スポンサードリンク

2016年05月21日

現代俳句協会・インターネット俳句会の投句を済ませました。上野英三郎博士の命日。「ハチ公」の俳句。

2016.05.21.


現代俳句協会・インターネット俳句会の
投句を済ませました。

上野英三郎博士の命日。
「ハチ公」の俳句。




昨日は20日、
現代俳句協会主催のインターネット俳句会の締め切りでした。



今回は第182回になります。



一昨日の朝のこと、
散歩の途中で我ながら良い俳句が、
する〜っと頭に浮かんできました。



口の中で何度も呟いてみましたが、
これ以上推敲などする必要もないほど、
ピタリと決まった俳句でした。



これなら絶対に忘れないわよ、
と思いながら帰りました。










玄関に入って靴を脱いで、
そして、
さて、あの句を念のために書き留めておきましょうと思って、
紙と鉛筆を持ってきたら、
あらまあっ、
すっかり忘れてしまいました。



なんということでしょうか、
最初の1文字さえ思い浮かばないのです。



確か、
あれは鳥の囀りを聞いて詠んだはずと、
そこまでは覚えているのですが、
もうお手上げです。



自分ながら、
あんな秀句はもう出来ないとまで思ったほどの出来だったのに。



がっかりしましたが、
どうしようもありません。








また最初から作って、
それでもどうにか締め切りには間に合いました。



投句係のピヨ子も似たような有様だったそうです。



こんな二人の結果、
一体どうなるものか、
6月1日が楽しみです。







さて、
今回の投句数は

一般の部G1
1026句。



一般の部G2
913句。



会員数は

一般の部G1 
856人。



一般の部G2
3343人。









1925年(大正14年)の今日5月21日は
忠犬ハチ公の飼い主の上野英三郎博士の命日です。



この日以来、
飼い犬のハチ公は渋谷駅でずっとご主人の帰りを待ち続けました。



1935年3月8日に満11歳で亡くなったのちは、
大好きだったご主人と一緒に青山霊園に眠っているということです。




青山霊園



〒107-0062
東京都港区南青山2丁目33



PAK77_shibuyahachikou20140921132319_mo.jpg
画像:ぱくたそ



古くから沢山の人に親しまれてきたハチ公ですから、
俳句も見つかりましたよ。



太箸や忠犬ハチ公の話題出る

   飯島夏生



メトロ出てハチ公前のきりぎりす

   佐藤静水



ハチ公のまだ待っている終戦日

   大木あまり



ライラックハチ公前で待ち合はす

   田中藤穂



ハチ公はつひに忠犬梅雨滂沱

   田畑益弘



ハチ公の像に花屑散り止まず

   門脇山卯



我もまたハチ公で待つ秋暑かな

   川島葵



そうそう、
今、渋谷駅周辺は大規模な再開発が進んでいて、
その最終段階に入る2020年ごろには、
現在ハチ公像が立っている区画も工事の対象になるそうです。



それで、
ハチ公の銅像も違った場所に移転されるかもしれないとか。



2026年には再開発工事も終了するので、
また元の位置に帰ってきて、
みんなの待ち合わせ場所になるそうですよ。



今度上京したら、
絶対にハチ公に会ってきたいと思います。





ではまた、ごきげんよう。。。







お墓の疑問はプロにお任せ
もしもドットネット



法事・法要の寺院手配サービス【てらくる】



日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村











posted by 八十路小町 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


スポンサードリンク