スマホでできる2か月短期集中英語講座

スポンサードリンク

2016年09月25日

ムカデを食べて亡くなった人がいるそうです。ムカデ対策。「百足」の俳句。

2016.09.25.


ムカデを食べて亡くなった人がいるそうです。
ムカデ対策。
「百足」の俳句。



なんとまあ、
あの気持ち悪いムカデを食べて命を落としてしまった人がいるそうです。



それは
中国黒竜江省ハルビン市の50代の女性で、
痔に悩んでいたところ、
知人が「ムカデを食べると痔が治る」という民間療法を教えてくれたので、
医師に相談することもなく、
そのまま実行したそうです。



その女性は2日間で10匹余りのムカデを食べたのですが、
体調を崩して病院に搬送されました。



診断の結果、
女性は急性の肝不全に陥っていることが判明して、
何人もの医師が懸命な治療に当たったのですが、
とうとう亡くなってしまったそうです。










あの気持ち悪いムカデを食べるとは、
よほど痔に悩んでいたのですね。



わたくしの夫も長年痔に悩んでいて、
とうとう限界に達して、
去年手術を受けました。



年齢が年齢ですから、
若いときと同じにはいきませんが、
随分と快適になって喜んでいます。



やはり、
ムカデを食べるのではなくて、
ちゃんと病院に行くのが正しい方法ですね。



mgfh546_mo.JPG



では、
「百足」の俳句をどうぞ。



「百足」は夏の季語になりますよ。



悲しみは我にもありとむかでくる

   阿部青鞋



積み上げし蘭座布団より大百足虫

   右城暮石



死にたれば百足虫は脚を数へらる

   雨宮きぬよ



夜の中の夜をさみしき大百足

   塩野谷仁



夏山や蜈蚣の如き雲走る

   会津八一



ものゝ芽にまだ柔き百足虫かな

   久米正雄



蜈蚣ゐてわが庭ながら恐ろしき

   高浜虚子



同じ世をへろ〜百疋小ばん哉

   小林一茶



身をくねる百足虫を見れば必殺す

   山口誓子



ねむれない夜の百足が這うてきた

   種田山頭火



蟷螂落ち蜈蚣這ひ上る縁の上

   正岡子規



ひげを剃り百足虫を殺し外出す

   西東三鬼



夕刊におさへて殺す百足虫の子

   富安風生






おやおや、
まあなんという嫌われようでしょうか。



ムカデは見た目がグロテスクですが、
家の中のゴキブリなどを食べてくれる、いわばありがたい虫です。



しかし、
本能的に動くものに飛びついて襲うので、
人にも噛みついてしまうことがよくあります。



人に対する害は
噛む、肢の先で傷をつける、酵素毒を皮膚につけるの3点です。



ムカデに噛まれたら噛まれたときの症状は
疼痛、痺れ、赤く腫れる、痒みなど。



さらに悪いことには、
ムカデの毒は蜂の毒に成分が似ているので、
アナフィラキーショックで死んでしまう人さえもいるそうです。



もし、ムカデに噛まれたら、
すぐに43〜46℃のお湯で、石鹸を使って、5分以上洗い流して、
できるだけ強力なステロイド系の塗り薬を広範囲に塗ります。



もしも、
悪寒・頭痛・吐き気などの症状が出てきたら、すぐに救急車で病院に行ってください。



ショック症状が出ない場合も念のために、
外科や皮膚科を受診しましょう。



そして、
忘れてはいけない大事なこと、
ムカデに噛まれたときに絶対にしてはいけないことは、
冷やす、毒を吸い出すの2点だそうですよ。











★楽天市場・ステロイド 軟膏★

★Amazon・ステロイド 軟膏★





mfd5eerw_mo.JPG



ムカデは5〜6月頃が産卵期なので、
そのころから多く発生します。



そして、
8月は暑いので一旦活動も減るけれど、
今の時期、9〜10月頃には、
子ムカデが大きくなる時期なので、
また活発に活動しだします。



また、活動は夜なので、
寝ている間に噛まれることが多いそうです。



嫌ですねえ。









まずは、
ムカデの餌になるゴキブリやクモなどを家の中から取り除くことが有効だそうです。




わたくしの家には裏庭があること、
そしてとても古い家だということで、
ムカデもよく見かけますから、
すぐに対策を取りたいと思います。




ではまた、ごきげんよう。。。








 ↑↑
無料見積もり





 ↑↑
無料診断




★楽天市場・ムカデ対策★

★Amazon・ムカデ対策★




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村








posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安全・安心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


スポンサードリンク