくれている息子さんに聞いてみたかったけれど、
生憎、お嫁さんとハワイに遊びに行っていて留守なので、
若い友人に聞いたそうです。



すると、そういうのは返事をしないで、無視しておくのが一番、
反応するとカモ認定されて名簿に載り、詐欺師の間で高額で売買されることになる、
と教えてくれたので、放置しておきました。



すると今度は、
「なんで返事をくれないの?」
「なんか僕悪いことでもしたかなあ?」
「返事くらいくれてもいいじゃない」
「そんなに冷たかったっけ?」
「滝沢さんがどうして会いたいって言ってるから、お願いだから返事だけでもください」



なんか、可哀そうにもなってきたけど、若子さんはなおも放置していました。



そうすると、
「あ、これだけメールしても返事くれないってことは、僕、あて先間違えていたんだよね?
すみません。お詫びに・・・」
「これだけ謝っているんだし、これも何かの縁だと思って・・・」
などまだまだ続き、
それでも無視していたら、そのうち来なくなったそうです。




trse54t23wyghsdrtu_R.JPG




「なんと、合計51通よ。
ジャニーズなんて言えば、引っかかると思ってるのよね?
10代や20代の若い子ならいざ知らず、今更そんなのに騙されるわけないじゃないよ、ねえ?」



「そうよ。
ほんと、バカよねえ。
あっ、若子さんのこと、ティーンエージャーだと思ってたんじゃない?」



「わはは、そうかもねえ。
近頃、ネットで子供や若い子がホイホイ騙されて事件になってるからねえ」



「その詐欺師たち、若子さんの年齢知らないで、せっせとそんなメール出してたのね」



「まさか、90歳の婆さん相手に『会いたい』ってメールしてたと分かったら、腰抜かすわよねえ」



「それにしても、暇なひとたちよねえ。
カモに掠りもしないのに何十通もメールして。
こういうの、無差別に何十人、何百人って出してるそうね」



「第一、通信料だってバカにならないでしょうね。
まあね、わたくしは息子が払ってくれてるから、いくらかかろうが関係ないんだけどね」



「わはは、骨折り損のくたびれ儲けとは、まさにこのことよねえ」



わたくしたち昭和一桁生まれは、テレビもインターネットもない時代に生まれて育った世代ですから、想像力の逞しさには自信があるのでね、
あれやこれや勝手に想像して、涙まで流して大笑いしてしまいました。



お陰で、顔の皺も伸びたかもね、うふふ。




tf6uw549y_R.JPG




そうそう、今日12月14日は赤穂浪士の討ち入りの日でしたね。



わたくしは夫と一緒にピヨ子に案内されて、両国本所の吉良邸跡に行ったことがあるので、
この日がくると、あのときのことを懐かしく思い出してしまいます。







アニメでみる“忠臣蔵” 2分でわかる物語




この動画の絵は秀逸ですね。



ニヤニヤしながら見てしまいました。



hdxtyw43q2_R.JPG



そして、赤穂義士を詠んだ俳句はこちら。



12月14日。忠臣蔵討ち入りの日。(俳句&カレンダー)

俳人1号のYouTubeチャンネル



淡雪や忠臣蔵のオペラ欲し
遠藤豊成



忠臣蔵見て短日をすごしけり
松崎鉄之介



義士会や赤穂外れの對提灯
岩木躑躅



安兵衛の討ち入りしたる日なりけり
角川春樹



義士の日の事を話題に昼餉そば
町田一雄



義士の日や銀をふちどる朝の雲
沢田まさみ



義士の日の見知らぬ同志墓碑を読む
山口恵子



義士会や献灯一二祗園より
大島民郎



天窓見て義士討入の日と思ふ
加倉井秋を






赤穂浪士を扱った芸術は多くて、
昔はただただ、忠臣が主君の仇を討つという感動のお話だと思っていたのですが、
それを義士の一人一人の深い事情や、残された者の側、仇討ちのあとのことなど、
様々な角度から考察した本や、それに基づいた映画が作られるようになって、
とても興味深くて嬉しいことです。



中でも最近の注目作品は映画「決算!忠臣蔵」というもので、
こちらは、費用の調達や遣り繰りの面から、仇討ちの真実を考察したということです。



映画『決算!忠臣蔵』予告90秒 11月22日(金)全国ロードショー




映画の公式サイトはこちら
  ↓  ↓
「決算!忠臣蔵」






わたくしの青春時代は映画の全盛期で、
街にいくつも映画館がありました。



学校の先生が映画を見に連れて行ってくれたり、
成人式に映画を見たり、
村の万屋の店先に大きな看板が立てかけてあったり、
なにしろ、テレビがなかったので、映画とラジオが庶民の娯楽のもとだったのですよ。



それが、今では他に楽しみが沢山できたので、
いつの間にか、わたくしのよく行った映画館も無くなってしまいました。



見たいなあと思うような映画はバスや電車に乗って、県庁所在地の映画館までわざわざ見に行くしかありません。



この「決算!忠臣蔵」はぜひ見てみたい。



でも、遠くまでは行きたくない。



ということで、とりあえずは本でも買って読んでみましょうか。




決算! 忠臣蔵 (新潮文庫) (日本語) 文庫 – 2019/9/28
中村 義洋 (著), 山本 博文 (著)




我が家のネットショッピング係のピヨ子に注文しておきましょう。




赤穂浪士の討ち入りがすんだら、十二月も後半に入ります。



新しい年に向けて、無理のないようにボツボツ準備をしたいと思います。





ではまた、ごきげんよう・・・。









送料無料で買えば買うほどお得。
  &
音楽、ビデオ、読書などが無料で楽しめる。

特典多数の30日無料体験をする!!
  ↓  ↓  ↓
★ Amazon Prime ★






日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村







posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 安全・安心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

今年も友人から渋柿が届きました。「渋柿」の俳句。

2019.12.05.

今年も友人から渋柿が届きました。
「渋柿」の俳句。



今年も例年のように友人から渋柿が届きました



本当にありがたいことです。



友人から「送ったよ」という知らせが入ると、
すぐにしたことは、夫はせっせと包丁を研ぎ、
わたくしは紐の用意です。



荷造り用のビニール紐を80pくらいに切って、
両端に輪を作っておきます。



かぎ針編みの最初の輪のように、
長い方を引っ張ると輪が締まるようにしておくと、
柿の枝を引っ掛けるのに都合がいいのです。




DSCN5405._R.jpg




そうやって、楽しく紐の準備をしたところに、
見事な渋柿が到着しました。



今年の柿は大きくて34個入っていました。



小さな柿は数があれば剝くのが大変ですが、
乾きやすいので、失敗が少なく干し柿が出来ます。



一方、大きな柿は剝きやすくて楽ですが、
乾きにくいので、黴に気をつけなければなりません。



そんなことを話しながら、
夫と一緒に皮を剥いて、柿の蔕の枝に紐を掛けていきます。



大鍋にお湯をガラガラ沸騰させて、
その中に柿をくぐらせます。



その時間は5〜30秒くらいと、人によっていろいろですね。



今年はわりあい暖かなので、黴が来ないように、長めの時間で念入りに熱湯消毒しました。



DSCN5422_R.JPG



そうそう、紐とハンガーはあらかじめアルコールなどで消毒しておくといいですよ。



というのは、柿を吊るしたとき、ハンガーや紐に柿が触れることがあるからです。



熱湯消毒したらお湯を切って、すぐにハンガーに吊るします。



今年は1本のハンガーにつき、4個吊るすことにしました。



この方がゆとりがあって、風通しもいいですからね。



あとは、扇風機と除湿器をかけて御終い。



DSCN5421_R.JPG



柿の表面が乾いて、皺が寄ってきたら、
1個ずつ、やさしく揉みます。



揉むときはポリ袋を裏返すようにして柿を包み込んでやれば、
細菌や黴の心配が少なくなりますね。



もう何年も渋柿作りをしてきたので、
段々、自分なりの工夫も出来て、効率よく作業が進むのが楽しいですよ。



さあ、あとは柿が勝手に美味しい干し柿になってくれるので、
人間様はそれを見守るばかりです。



a866e6943b33d6f10f1799083ab28f83_l_R.jpg


では、「渋柿」の俳句をどうぞ。



あっ、赤くて美味しそうだからって、そのまま食べちゃ駄目ですよ。



渋柿の俳句。1
https://youtu.be/YMoittYJ7a4


俳人1号のYouTubeチャンネル



車座に渋柿を剥く夜なべかな

柳澤宗正



渋柿や街道中へ枝をたれ

蝶夢



渋柿の色艶栄えてあはれなり

日野草城



籾殻に渋柿しまひ冬に入る

鈴木多枝子



大方は渋柿ばかり柿の村

高野素十



澁柿や古寺多き奈良の町

正岡子規



渋柿は恥ずかしいから赤いのか

松山律子



渋柿の滅法生りし愚さよ

松本たかし



渋柿のみしりみしりと太りけり

岩下芳子



渋柿の我もの顔や冬に入る

佐藤春夫




こうして、俳句を見てみると、
渋柿は甘柿よりもエライような気がしてきました。



そのままでは食べられない渋柿が手間をかければ、
甘柿にない違った美味しさになり、そして保存もできるのですから、
まあ、威張っても当然ですね。



今日からの日課に干し柿の番とお世話が加わりました。



夫の補助役として、
懈怠なく務め上げたいと思います。




ではまた、ごきげんよう・・・。







柿づくし: 柿渋、干し柿、柿酢、柿ジャム、紅葉保存 単行本 – 2016/7/15





日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村















posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

日本伝統俳句協会のWeb投句箱の結果が出ました。「十二月」の俳句。

2019.12.01.

日本伝統俳句協会のWeb投句箱の結果が出ました。
「十二月」の俳句。




今日から12月です。



年を取れば取るほど時間が短くなるというのは本当ですね。



昨日、
先月20日に投句した日本伝統俳句協会のWeb投句箱の選句の結果が出ました。



お題は「落葉」でしたが、
残念ながら、わたくしたちの名前はありませんでした。



まあ、それは予想通りでしたから、
次の回にまた参加しましょう。



次回のお題は「短日」。



「日短」「暮早し」。



しめ切りは12月20日、発表は月末、
選者は小川龍雄さん。



参加はインターネットから、無料で。



詳しくはこちら




drngftyerjdnmuhk,gvjhg_R.JPG





現代俳句協会のインターネット俳句会は年内再開を目指して、
システム再構築中とのことです。



待ち遠しいですね。



tysgzsa35t4qargfzd_R.JPG




では、「十二月」の俳句をどうぞ。



十二月の俳句。5



俳人1号のYouTubeチャンネル




山深くはたらく音や十二月

春川暖慕



鯉運ぶ水美しき十二月

皆川盤水



シナモンの香の十二月あたたかし

高田令子



白鳥を浮べ晴れ晴れ十二月

佐藤鬼房



火の色やけふにはじまる十二月

日野草城



小気味よき鋏の音や十二月

佐藤章恵



御仏の貌美しき十二月

角川春樹



わが前をわが影急ぐ十二月

有山八洲彦



風の日の雲美しや十二月

有働亨



なほ学ぶこころのありて十二月

長志げを




新しい年を気持ちよく迎えるための12月、
寒いけれど、わくわく楽しく美しい。



令和最初のお正月を清々しい気持ちで迎えられるよう、
出来るだけの準備をしたいと思います。




ではまた、ごきげんよう・・・。



新日本カレンダー 2020年 カレンダー 壁掛け 俳句の日めくり NK8813
新日本カレンダー 2020年 カレンダー 壁掛け 俳句の日めくり NK8813





月額\980で読み放題。初回30日無料体験。
↓  ↓  ↓
★Kindle Unlimited ★




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村





posted by 八十路小町 at 13:56| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク