スポンサードリンク

2020年04月26日

初めてマスクをしましたが・・・。「マスク」の俳句。

2020.04.15.

初めてマスクをしましたが・・・。
「マスク」の俳句。



今、地球中の人々の関心はあの邪悪なウイルスに関係していると言ってもいいでしょう。

わたくしの住む市ではまだ感染者が出ていないこともあって、
マスクをする人はそれほどはいませんでした。

わたくし自身、マスクが嫌いなこともあって、
娘のピヨ子にうるさく忠告されていたにも関わらず、
マスクをしないで買い物にも出ていたのです。





そして、先日、久しぶりに買い物に出かけた際も、
マスクのことなどすっかり忘れていたのです。

さすがに連日の新聞やテレビなどで呼びかけられていることもあって、
人通りがあまりにもなかったので、
ちょっぴり不安で寂しい気持ちが湧いてきました。

しかし、街の中心地に行くに従って、ぽつぽつと人の姿が見えるようになって、ほっとして足取りも軽くなりました。

ところが、どの人もどの人もわたくしを見ると、
睨みつけるような目で見て、すっと避けるのです。

わたくしははっとしました。

ほとんどの人がマスクをしているのです。

それで、マスクをしていないわたくしに対して無言の非難をしているのだと気づきました。

せっかくもうすぐお目当ての店でしたが、
いたたまれなくなって一旦家に帰り、
マスクをつけて出直したという次第です。





マスク不足が言われていますが、
うちにはマスクは沢山ではないけれどあるのです。

それは、夫がいろいろな所から貰ったものを大事に取っておいてくれたからです。

それを上京するたびに少しずつ持ち出しては、
ピヨ子にやっていました。

マスクをすることもなかったピヨ子は有難迷惑のようでしたが、
それを仕舞っておいたので、
今回もマスクに困ることはなかったと、
今更ながら、夫に感謝しています。

勿論、わたくしもこの度はその有難さが身に沁みました。

仏壇の写真の夫は、「それ見ろ、役に立っただろう」と、
ちょっぴり得意そうに笑っていました。


DSCN5908_R.JPG



夫が残してくれたそのマスクをして、
わたくしはまた買い物に出かけました。

今度はもう、誰にも咎めるような目つきで見られませんでした。

それで、
わたくしにもみんなのマスクを観察する心のゆとりも出てきました。

市販のマスクをしている人が大半でしたが、
手作りのマスクをしている人もいます。

それがまた、どういうわけか男性が多いんですね。

ちょっと柄の入った布で作られたマスクは、なかなかお洒落でよかったですよ。


sz45qy565e_R.JPG



さて、無事に買い物を済ませて大通りを歩いていると、
急に強い風が吹いてきて、
なんということか、わたくしのマスクをかっさらって行ってしまったのです。

わたくしは慌てて追いかけ、
落ちたらしい歩道の植え込みを探しましたが、
どこにも見当たりませんでした。

たとえ、見つかったとしても、どこかに落ちたものはそのまま着ける気にはなりませんが、
せっかくの夫のマスクなので、たかが使い捨てマスク一枚ではあるけれど、悲しくなってしまいました。

それで、帰宅するとすぐにコーヒーを淹れて、
買ってきたお菓子と一緒に仏壇にお供えして、
丁寧に謝っておいたのでした。

仏壇からは、「しょうがないなあ」という声が聞こえてきたような気がいたしました。



bw344erfawrstjy_R.JPG



では、「マスク」の俳句をどうぞ。

あ、ご存じの通り、「マスク」は冬の季語ですね。

マスク。(冬の俳句)


俳人1号のYouTubeチャンネル



マスクして重たき息となりにけり
那須淳男


マスクして砕氷船のごと進む
林翔


マスクとつて物言へば只の顔なりき
加藤楸邨


マスクしてすこしはつきりせぬ自分
後藤比奈夫


頬骨にマスクのあとや夜の客
原石鼎


マスクして人と齢をあらそはず
長谷川双魚


みゝたぶのさからうてゐるマスクかな
日野草城


マスクとりその人のその声となる
板場武郎


遊ぶ子のときをりマスク掛け直す
加藤宵村


マスクしてをる人の眼を読みにけり
上野泰



これらの俳句が詠まれたときの「マスク」は、
ほとんどが風邪に対するマスクで、マスクをしている人の方が圧倒的に少なかったはずです。

加藤楸邨や日野草城、原石鼎などの今は亡き俳人たちは、
世界中でマスクをするような光景は想像だにつかなかったでしょう。

アレルギーもあってよくマスクをしていた夫も、
きっと天国から驚いて見ていることでしょうね。

わたくしたち家族にとって、夫が亡くなったあの日から世界は一変したのですが、
実は、世界も大きな大きな転換期に入っていて、
毎日毎日、驚くようなニュースばかりが入ってきます。

不安で大変な時代に入ったことは確かですが、
何事に対しても好奇心が強かった夫と一緒に、
この時代の移り変わりを過ごせないことは本当に残念でなりません。

でも、仏壇の写真からは「いつも一緒にいるぞ」という声が聞こえてきたような気がします。

その声を力に、今日も元気で過ごしましょう。




ではまた、ごきげんよう・・・




★楽天市場・マスク★


★Amazon・マスク★






日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村





posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

体温を測ってドキッとしました。「体温」の俳句。

2020.04.10.

体温を測ってドキッとしました。
「体温」の俳句。



年末に夫が亡くなってから、
仏事や様々な手続きやら、なにかと落ち着かなかったのが、
それに重なって起きたウイルスの大爆発で、
ずっと心が落ち着きません。

頼りのピヨ子は帰ってしまったし、
すぐまた帰省してくれるはずが、外出と移動自粛では、身動きが取れません。

マスクをしても手洗いをしても、
人や物と近づくと、そこから感染する可能性があるので、
おとなしく家に籠っているのが最善です。

家の中ではすることも沢山あるけれど、
そして時間も自由に使えるけれど、
いざとなっては、周囲を見回すばかりで、
あっち手をつけ、こっち手をつけして、一向に捗らないのが現実です。







そんな中でふいと思いついて、
久しぶりに体温を測ってみることにしました。

さあ、さて、体温計はどこ?

確か夫の引き出しにあったはずだけど、
ちょっと見当たりません。

夫もわたくしも体温なんてもう何年も測ることがなかったので、
体温計そのものを探すことさえしなかったのです。

ええ、ええ、今でも体温を測る必要性はないのですが、
このウイルス騒ぎで、もし万が一感染でもしたら、
まずは自宅で体温を測ることをしなければなりません。

そこで、これを良い機会に体温計を探すことにしたのですが、
そこいらを探しても見つかりませんでした。

そのことを携帯でピヨ子に話すと、
即座に返ってきた答えがこれです。

「体温なんて、なんででも測れるよ。
確か、あの箱の中に普通の温度計があったよね。
それか、台所の料理用温度計。
あれで十分測れるからやってみてよ」


DSCN5897_R.JPG



ということで、
台所の温度計を咥えてみました。

確か、すぐにピッと音が鳴るはずが、
なかなか鳴りません。

心配になったので、咥えたままで温度を見ようと下目使いにしますが、
白内障の手術を受けた目ではうまくピントが合いません。

そこで、鏡に映して見ることにしました。



y 45wes bdfsa_R.JPG


えっ、39.2℃!?

全然、熱なんてないはずなんだけど。

確か、38.5℃が4日以上続くと危険だから、
相談しなければいけないと聞いたけど。

えっ、えっ、ええっ??

なんだか、熱くなってきたような。

慌てて温度計を口から取り出してみてみると、
36.5℃でした。


sawe4t5eqagr_R.JPG


鏡に映った逆さまの数字を気づかず読んでいただけでした。

ああ、本当に慌てました。

でも、真っ当な平熱で本当によかったです。





ああそうそう、今まだマスクやトイレットペーパーなどが品薄で買えないという声をよく聞きますが、
体温計とそれに使うボタン電池も品切れだそうです。

そういえば、
わたくしがよく行くドラッグストアでも棚が空っぽでしたよ。

その理由は、あちこちで検温が行われるようになったことと、
昔の水銀体温計が危険なので回収されていて、
新しいデジタル式の体温計に買い替える人が増えたからだそうです。

わたくしも体温計を探しておかなくちゃねえ。



gr34vtysbh_R.JPG


では、体温計の俳句をどうぞ。

体温計(いろいろ俳句)

俳人1号のYouTubeチャンネル



寒燈や残る体温掌に惜しむ
柴田白葉女

体温のこる帯が触れゆく春障子
河野多希女

毛糸編むわが体温を移しつつ
辻美奈子

言霊を体温とする冬の山
前田秀子

体温より高き風なり百日紅
内田庵茂

メロン買ひわが体温の紙幣消ゆ
福永耕二

地へ返すわが体温の落椿
小間さち子

体温のあるかに乾く甘茶仏
坂下笑子

一葉落つわが体温を少し奪ひ
望月百代

体温のはなるる空を草の絮
永末恵子



体温は生きている証ですね。

生きとし生ける者は、必ずいつか体温を失う日が来ます。

どんなに元気な人でも、必ずいつかは。

そんな当たり前のことをよく知っていたつもりでしたが、
実はなんにも分かっていなかったということを、
わたくしは夫を亡くして初めて知りました。

自分の体に温もりが与えられている間は、
その限られた時間を大切に過ごしていきたいと、
切に切に思うようになりました。

邪悪なウイルスになどやられないよう、
しっかり栄養を摂って、なるべく外出せずに過ごしましょう。



ではまた、ごきげんよう・・・





★楽天市場・体温計★

★Amazon・体温計★







日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村










posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

久しぶりに趣味の会の仲間に会って、お花見をしました。「桜」の俳句。

2020.04.05.

久しぶりに趣味の会の仲間に会って、
お花見をしました。
「桜」の俳句。



先日は、久しぶりに趣味の会に行きました。

毎年行われている年度替りの集まりですが、
わたくしにとっては、4か月ぶりくらいになります。

この会は普段は2班に分かれて活動していますが、
この日ばかりは全員集合して、
会の運営について報告や相談があって、
そのあと食事をし、お花見に行くのが定例になっています。





ちょっと豪華なお弁当を取って、
皆で積もる話をいたしました。

わたくしの夫が亡くなったことは、新聞にも載せなかったので、ほとんどの人が初耳で、
大変驚かれました。

「ええっ、ご主人が自転車で走っているのを見たばっかりだったのに。
ショックだわ」

誰も予想もしていなかったようです。

もちろん、わたくしもですけどね。

e4 rdthe65wesrh_R.JPG


そして、おのおの家族の話をしましたが、
会員の年齢が中高年に分類される人ばかりなので、
まあ、いろいろと苦労な話がされました。

中でも、会長さんのご主人はガンで入院していたのが、
年も年だから、もう治療は嫌だということで、
自宅療養に切り替えたそうです。

穏やかで優しいご主人ですが、一日中家で寝ているとなると、
トイレも食事も自分で出来るけれど、なかなか気を遣うものでしょうね。

いつも元気はつらつの会長さんも少し疲れた様子でした。





お弁当を食べ終えると、
例年のコースで、山の陶芸仙人のところにお花見に出かけました。

会員の車に分乗して、山道を登っていきます。

春の山はまことに美しく、みんな無言で窓の外を見ていました。

そして、車から降りて桜の中に降り立ったとき、
みんな一様に大きく息を吐きました。

よくぞ日本に生まれけり。

素晴らしい桜と、楽しい陶芸仙人のもてなしとで、
すっかりご機嫌で帰宅と相成りました。

でも、残念なのが、例のウイルスのせいで趣味の会の会場が今は使えるようだけど、
いつ閉まってしまうか分からないこと。

世界中のこの病禍、一日も早く収拾して欲しいですね。


restw45yhesry_R.JPG

では、「桜」の俳句をどうぞ。



桜の俳句。8



俳人1号のYouTubeチャンネル



新しき道生まれおり朝桜
寺井谷子


さくら咲く氷のひかり引き継ぎて
大木あまり


打とけて我にちる也夕ざくら
高井几董


さびしさの顔ぬくもりぬ朝ざくら
草間時彦


もう少し生きよう桜が美しい
青木敏子


抱きしめて幹また幹や夕桜
仙田洋子


日のさくら月のさくらと咲きはじむ
鈴木多江子


桜ひとかたまりに咲き落ちて池水
尾崎放哉


行く方にまた満山の桜かな
中村汀女


さまざまのこと思ひ出す桜かな
松尾芭蕉



わたくしもさまざまなことを思い出します。

夫と見た桜、
あそこでも、ここでも、あそこでも、ここでも、
見たことを、今更のように思い出しました。

そして、夫に見せたかった桜、
それは東京の桜です。

皇居、靖国神社、新宿御苑、飛鳥山など、
どこも秋しか見ていないので、
今度は春に行こうと言っていたのです。

それが、春先には2度ほど心臓の発作が起きたこともあって、
「来年にしよう」と慎重に先延ばしにしていたら、
とうとう叶いませんでした。

これからずっと、毎年桜の季節になると、
わたくしもまた、さまざまなことを思い出すことでしょうね。

今年の東京はお花見も自粛で、残念なことでしたね。

来年は東京もお花見が出来ますように。




ではまた、ごきげんよう・・・。









日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村








posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

昨日は夫の「百か日」でした。「哭く」の俳句。

2020.04.02.
昨日は夫の「百か日」でした。
「哭く」の俳句。



今日は夫の百か日忌でした。

昨年の12月25日に夫が亡くなってから、
早くも百日経ってしまったということです。

それは、突然の、あまりも突然のことだったので、
色々な手続きや行事をしながら、
ただただ流されるように一日一日を過ごしてきて、
気が付いたら、百日も過ぎてしまっていました。



わたくしの家は夫が長男なので、
立派な仏壇があって、その御守をずっと続けてきましたが、
夫の母と弟妹全員が空襲で亡くなって、その関係の付き合いがなかったのと、
仏事については夫が全て取り仕切っていたので、
わたくしは「はいはい」と従うばかりで、深く考えたことはありませんでした。

ところが、突然、喪主という立場になり、
どこか他人事であったことが、自分の現実となって降りかかり、
その煩雑さに混乱してしまいました。





改めて調べてみると、
年忌法要はこんなに沢山あるんですね。

〇 開蓮忌(かいれんき)・・・亡くなって三日目

〇 初願忌(しょがんき)・・・亡くなった日を含めて7日目

〇 以芳忌(いほうき)・・・亡くなった日を含めて14日目

〇 洒水忌(しゃすいき)・・・亡くなった日を含めて21日目

〇 阿経忌(あぎょうき)・・・亡くなった日を含めて28日目

〇 小練忌(しょうれんき)・・・亡くなった日を含めて35日目

〇 檀弘忌(だんこうき)・・・亡くなった日を含めて42日目

〇 大練忌(だいれんき)・・・亡くなった日を含めて49日目

〇 卒哭忌(そっこうき・そっこくき)・・・亡くなった日を含めて100日目

● 一周忌・・・一年目の祥月命日(しょうつきめいにち)

● 三回忌・・・二年目の祥月命日

● 七回忌以降・・・七回忌・十三回忌・十七回忌・二十五回忌・三十三回忌・五十回忌・百回忌





そして、今日は「卒哭忌」ですが、
儒教で「哭くことを卒業する」時期と定めたということで、
もうそろそろ嘆き悲しむのは止めて、新しい気持ちで生きていきなさい、
という意味なのだそうです。

夫が突然になくなってからの慌ただしい日々、
娘のピヨ子が行ったり来たりして付き添ってくれて過ごしてきた日々、
思い返せば、それほどメソメソ嘆き悲しむ暇はありませんでした。

「四十九日」が済み、そして「百か日」が済めば、
あとは「新盆」、「一周忌」ですから、
なんとなく一休みという気持ちです。

ほっとすると同時に、気が抜けて、
やたらに疲れを感じるようになりました。

そういう時期だからこそ、儒教の知恵で百か日目に「卒哭忌」を定めたのですね。

因みに、
「哭く」は声を上げて嘆き悲しむこと、
「泣く」は涙を流すこと。

ですから、「泣く」ことを卒業する必要はないということです。





今日は本当は、ピヨ子が帰ってきてくれるはずだったのですが、
今は新型肺炎が大流行していて危険なので、
際になって夜行バスをキャンセルさせたのです。

一人でいることは不安で寂しいことですが、
夫に続いて娘までも失ってしまってはいけませんからね。

ピヨ子は代わりにと、パンやケーキやクッキーを沢山焼いて送ってくれました。

わたくしは御霊供と一緒に、それをコーヒーと共にお供えしました。

そして、写真の夫に向かって言ってやりました。

「こんな美味しいものを食べられないなんて、残念ねえ」

それでも、写真の夫は嬉しそうに見えました。



cac9ec2ab0fab21f8b19226c56fc67b1_m_R.jpg


では、「哭く」俳句をどうぞ。


卒哭の身に秋風の砂丘あり
有働亨


戦とほし墓洗ふ妻もう哭かず
鈴木公二


哭きに出て夫の匂ひの夜の新樹
関戸靖


喪の衿の哭くほかはなし菊抱きて
都筑智子


蝉鳴くごと哭くは父の死以来なし
原子公平


葬人の歯あらはに哭くや曼珠沙華
飯田蛇笏


汝もわが弔辞に哭くやつばくらめ
古舘曹人


卒哭の遠ひぐらしのふと近み
伊丹さち子


たかんなに狐雨くる卒哭忌
青木重行


骨壺を押せば骨哭く花の夜
照井翠


哭く人を笑ふ遺影や夜の長く
辻桃子


妻哭くな饐えるよ飯も脳味噌も
瀧春樹




「『泣いて悲しんでも亡くなった人は絶対に帰ってこないんだから、
前を向いて歩いていきなさい。それを亡くなった人は望んでいるんですよ』

主人が亡くなったとき、お坊さんがそう言ってくれたのよ」

もうずっと前にご主人を亡くした友人がそう言ってくれました。

それはもう本当に分かり切ったことなのですが、
それがまたどんなに大変なことなのか、
自分がその立場にならないと分からないものですね。

長い間一緒に人生を歩いてくれた夫に感謝しながら、
わたくしたちは前を向いて歩いていこうと思います。


ではまた、ごきげんよう・・・。










日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村



posted by 八十路小町 at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

今日から新年度。心機一転、ブログを再開いたします。「四月」の俳句。

2020.04.01.
今日から新年度。心機一転、ブログを再開いたします。
「四月」の俳句。



今日は4月1日、令和2年度の始まりですね。

しばらくお休みをしていたこのブログを、
心機一転、再開することにいたしました。

最後にブログを書いたのは、昨年の12月22日のこと。

それからの3か月余りの間、
わたくしの生活にも、世の中にも、想像もできなかった大変なことが起きました。

あまりにも突然で、あまりにもショックで、
未だに信じられないようで、
一体、何をしていいのか分からない日々でした。

でも、今日から新年度の始まりですから、
わたくしも気持ちを切り替えて生きていくことにしました。

その大きな力にもなってくれると思い、
またブログを再開いたします。

今まで、本当にありがとうございました。

そして、またこれからもどうぞよろしくお願いします。


drtw54yagdvc_R.JPG


では、「四月」の俳句をどうぞ。


四月の俳句。7

俳人1号のYouTubeチャンネル



庭の花より美しき四月かな
水谷直子


窓開けて四月の風を通しけり
山村修


小流れにいのち犇めく四月かな
間島あきら


草刈機音高らかに四月来る
中塚照枝


素通りの土佐は四月の田水かな
大山里


万物がすっきり見えて四月来る
島本知子


天空の鏡を割りて四月くる
辻美奈子


窓開けて四月の風を通しけり
山村修


樹を抱いて人のよろこぶ四月来る
野路斉子


四月来る甕に未来を詰めにけり
近藤公子


「暑さ寒さも彼岸まで」というし、
そして、日も確実に長くなってきているのに、
場所によっては季節外れの雪が降ったり、肌寒い毎日です。

皆さま、お風邪を召しませんよう。

そして、あの悍ましいウイルスにやられないよう、
栄養と睡眠をしっかり摂って、元気に過ごしましょうね。



ではまた、ごきげんよう・・・









日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

ラベル:俳句 四月
posted by 八十路小町 at 22:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク