スポンサードリンク

2013年10月19日

グルメな鼠に取って置きの大豆を食べられた!!

2013.10.19


グルメな鼠に取って置きの大豆を食べられた!!



我が家の居候のちゅう公一族との戦いは
まだまだ続行ちゅうであります。

毎夜、毒餌を仕掛けては、
毎朝、それを点検。

そのついでに、掃除をします。

鼠がいるということは、家が汚れるのですね。

掃除しても、掃除しても、
毎日汚いのです。

きっと、天井やら土間やら、屋外やら、
汚いところを裸足で歩きまわってきては、
わたくしの家に、足も拭わずに上がってくるからなのでしょう。




近年、
ストッキングや靴下を履かないのを
「生足」とか称して、
特に、女子供の裸足を珍重する傾向がありますが、
あれは、本当に下品で不潔ですね。

第一、
靴の中が汚れるし、
歩くと、ピタピタ、変な感触で変な音がします。


それに、呆れたことには、
あの裸足のままで、
他所様のお宅に上がり込んで平気だというのですから、
わたくしの想像を絶する恥ずかしさです。

昔人間と笑われようと、
わたくしにはどうにも理解ができません。



さて、
そんなことをブツブツ言いながら、
昨日も書斎を掃除しておりました。


本の入った箱やら、
手芸の道具や材料が入った箱、
そして、陶芸の道具や材料に作品が入った箱、
まあ、お恥ずかしいけれど、
箱がいっぱいあります。

こんな箱に混じって、
ひとつ、特別な箱があるのです。

それは
わたくしがピヨ子に送ってやりたいなあと思ったものを、
ここに入れて貯めておくための箱なのです。



その大事な箱を動かして、
その奥を掃除しようとしたところ、
何か変なものがパラパラ落ちているではありませんか。

あっ、これはカイガラムシ!?

白っぽくて、丸くて、
でも、ところどころ破れていて。。。

でも、なんでこんなところにカイガラムシが??
先日まではいなかったのに。。。


わたくしは、恐る恐る手を出して、
その白っぽいものを触ってみました。


あらっ、まさか、これは。。。
これは、まさしく大豆の皮!!



わたくしは慌てて、
箱を開いてみました。

あああ、なんたること。

ビニール袋がギザギザになって、
破片が落ちています。

そして、あああ、
大豆もバラバラこぼれています。


これは、
ピヨ子に送ってやろうと、
わざわざ市場に出かけて買って来て、
大切にしまっておいた取って置きの大豆。

地元で採れたもので、
無農薬の大粒の大豆なのです。

前に送ってやったら、
ピヨ子が大変気に入ったので、
また送ってやろうと、
今度は2袋買ってきたのに、
2袋ともやられています。


台所にある小粒の大豆でなくて、
これに目をつけ、口をつけるなんて、
なんとグルメなやつらなんでしょうか。

しかも、
本当に生意気ですね。

いちいち皮を剥いて食べてるんですから。
お金を払って買ってきた人間は
皮まま食べているっていうのに。



携帯電話の向こうでは、
ピヨ子も呆れたような声を挙げました。

「うおおお〜っ、それは生意気!!

あの上等の大豆を、しかも、中身だけ食べるなんて。
まったく、罰当たりなやつらめ。
無銭飲食のくせに、そんな勿体無いことをするなんて。

やっぱりねえ、なんでもそうだけど、
自腹を切らなきゃ、有り難みってわからないんだよ」




それにしても、
動物というものは、本当にグルメですね。

昔、ピヨ子が買っていたうさぎですが、
可愛い顔をして、実に頑固もの。

落花生が大好きなのですが、
千葉県八街の銘柄の品種の殻付き落花生をやったら、
なんと、
咥えてきてはピヨ子に殻を剥かせて食べていたそうですよ。


その上、その逸品の味を覚えてからというもの、
スーパーで買ってきた、輸入者や安物は絶対に食べず、
無理に口元に運ぼうものなら、
怒って、ピヨ子の手に噛み付いていたというのですからねえ。

また、
干し芋については、茨城県のひたちなか市産の無農薬のもの、
バナナはタイ産無農薬栽培のホムトンバナナ、またはバランゴンバナナ、
など、
絶対に譲れない好みがありました。


人間のように、
「勿体無いから、食べておこう」なんてことはなくて、
どんなにお腹が空いていても、
それ以外には絶対に見向きもしないのです。

その毅然とした、いや傲慢な態度は、
漫画の「美味しんぼ」に登場する「海原雄山」そのものなのです。

あの憎たらしい「海原雄山」は
実は、北大路魯山人がモデルだとか。

そうすると、
わたくしの家の鼠一族は、
かの北大路魯山人の弟子の子孫だったのでしょうか。




Amazonで北大路魯山人を探す!!

そんな馬鹿な想像を巡らしながら、
大豆の皮を片付けていますと、
ラジオから子供たちの合唱が聞こえてきました。

「ずいずいずっころばし、ごまみそずい。。。」


ではまた。。。








posted by 八十路小町 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


スポンサードリンク