スポンサードリンク

2013年11月21日

インターネット俳句会の締め切りに、無事に間に合いました。

2013.11.21



インターネット俳句会の締め切りに、無事に間に合いました。


久しぶりのブログです。


実は
夫と一緒に、
ピヨ子のところで過ごしておりまして、
やっと帰ってきたところなのです。




旅支度を解いて、
洗濯やら片付けやら、
しなければならないことが山積み。

そんな中で、
やっぱりやってきたのが、
インターネット俳句会の締切日です。


まあ、毎月来るのは分かっているので、
あらかじめ準備をしておくべきなのですが、
ついつい楽しさにかまけてしまいました。




いやいや、
投句の準備はしていたのですよ。

ピヨ子と出かけたあちこちで、
少しずつメモ帳に書き留めていたのです。




ピヨ子の家から帰る日、
万事計画的な夫はこう言いました。


「俳句はちゃんと清書して、
ピヨ子に置いてやってゆけよ」



でも、
一体誰に似たのか、
万事無計画、出たとこ勝負、
言い直せば「臨機応変」なピヨ子は
即座に手を振ってこうです。


「あらあ、そんなに急ぎませんわよ。

だって、
締め切りは20日の23時59分59秒よ。

だから、
私には20日の22時30分くらいに知らせてくれれば大丈夫。

パソコンの具合やインターネットの繋がりが悪くても、
これなら悠悠だからねえ」


わたくしがニコニコしながら頷くと、
夫は渋い顔をして聞きました。

「ところで、ピヨ子は俳句はもうできたのか?」



すると、
ピヨ子は美味しい鯛焼にかぶりつきながら
涼しい顔で

「えええ〜っ、
そんなもの安々と出来て堪るもんですか」



わたくしも鯛焼のしっぽの餡こを食べながら
ピヨ子に聞いてみました。

「でも、何句かは出来ているんでしょう?」



餡このついた指を舐めながら
平然とピヨ子が答えます。

「いいえっ、全然出来てませんっ!!
っていうか、これからよ」



夫は呆れてしまいました。

「お前、締め切りは明後日だぞ。
大丈夫か?

今回はいろいろ大変だったから、
特別にお休みしてもいいんだぞ」



「なんのなんの、大丈夫よ」

ピヨ子はもう2匹目の鯛焼を齧っています。



軽い糖尿病と言われている夫は
それを恨めしそうに見ると、
しばらく目を瞑っていましたが、

「秋の蜂。。。」

と1句ひねり出しました。



すると、ピヨ子が手を高々と挙げて

「その句、貰い!!

うっひっひ、あと4句どこかに落ちていないかなあ」




「じゃあ、わたくしの俳句のお余りをあげるから、
待っていてちょうだいね」

と、わたくしはメモを旅行鞄に入れたのでした。



というはずだったのですが、
帰ってみれば、探せど探せど、
そのメモがありません。


真っ青になって、
ピヨ子からメールで聞いてみました。


しかし、
「そんなものないよ」
とのつれない返事。


近頃、どうしたわけか片付けに目覚めたピヨ子は
なんでもかんでも、よく見もしないで、
さっさと捨ててしまったに違いありません。



こうなっては、どうにも仕方ありません。


わたくしも腹をくくって、
これから5句作り直しましょう。




締め切り人間のピヨ子になり変わったような気持ちで、
あせろしくも5句作り、
そして、パソコンでメールを書きました。


そして、
「送信」をクリックして万々歳のはずが
インターネットの接続がうまくいかないのか、
gmailが変なのか、
とにかく、送信できません。


困ってしまって、
またピヨ子にSOS発信です。




そんな具合で
大変心配した今月の俳句でしたが、
わたくしもピヨ子も
どうにか無事に投句を済ませることが出来て、
これでまた、
来月の1日のお楽しみが出来たということになります。



さて、
これから朝のクラシックを聞きながら、
朝食の支度に取り掛かります。


ではまた、
ごきげんよう。。。









posted by 八十路小町 at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


スポンサードリンク