スポンサードリンク

2019年03月02日

現代俳句協会主催・インターネット俳句会の結果が出ました。「三月」の俳句。

2019.03.01.


現代俳句協会主催・インターネット俳句会の結果が出ました。
「三月」の俳句。


2月はたったの28日しかなかったので、
3月がもう来てしまいました。



毎月1日は、現代俳句協会主催インターネット俳句会の結果発表です。



さて、そそくさと作った2月の俳句の得点やいかに?



わたくしは

0点、0点、0点
で合計0点



そして、娘のピヨ子も

0点、0点、0点
で合計0点



仲良く、0点でした。



「二人とも0点とはなあ」と言いながらも、
夫はいつものように丁寧に見て、
いつものように慰めてくれました。



この年になってはっきり言えることは、
他人の評価などを気にしてはいけないということ。



自分自身でしっかり考えて、
その上で、言いたいこと、したいことは遠慮なくすることですね。



いくら医学の発達と生活環境の向上があったとしても、
人間は何百年も生きられるものではありません。



誰かに褒めてもらうことを目的にした俳句ではなくて、
自分が作りたい俳句を作って、末永く楽しんでいきたいと思っています。


rwbxg56ejusr_mo.JPG




では、「三月」の俳句をどうぞ。



三月の俳句。3
https://youtu.be/edBAP1MC_6E



すきとほる墨摺る音に三月来

山崎靖子



踏めば鳴いて桃の三月土やさし

上田五千石



三月や小石に描く花の色

樋口みのぶ



芳しき三月の風身ほとりに

池田加代子



三月の土竜の土を踏みにゆく

奥山和子



三月の田ごとの畦のうすみどり

小澤克己



三月の声のかかりし明るさよ

富安風生



三月の山おだやかに人を呑み

立川左談次



三月の落書きの如飛行雲

松谷知子



三月の花屋にひかり溢れけり

石井悦子



三月の窓際で踏むミシンかな

鈴木政子





春になると、
虫も獣も穴から出てきます。



もちろん、わたくしも外出が億劫だったのが鷽のように、
あそこもここも行きたいという気持ちが湧いてきます。



どうせ出かけるなら、
お洒落をしないと損ですね。



押入れに仕舞ってある服地を取り出しては、
あれこれと迷っているところです。



沢山の服地に囲まれているだけでも幸せなのですが、
やはり、身につけてこその服地です。



昔と比べて、作業が捗らないのが悩みの種ですが、
そこを我慢して乗り切れば、
また勘も戻ってくるはずですね。





ではまた、ごきげんよう。。。





ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村







posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



スポンサードリンク