スポンサードリンク

2017年06月02日

亀の子束子西尾商店が110周年だそうです。「束子」の俳句。

2017.06.02.


亀の子束子西尾商店が110周年だそうです。
「束子」の俳句。




わたくしが生まれたのは昭和9年、
それから大東亜戦争が始まり、
終戦があり、
戦後の復興期があって、
昭和が終わって、平成になっての80年余りで、
生活は想像もつかなかったほど変わりました。



女性に一番馴染みのある台所も様々な電化製品の登場で、
便利になってきたと同時に、風景も変わってきました。







しかし、
今でも、変わらず使われていて、
これからも無くならないと思うもののひとつが「タワシ」でしょう。



いくら食器洗い機が登場しようが、
強力な洗剤が登場しようが、
食器や野菜を洗うときに、タワシは無くてはならないものです。



もちろん、
タワシも素材も形も進化して、
おしゃれで便利なものが沢山あって、
夫でさえ、絶対に譲れない拘りがあって、
色々と買ってくるほどです。



百貨店やスーパーなど実店舗でも、
楽天市場やAmazonなどもネット市場でも、
タワシのコーナーは見るだけでも楽しくて、
あちこちと品物巡りをして、時間が経ってしまいます。




pppp6_mo.JPG

★楽天市場・プラタワ★
★Amazon・プラタワ★





そんな中で、
わたくしが生まれたときからずっと変わらず売られていて、
今でも隠れた人気があるのが「亀の子たわし」でしょうね。



茶色の毛むくじゃらな亀の子たわしは
昔はどこの家でも必需品でした。



布や藁を束ねたものでゴシゴシ洗っていたのが、
1907年(明治40年)にこの亀の子たわしが登場して、
たちまち人気になったのです。



このタワシを発明したのは東京・本郷真砂町の西尾正左衛門で、
亀の子束子西尾商店は関東大震災で被災したため、
滝野川に本社を移して、
今年で創業110年になるそうです。





まだある。工場見学「亀の子束子」
https://youtu.be/SWPC6Z4nu5c








1915年(大正4年)7月2日は亀の子束子が特許を取ったので、
それを記念して、7月2日を「たわしの日」と決めて、
毎年、楽しい催しが行われています。



今年の催しは7月1日(土)2日(日)。



好評なのは、
親子で楽しめる「たわし作り体験」や
参加費無料の「たわしで洗う」体験。



それに加えて、
今年は特別に110周年記念の限定商品も販売されるとのこと。



「たわしの日」のページ
https://www.kamenoko-tawashi.co.jp/110th/tawashi-day2017





亀の子束子 滝野川本店
東京都北区滝野川6-14-8
平日 9:00〜12:00、13:00〜17:00
定休日 土日祝日
https://www.kamenoko-tawashi.co.jp/




kgfrere55_mo.JPG



では、「束子」の俳句をどうぞ。




大根洗ひほどけてをれば縄束子

   今坂柳二



笹鳴きや束子吊して洩る蛇口

   出口孤城



引売りのへちま束子や獺祭忌.

   小木曽フジヱ.



外流しに束子の乾く冬隣

   壬生貞子



万屋に秋は来にけり棒束子

   川崎展宏



味噌桶を洗う束子に春の雪

   藻川亭河童



小春日の束子にもある裏表

   坊城俊樹



手花火も束子も笊も荒物屋

   `島良子



懐かしい昭和の風景が目に浮かんできました。


kbvgf665_mo.JPG


亀の子たわしは食器や野菜を洗うだけでなく、
体を洗うと健康になるということで、
「亀の子たわし健康法」がブームになりました。



わたくしの友人のお姑さんで長生きした人がいましたが、
顔も亀の子たわしで洗っていて、
本当にツヤツヤしていたのを思い出しました。



健康で美しくなれることならなんでも試してみるわたくしですが、
亀の子たわしで顔を擦るのは痛そうで、
ちょっと遠慮したいですね。



でも、足の裏を擦るのは効くかもしれません。



そうそう、
新しい束子は硬過ぎるので、
フライパンで両面を焼き焦がしたり、
軽石などでこすって、
先端を丸く柔らかくしてから使うと良いそうです。



今日は亀の子たわしを買いに行ってみようかしら。





ではまた、ごきげんよう。。。


★楽天市場・亀の子たわし★
★Amazon・亀の子たわし★

★楽天市場・タワシ★
★Amazon・タワシ★

★楽天市場・キッチン★

★Amazon・キッチン★








日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




【関連する記事】
posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


スポンサードリンク