スポンサードリンク

2018年01月05日

プチプチでヌクヌク安眠です。「小寒」「寒の入」の俳句。

2018.01.05.

プチプチでヌクヌク安眠です。
「小寒」「寒の入」の俳句。




黒潮の流れが変わったせいか、
寒い毎日が続きますね。



今日は「小寒」、「寒の入り」です。



一般的に、倹約家が多いと言われている戦前生まれのわが家では、
もっぱら夫がわが家のエネルギー相として、
有事に備えて節電にあい努めています。



お陰で、寒がりのわたくしは閉口しているのです。



kkiu7887yuuyuy_mo.JPG





そんな不満を聞いた娘のピヨ子が妙案を授けてくれました。



それは、緩衝材をつかった「ぬくぬくグッズ」です。



「緩衝材」とは、
商品が傷つかないよう、壊れないように保護するための様々なシートですが、
ネット通販の達人のピヨ子の家には山ほどあると見え、
それで研究に研究を重ねたようですよ。




DSCN1926_mo.JPG

DSCN1931_mo.JPG



まずは、一番よく冷えて困る場所、首のヌクヌクマフラーを製作しました。



薄い保護シートにプチプチを2枚重ねて、
程よい幅に畳みます。



DSCN1927_mo.JPG



それを大きめのシルクのスカーフで巻いて、
マフラー状にするだけ。


DSCN1928_mo.JPG


首に巻いて、
安全ピンやブローチで止めます。



緩衝材には空気が含まれているので、
首によくフィットして、ふっくら暖かですよ。



スカーフやマフラーも暖かいのですが、
いつの間にか、洋服の下に潜り込んだり、
滑り落ちたりして、
何度も結び直さないといけませんが、
この首巻きはいつまでもふっくら、優しく首にフィットしていて、
結び直す手間がいりません。



DSCN1929_mo.JPG





更によいのは、
これをして寝ると、
肩や首が冷えない上に、肩口から冷たい空気が蒲団の中に入らないので、
寝返りを打っても、ホカホカなのです。



お陰で、
睡眠時間が短いわたくしさえも、すっかり「知らず」になってしまいました。



中に入れる緩衝材、断熱材は色々と種類も大きさもあるので、
自分にぴったりと合うようにお試しくださいね。



そして、
それを包むスカーフや布は、
やはり、シルクがお勧めです。



肌に優しく、汗をかかず暖かい上に、
シルクはスベスベお肌を作ってくれるというのですから、
ヌクヌクと美人になれるという算段ですよ。




kkcft55656d_mo.JPG



さて、
体の中で「首」という字がつくところ、
つまり、「首」、「手首」、「足首」は健康の要だそうですね。



そこをカイロで温めると良いのですが、
低温やけどにも注意しなければなりません。



しかし、プチプチなどを上手に使うと、
安上がりな上に、思った以上にヌクヌクなのです。



手首には腕貫をすると良いのですが、
その中にもプチプチなどを巻くと、
暖かくて気持ちがいいですよ。


DSCN1930_mo.JPG



勿論、足首にも効果抜群です。



直接、素肌に巻くと蒸れますから、
靴下や布などを工夫してくださいね。



ダウンでも便利でよいものがありますが、
まずは、手軽で安上がりなプチプチでお試しを。



kkjh67uyuuy_mo.JPG


では、
「小寒」「寒の入」の俳句をどうぞ。



小寒の俳句。1
https://youtu.be/JGunHC69ZsA




小寒の水動かさず鷺の翔つ

森沢義二



祖父の世の木臼おほ寒小寒来る

飯田龍太



小寒や佛飯高く盛つてゐる

桑原道子



小寒の電車に眠る人多し

高田令子



てのひらに仏あそぶや寒に入る

橋關ホ



寒に入る地蔵鼻かけ給ふ

尾崎放哉



あきらかに無償の五体寒の入り

河野多希女



太柱ぴしりと鳴りぬ寒の入

野坂民子



亡き師ともたたかふこころ寒の入

藤田湘子



きびきびと万物寒に入りにけり

富安風生



「寒い」ことは嫌なことですが、
それがあってこそ、豊かな日本人の心が育まれてきたのだと、しみじみ思います。



プチプチのヌクヌクグッズで、
この寒さを風邪知らずで元気に過ごしたいことです。




ではまた、ごきげんよう。。。



★楽天市場・寒さ対策★
★Amazon・寒さ対策★









日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



スポンサードリンク