スポンサードリンク

2018年11月06日

友人とクラシックのコンサートに行きました。「バイオリン」の俳句。


2018.11.03.

友人とクラシックのコンサートに行きました。
「バイオリン」の俳句。


先日はわたくしの市の文化会館でコンサートがあったので、
友人と一緒に出掛けました。



ヨーロッパから来た4人組で、
ピアノ、バイオリン、ビオラ、チェロの四重奏団です。



メンバーの一人がわたくしの実家のすぐそばの家と縁があるということで、
いつもそこに滞在して、日本ツアーでは、わたくしの街でも公演をするのだそうです。



誰でも知っているというほど有名ではないけれど、
世界中で活躍していて、
評価が高いグループです。



わたくしの古くからの友人で、音楽が好きな人がいて、
数か月前に誘ってくれました。



わたくしもクラシックは大好きなので、
二つ返事でチケットの手配をお願いしたのです。









何を着ていこうかと考え、
あれこれ、服を出して、着たり脱いだり。



沢山買い込んだ服地を出しては、
鏡の前で体に当てたり、
スタイルブックをめくったり、インターネットの流行サイトを見たり。



楽しく迷いすぎて、
結局は、お気に入りの洋服をちょっと手直しして着ていきました。



会場に着いてみれば、
フルオーケストラではなく、四重奏団にも関わらず、
夜だったので、案外フォーマルな装いの人が多くて、
わたくしはちょっとだけ後悔してしまいました。




gd987tyres343_mo.JPG




それでも、演奏が始まると、
そんなことも忘れて、
すっかりその美しい音楽に魅入られてしまいました。



よく知っている曲、
聴いたことはあるけれど、という曲、
初めて聴いた曲など、
プログラムが進んだそのとき、
バイオリンの絃が切れてしまいました。



絃を取り換える間、
当然、演奏は中断しましたが、
そこは臨機応変に珍しいお話を聞かせてもらって、
みんな楽しく聞きました。



全ての演奏が終わって、
会場では大きな拍手とアンコールの声があがります。



アンコールは何曲もの大サービスで、
聴衆は大満足して、堂を去りました。



絃が切れたというハプニングを、まるでオセロゲームのように、良いことにひっくり返した見事な対応を、
わたくしたちも帰り道で口々に称えました。



「また来年も聴きに来ましょうよ」



「そうねえ、じゃあ、チケットをお願いしておくわ」



四つ角で手を振って別れました。



わたくしは、来年はもうちょっとフォーマルなお洒落をしようと心に決めて、
また楽しみが増えましたよ。



sadzx54er_mo.JPG



では、「バイオリン」の俳句をどうぞ。



8月28日。バイオリンの日。(俳句&ニュース)
https://youtu.be/6ck68w_0VXs




花菖蒲猫が弾いてるバイオリン

金井充



初時雨祖父の形見のバイオリン

北大路京介



バイオリン抱え座るや白秋忌

黒木千草



バイオリン彫りある墓標つゆけしや

小出功



バスに乗るチェロバイオリンクリスマス

中嶋陽子



バイオリンに顎鬚のせて春の風

飯塚ゑ子



バイオリンみがく少女や夜の秋

栗田せつ子



冬銀河ひびけ無数のバイオリン

近藤真由美



馳け猪や土降る露のバイオリン

永田耕衣



あおむけに寝て秋冷のヴァイオリン

コダマキョウコ



わたくしが長く生きてきてよかったと思うことの一つは、
インターネットの恩恵に与れたことです。



おかげで、布団の中で腹ばいになっていながらでも、
世界中の情報が手に入ります。



特にお気に入りは、YouTubeです。



大好きな音楽がいつでも無料で聴き放題。



著作権が切れた昔の映画も観放題。



わたくしが子供の頃の懐かしい映画や映像を見つけたときは、
夫も呼んできて、一緒に楽しみました。



よく、「ネットを使えない中高年は偏った情報を信じている」なんて言われていますが、
本当にそう思います。



インターネットこそ、体力の衰えてきた中高年や病気の人、不便な場所にいる人たちの味方ですね。



嬉しいことです。



まだまだ、あの世に行く準備などする暇はありませんよ。



今日はこれから、あの四重奏団の演奏をYouTubeで視聴いたします。





ではまた、ごきげんよう。。。



★楽天市場・バイオリン★

★Amazon・バイオリン★





ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村



【関連する記事】
posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



スポンサードリンク