スポンサードリンク

2020年04月19日

体温を測ってドキッとしました。「体温」の俳句。

2020.04.10.

体温を測ってドキッとしました。
「体温」の俳句。



年末に夫が亡くなってから、
仏事や様々な手続きやら、なにかと落ち着かなかったのが、
それに重なって起きたウイルスの大爆発で、
ずっと心が落ち着きません。

頼りのピヨ子は帰ってしまったし、
すぐまた帰省してくれるはずが、外出と移動自粛では、身動きが取れません。

マスクをしても手洗いをしても、
人や物と近づくと、そこから感染する可能性があるので、
おとなしく家に籠っているのが最善です。

家の中ではすることも沢山あるけれど、
そして時間も自由に使えるけれど、
いざとなっては、周囲を見回すばかりで、
あっち手をつけ、こっち手をつけして、一向に捗らないのが現実です。







そんな中でふいと思いついて、
久しぶりに体温を測ってみることにしました。

さあ、さて、体温計はどこ?

確か夫の引き出しにあったはずだけど、
ちょっと見当たりません。

夫もわたくしも体温なんてもう何年も測ることがなかったので、
体温計そのものを探すことさえしなかったのです。

ええ、ええ、今でも体温を測る必要性はないのですが、
このウイルス騒ぎで、もし万が一感染でもしたら、
まずは自宅で体温を測ることをしなければなりません。

そこで、これを良い機会に体温計を探すことにしたのですが、
そこいらを探しても見つかりませんでした。

そのことを携帯でピヨ子に話すと、
即座に返ってきた答えがこれです。

「体温なんて、なんででも測れるよ。
確か、あの箱の中に普通の温度計があったよね。
それか、台所の料理用温度計。
あれで十分測れるからやってみてよ」


DSCN5897_R.JPG



ということで、
台所の温度計を咥えてみました。

確か、すぐにピッと音が鳴るはずが、
なかなか鳴りません。

心配になったので、咥えたままで温度を見ようと下目使いにしますが、
白内障の手術を受けた目ではうまくピントが合いません。

そこで、鏡に映して見ることにしました。



y 45wes bdfsa_R.JPG


えっ、39.2℃!?

全然、熱なんてないはずなんだけど。

確か、38.5℃が4日以上続くと危険だから、
相談しなければいけないと聞いたけど。

えっ、えっ、ええっ??

なんだか、熱くなってきたような。

慌てて温度計を口から取り出してみてみると、
36.5℃でした。


sawe4t5eqagr_R.JPG


鏡に映った逆さまの数字を気づかず読んでいただけでした。

ああ、本当に慌てました。

でも、真っ当な平熱で本当によかったです。





ああそうそう、今まだマスクやトイレットペーパーなどが品薄で買えないという声をよく聞きますが、
体温計とそれに使うボタン電池も品切れだそうです。

そういえば、
わたくしがよく行くドラッグストアでも棚が空っぽでしたよ。

その理由は、あちこちで検温が行われるようになったことと、
昔の水銀体温計が危険なので回収されていて、
新しいデジタル式の体温計に買い替える人が増えたからだそうです。

わたくしも体温計を探しておかなくちゃねえ。



gr34vtysbh_R.JPG


では、体温計の俳句をどうぞ。

体温計(いろいろ俳句)

俳人1号のYouTubeチャンネル



寒燈や残る体温掌に惜しむ
柴田白葉女

体温のこる帯が触れゆく春障子
河野多希女

毛糸編むわが体温を移しつつ
辻美奈子

言霊を体温とする冬の山
前田秀子

体温より高き風なり百日紅
内田庵茂

メロン買ひわが体温の紙幣消ゆ
福永耕二

地へ返すわが体温の落椿
小間さち子

体温のあるかに乾く甘茶仏
坂下笑子

一葉落つわが体温を少し奪ひ
望月百代

体温のはなるる空を草の絮
永末恵子



体温は生きている証ですね。

生きとし生ける者は、必ずいつか体温を失う日が来ます。

どんなに元気な人でも、必ずいつかは。

そんな当たり前のことをよく知っていたつもりでしたが、
実はなんにも分かっていなかったということを、
わたくしは夫を亡くして初めて知りました。

自分の体に温もりが与えられている間は、
その限られた時間を大切に過ごしていきたいと、
切に切に思うようになりました。

邪悪なウイルスになどやられないよう、
しっかり栄養を摂って、なるべく外出せずに過ごしましょう。



ではまた、ごきげんよう・・・





★楽天市場・体温計★

★Amazon・体温計★







日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村










posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク