サプリメントでできる卵子・精子のエイジングケア【ミトコア300mg】 /広告
スポンサードリンク

2017年08月13日

友人の家に仏様を拝む詐欺師が現れたそうです。

2017.08.13.

友人の家に
仏様を拝む詐欺師が現れたそうです。


お盆に入りましたね。



お仏壇の係の夫がせっせと掃除をしている背中が、
亡くなった舅に似てきたと、
つくづく思う今日このごろです。






bgh56uy_mo.JPG



さて、お仏壇と言えば、
先日は、買物の帰りにばったりと会った古い友人からちょっと怖い話を聞きました。




友人は都会に嫁いで都会に暮しているのですが、
法事があるので久しぶりに帰郷していたのです。



御主人が亡くなってもう25年、
二人の息子さんは車で1時間以内のところにそれぞれ家庭を持っていて、
友人はずっと一人暮らしをしています。




bjh34rt_mo.JPG





ある日突然、
作業服を着た若い男性がやってきたそうです。



「ケーブルテレビの配線の点検に来ました」



友人は確かにケーブルテレビの契約をしているので、
何も疑わずに家に入れました。



男性は靴を脱いで上がり込むや、
居間に置いてある仏壇に眼を止めて、
いきなりこう言ったそうです。



「あ、仏様にお参りさせてください」



友人は驚いたけれど、
断る理由もないので、
「どうぞ」と言ってしまいました。



男性が丁寧に手を合わせて拝み終わったとき、
友人は言いました。



「貴方、若いのにエラいわねえ」



「いえ、このご位牌はどなたのですか?」



「主人のよ、もう25年も前に亡くなったの」



「ああ、そうだったんですか。

じゃあ、随分ご苦労なさったことでしょうね?」



「そうよ、息子たちはもう成人していたけど、
色々な意味で、父親の存在が必要なときだったか」



「ああ、そうでしたか。

僕も早くに父を亡くしたもんで・・・」


bhwe23_mo.JPG






そんな会話のあと、
テレビの配線をチェックして、
こう聞いてきました。



「ところで、おたくの電気はどこの契約になっていますか?」



「○●電力よ」



「ああ、そうですか。

『電力の自由化』というのはご存知ですよね?」



「ああ、名前だけは知ってるわよ」



「同じ量の電気を使っても、
電力会社によって、電気料金が随分違うんですよ」



「あら、そうなの?」




「どうです?

この際、変えてみませんか?」



「う〜〜ん、面倒だから、今のままでいいわ」



「いやいや、これから暑くなってクーラーも使うし、
電気代がかかりますよ」



「そうねえ、
でも年寄りだから、クーラーはあまり好きじゃないから、あまり使わないのよ」



「そうですか?

でも、今年は特に猛暑だそうですから、
クーラーを使わないと熱中症で死んじゃいますよ」









男性は鞄から携帯を取り出すと、
どこかにかけてから、
友人に渡しました。



「すみません、こちらと話してください」



電話の向こうは女性で、

「もしもし、こちら○▲電力です。

恐れ入りますが、念のため、
お客様の住所氏名電話番号をお願いします」

と言ってきました。



友人はそれに答えて住所などを言いました。



「では、お取引に使っている金融機関の口座番号をお願いします」



ここで、友人は不審に思いました。

「え?なんでそんなことを聞くんですか?」



「念のためです」



「念のため?」



「そうです、口座番号をお願いします」



さすがの友人もこれは怪しいと確信しました。



「個人情報なので、言うつもりはありません!!」



そう言って、電話を切ってしまいました。








男性はなおも、

「電気料金がお得になる」と粘りましたが、

「あのね、
うちは年寄りの一人暮らしですから、そもそも電気なんて使わないんです。

いますぐ帰ってください!!」

と言って、追い出したそうです。






友人が言うには、
電話の女性が「○▲電力」と名乗ったのを、
自分の家が契約している「○●電力」と、自分で勝手に勘違いしたのだそうです。



「今、思えば、いきなり仏壇を拝ませてくれだなんて、おかしいわよねえ?」



「そうねえ。

うちは仏壇は家の一番奥の座敷にあるし、
主人が家にひとを上げるのが嫌いだから、
ひっかからないとは思うけど」



「うちは玄関を上がってすぐが居間で、
またそこに入ってすぐの棚に小さな仏壇があるのよ。

だから、ついついね」



「お盆だとか、お彼岸だとかが近づくと引っかかるひとが増えそうねえ」



「ほんとねえ」



bjhnb76_mo.JPG





「年寄りのそれも女だからって、馬鹿にするんじゃないわよねえ!?」



「そうよ、
なんたって、亀の甲より年の功だからねえ、
なるったけ元気で、なるったけ長生きしてやりましょうね」



そんなことを言いあって別れました。






ではまた、ごきげんよう。。。




オーダーメイドも人気。
自分で作って楽しむ素材も豊富。
  ↓  ↓  ↓



埃つかず、お洒落な硝子ドーム入。

★楽天市場・お供え プリザーブドフラワー★
★Amazon・お供え プリザーブドフラワー★

★楽天市場・仏壇 仏具★
★Amazon・仏壇 仏具★







日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



スポンサードリンク