スポンサードリンク

2018年10月14日

趣味の会の友人と瓢箪を見てきました。「瓢箪」の俳句。

2018.10.13.

趣味の会の友人と瓢箪を見てきました。
「瓢箪」の俳句。



先日は趣味の会の友人たちと、
瓢箪の細工の展示会を見てきました。



友人の運転する車に乗り込んで、
郊外のちょっとした山の中まで行くのですが、
あの暑かった夏が嘘のように、秋の景色に変りつつあるのを、
キョロキョロしながら堪能しました。




ghdty434343_mo.JPG





展示会場は大規模なものではないのですが、
そこここに瓢箪がずらりと陳列された様には、
思わず、唸ってしまいました。



先ず第一に目が行ったのは、
高さ1mほどの細長い瓢箪です。



それが3本、
ちゃんと姿勢良く立っている様はなかなかのものでした。



それ以外、今回は特別変わった形のものは少なく、
ほとんどが、いかにも瓢箪という形のものでした。



ただ、80cmくらいはあるような大きなものが多く、
それぞれが丹念に磨き込まれて、
実にいい色に輝いています。



絵を描いたり、
般若心経を細々と書き込んだり、
よくぞここまでというくらい、見事に手が込んだ装飾をしてありました。



f65rtyt_mo.JPG





趣味の会の友人たちは皆、
様々な方向から食い入るように見て、
中には手帳を開いてスケッチをしている人もいます。



「帰ったら、陶土でこれを再現するのよ」



「私は、般若心経を書いた瓢箪で、ちょっと違った形のを作りたいわねえ」



どうやら、友人たちは般若心経や飾り絵を描いた瓢箪の陶芸作品を作るようですね。



私は人まねをするのが大嫌いなので、
それはしませんが、
折角のアイデアをなにかに活かしたいと思って、
じっくりと見学して帰りました。







身近にある毒植物たち “知らなかった"ではすまされない雑草、野菜、草花の恐るべき仕組み (サイエンス・アイ新書)






ところで、
瓢箪は気をつけなければいけない植物だそうですよ。



ウリ科なので、干瓢の原料の昼顔に似ていて、ちょっと美味しそうに見えますが、
ククルビタシン類が含まれているので、人体にとっては有毒で、
実際に食べて、食中毒になったもいるそうです。



また、キュウリなどの近くに植えてあると、同じウリ科同士で交雑し、
毒のあるキュウリが成ってしまうということです。






uyjh3298_mo.JPG



さて、
瓢箪はそのくびれた形が、数字の8に似ているところから、
8月8日を「ひょうたんの日」と定めたということです。



8月8日。ひょうたんの日。(俳句&ニュース)
https://youtu.be/qJokeLXEWPc




順礼の目鼻書ゆくふくべ哉

与謝蕪村



夕方はひとのこゑして種ふくべ

星野麥丘人



青瓢ふらり散歩に出でしまま

櫛原希伊子



昼寝して顔のかなしき青瓢

森澄雄



夕かぜやしぶしぶ動く長ふくべ

高井几董



風景のしづかにめぐる種瓢

正木ゆう子



台風に傾くままや瓢垣

杉田久女



退屈な午後になりそう青瓢

田村清子



花や葉に恥しいほど長瓢

加賀千代女



おつとりと瓢簞下がる夕べかな

降旗牛朗



瓢箪というものは花の後、実がぶら下がっているところも、
なんとなくユウモアがあって、見ているだけで愉しくなりますが、
ファンにとっては、自分で細工をするのがまた堪らない愉しみです。



丹精したその瓢箪も人によって好みがあり、
その価値はまた人それぞれで、雲泥の差です。



確か、
娘のピヨ子が残していった本の中に、志賀直哉の「清兵衛と瓢箪」があったはずです。
https://amzn.to/2IVx6gH


もう一度読んでみようと思いました。





ではまた、ごきげんよう・・・





★楽天市場・瓢箪★
★楽天市場・瓢箪★

★Amazon・瓢箪★
https://amzn.to/2IUBvjL



ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村






posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



スポンサードリンク