スポンサードリンク

2016年09月27日

ゴキブリ、クモ対策にハッカ油を買ってみました。

2016.09.27.

ゴキブリ、クモ対策に
ハッカ油を買ってみました。




「暑さ寒さも彼岸まで」とは言われていますが、
まだ蒸し暑い日が続きますね。



今年は格別暑かったせいか、
あまり蚊などの虫が出ませんでしたが、
その分、
涼しくなるこれからが出番でしょうか。



先日は百足を食べてなくなった人の話をご紹介しましたが、
百足もこれからが活躍の季節です。










わたくしが子どもの頃は、
農村地帯ですから、
10cmを超すような大きな百足が沢山いました。



日本の百足の最大のものは「トビズムカデ」で、
体長が普通8〜15cmで、
ときには20cm近くにもなるそうです。



世界最大のものはブラジルやペルーの熱帯雨林に棲んでいる「ペルビアンジャイアントオオムカデ」で、
体長は通常20〜30cmで、
最大40cmにもなりますから、
昆虫類やクモやサソリ、タランチュラ、トカゲやカエルはいうまでもなく、
ネズミや小鳥、小型のヘビまでも食べてしまうそうです。



想像しただけでも身震いしてしまいますね。








 ↑↑
無料見積もり




 ↑↑
無料診断

スポンサードリンク










わたくしたちの身の回りにいる百足はゴキブリやクモを食べるので、
そういった生き物が家の中にいれば、
当然、会いたくもないムカデに会う機会も増えるということです。



ですから、
ゴキブリやクモを退治する、
または寄せ付けないような対策を取りたいですね。



一般的には殺虫剤が使用されますが、
虫に有毒だということは、
取りも直さず、人間にも有毒だということ。



なるべく安全な手段を取りたいものです。




hfgx65_mo.JPG






そこで調べてみたら、
ハッカ油が効くという情報がありました。



お酢100cc、水300ccにハッカ油を20滴加えて混ぜたものを、
害虫の出て来そうな場所にスプレーするか、
または、
ハッカ油を染み込ませた綿や紙を要所要所に置くとよいそうです。










わたくしがピヨ子に注文してもらったのはこちら。


DSCN7728_mo.JPG

ガレージ・ゼロ 楽天市場店




ハッカ油にもいろいろあって、
その香りも微妙に異なります。



爽やかなはずのハッカ油が嗅ぐと、
却って気持ち悪くなってしまったこともありますが、
このハッカ油は今まで嗅いだ中では、
一番爽やかな心地よい香りがしました。



あまりにも安いものは不純物が混じっていたりして、
防虫の効果も期待できないそうですが、
こちらの品物は化粧品グレードなので安心ですね。



DSCN7730_mo.JPG






早速、アルミホイルでカップを作って、
ティッシュペーパーにハッカ油を染み込ませて、
虫の入ってきそうな場所に仕掛けました。


DSCN7737_mo.JPG


アルミホイルを切って、
カップの間に挟んで形作ります。

DSCN7738_mo.JPG

DSCN7739_mo.JPG

DSCN7740_mo.JPG

DSCN7741_mo.JPG

ティッシュや綿に染み込ませるハッカ油は
控えめにしないといけません。



ついつい大盤振る舞いしてしまったら、
家中があまりにもハッカ臭くて、
夫から苦情が来てしまいました。









スポンサードリンク



ハッカ油は蚊やダニにも効き目があるし、
ペットなどの消臭にも人気で、
お風呂に入れたり、おしぼりに垂らしたりと、
色々な使い方があるそうですよ。



虫どもに邪魔されないで、
清々しい気持ちで秋本番を楽しみたいものですね。







ではまた、ごきげんよう。。。








ハッカ油専門店





★楽天市場・ハッカ油★

★Amazon・ハッカ油★





日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村













posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 安全・安心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


スポンサードリンク