スポンサードリンク

2017年05月10日

循環器科の定期検診で、年甲斐もなくドキドキしてしまいました。「血圧」の俳句。

2017.05.10.

循環器科の定期検診で、
年甲斐もなくドキドキしてしまいました。
「血圧」の俳句。



先日は循環器科の定期検診に行ってきました。



いつもはもっと遅いのですが、
今回は担当医が変わったので、前回からの期間がだいぶん短かったのです。



わたくしは昔、狭心症の発作が度々起きたのと、高血圧ですから、
もうかなり長い間、循環器科に通っています。



つい最近までは女性の医師だったのですが、
病院を移ったので、男性の先生に変更となりました。








高血圧症の患者としては、
毎朝、きちんと血圧を計って、専用のノートに数値を書き、グラフを記入しなければなりません。



几帳面な性格の人はこれを何十年も続けているそうですが、
わたくしには、とてもじゃないけど出来ません。



第一、毎朝、血圧を計ることさえ、
時間がないし、なかなか出来ないのに、
それをいちいち記録しておくなど、
まあ、無理な話です。



どの友人に聞いても、
わたくしと同じ意見で、
中には、毎回わざと、ノートを忘れていく人もいるほどです。



こういう話をすると、
きっと皆が声をひそめて、言うのです。



「絶対にここだけの話よ。

私もその手を使ったことがあるよ」



もちろん、ここだけの話ですが、
このわたくしもそうです。



judfs7878_mo.JPG




でも、あまり毎回忘れると、
ボケているのかと思われても癪ですから、
毎回、どうにかノートを持っていきます。



持っていくからには、
白紙ばかりだったら、
これまた、怠け者か痴呆症かと思われてしまいますから、
とにかく、空白がないようにはしていかなければなりません。



何度も言いますが、
一番良いのは、毎回きちんと計って、その場できちんと記入することです。



それは重々承知ですが、出来ないのだから次善の策で行くしかありません。



これも、大きな声では言えませんが、
捏造作戦です。



なにせ、わたくしの高血圧症患者歴は長いですから、
血圧測定の記録も知識も人並み以上あります。



それを参考にして、
それぞれの季節と体調に合わせて、
ほとんど全期間捏造するのですから、
恐ろしく時間がかかります。



友人もよく言います。



「今、主人は忙しいのよ。

血圧の記録を必死で捏造してるわ。

もう、今日で4日めよ」



わたくしは大分、習熟しましたが、
それでも、今回は2日かかりました。



というのは、
初めての診察で「いい加減な患者」だなんて思われては、
見限られてしまいますからね、
ほんの少しですが、気合を入れました。



jftr87978_mo.JPG




そうやって仕上げたノートを持って、
朝一番に病院へ行きました。



検査を済ませてから、
待合室で待っていると、
顔色が悪い男性が診察室に呼ばれました。



すると、
そこにいた女性6人が次々と診察室に消えたので、
待合室の人々は顔を見合わせました。



「なんとまあ、あの人達、みんな付き添いだったのねえ」



色々な年齢の人たちでしたから、
患者の男性のお母さん、義母、奥さん、姉妹、娘といった感じでしょう。



重病だったのかもしれませんね。



早くよくなるといいですね。








そして、
やっとわたくしの番がきました。



今回は少し、ドキドキして緊張してしまいました。



というのは、
今度の医師は、「病院一のイケメン」という評判だったからです。



確かに、鼻も高く、目もぱっちりとして、
座高から類推するにかなりの高身長、
なかなかの美男子です。



「なかなかの」と書いたのは、
自慢ではありませんが、
わたくしの夫が映画俳優も真青というくらいの美形で、
しかも、今でこそ、骨折の後遺症で少し腰が曲がってきましたが、当時では高身長だったのです。



「生まれてこのかた、ずっと美男子を見慣れているから、
男の人の顔を見て、ぼうっとなったことはないよねえ」

と、娘のピヨ子がいうのですから。




jyt545443_mo.JPG



でも、噂の「イケメン」医師を前にすると、
制服や白衣で男前が随分上がるものとは承知していましたが、
さすがのわたくしも少し緊張してしまいました。



それがまた、親切丁寧で気さくな人で、
わたくしの捏造作品をさっと見ると、
褒めてくれるのです。



「きちんとよくなさっていますね、
感心です。

この調子で続けて下さいね」



そして、
診察前の検査も、特別する必要がないから、
次からはしなくていいとのことです。



第一印象で悪い患者のイメージを持たれてしまってはお終いということで、
念を入れて作業していった甲斐がありました。



医師や看護師が素敵すぎると、
ついつい血圧が上がるということを聞いたことがありますが、
今回は、その意味がよく理解できました。



どうせ会うなら、
あまりにも容姿が好みでなくて感じが悪い人では気持ちが滅入ってしまいますが、
自分のプライベートを見られてしまうような医療の場では、
程々の容姿の人がよいものだと、
つくづく思いましたねえ。




jty5656reerw_mo.JPG




それから、
会計を終えたところで、
友人にぱったり会いました。



俳句も陶芸も一緒に楽しんだ懐かしい友人です。



彼女の御主人は肺気腫で入院中で、
今ではチューブだらけなので、
車椅子で外に連れて行ってあげることもできないそうです。



「でも、今日は私が診て貰いに来たのよ」



「どうしたの?」



「どうも胃の調子が悪くてね、今日は検査なの」



「ああ、それでそんなに顔色が悪いのね?」



「そうなのよ、お腹が空いて、もう倒れそうよ」



そんなことを言いながらも、
30分くらいも立ち話をしてしまいました。









わたくしのお薬が出るのがまだまだなので、
病院の近所で買い物をすることしました。



スーパーや店を3軒梯子していると、
どんどん病院から遠ざかってきてしまっていたので、
そのまま帰ることにしました。



帰宅後すぐに病院に電話をかけると、
薬局で薬を取り置きしておくので、
都合のよいときに取りに来て欲しいということでした。



歩数計はもう9956歩までいっていましたから、
また日を改めて、
運動がてら買い物がてら行ってきたいと思います。



jdf787uy_mo.JPG



では、「血圧」の俳句をどうぞ。



貧血は血圧の視野花ぐもり

   保坂加津夫



血圧の薬切れいし残暑かな

   吉川博基



血圧上るほど散るよ散る朴落葉

   金子兜太



血圧の折線グラフ春浅し

   森本あやの



かなかなや声たて締まる血圧計

   中村正幸



血圧計に腕突つ込む朝曇

   杉久全



血圧の基準もどんどん変わってきました。



人類共通の基準というものはなくて、
民族でまた違うものだとも言われるようになりました。



高すぎるのも、低すぎるのもよくないことだけは確かだけど、
一体、なにが正しいのか分かりませんね。



ただ、言えることは、
わたくしの場合は、
血圧測定と記録に真面目になればなるほど、
健康から遠ざかるということです。



「テキトー」にいきましょう、「テキトー」にね。





ではまた、ごきげんよう。。。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ズボラでも血圧がみるみる下がる49の方法 [ 渡辺尚彦 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/5/11時点)





★楽天市場・血圧★
★Amazon・血圧★







日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


スポンサードリンク