スポンサードリンク

2019年03月19日

友人が表彰されました。「勲章」の俳句。

2019.03.18.

友人が表彰されました。
「勲章」の俳句。




先日は、地域のスポーツや文化の活動に功績のあった人達に対して、
表彰式が行われました。
 



今回は、趣味の会の会長さんが表彰されるということで、
わたくしたちも拍手をしに行ってきました。



色々な分野で色々な活動をしている人が大勢表彰されました。



中には、わたくしの昔の友人や、娘のピヨ子の恩師もいて、
そのお元気な様子を見られて、本当に良かったです。




ftyecdruy_mo.JPG




趣味の会の会長さんは本当に世話好きで、
会員たちが元気で仲良く活動出来るようにと、
なにくれと気配りしてくれました。



わたくしも事故で骨折をして以来、
お休みすれば電話をかけてきてくれたり、
天候の悪いときは、車で送ってくれたりして、本当に助かりました。



そこで、会員一同がお金を出し合って、
お祝いと感謝の気持ちを込めて、
胡蝶蘭を一鉢贈りました。



この蘭は、ある会員の友人の栽培農家から特別に譲ってもらったそうで、
とても立派なものでした。



すると、
思いがけないプレゼントに、
「私の一番好きな花を、しかも、こんなに立派なものを・・・」と、
会長さんは涙ぐんで、大喜びでした。



そして、
その後日、蘭のお礼にと、
皆を老舗の喫茶店に招待してくれて、
美味しいコーヒーと美味しいケーキで楽しく過ごしました。



わたくしたちの趣味の会も高齢化が進み、
しかも、新入の会員がいないので、
いつまで続けられるかという不安があります。



でも、せっかく同じ趣味で仲良くなった繋がりですから、
出来るだけ長く楽しんでいきたいものですね。



7u8rujsre5hwqbgw_mo.JPG



では、「勲章」の俳句をどうぞ。



2月11日。文化勲章制定記念日。(俳句&カレンダー)
https://youtu.be/Lf_c1ddp334



父と子の叙勲章かけ夏座敷

吉田きみ



二の酉の勲章祝ふ手をしめて

長谷川かな女



勲章を宝に夫の着ぶくれて

添野光子



いくまんの露の俳句が勲章に

山口青邨



アイスホッケー眉間の傷を勲章に

守屋明俊



木の瘤に雪の勲章卒業歌

角川源義



勲章をさげし写真や漱石忌

山口青邨



政府から貰うものばかりが「勲章」ではありませんね。



どんな小さな目立たないことでも、
信念に基づいて行ってきたことは、
勲章に値します。



認められ、褒められて嬉しくない人はいません。



rtdbrsrenmf_mo.JPG




先ずは大切な家族に「勲章」をあげてみましょうか。



と言って、
なにも立派なバッジを用意する必要はありません。



ほんの小さなプレゼントや、言葉、
それが照れくさい場合は、笑顔でもいいですね。



心の中で思う感謝や称賛の気持ちは必ず、
相手に伝わることでしょう。









ああそうそう、
自分に勲章をあげることを忘れてはいけませんね。



「隗より始めよ」と言うではありませんか、ねえ。



今まで一生懸命に生きてきたことだけでも、
十分に勲章に値します。



年齢を重ねていくと、
何事も若いときと同じにはいかなくて、
本当に歯がゆい思いをしますが、
「出来なかった」ことではなくて、
どんなに小さくても、「出来たこと」に目を向けて、
自分を褒めて励ましていくことが重要だと思いますよ。



さて、今日のわたくしへの勲章は?



取って置きのお菓子とコーヒーを、お気に入りの器で味わう、「美味しい勲章」ということにいたします。




ではまた、ごきげんよう。。。




★楽天市場・フラワー ギフト★
★Amazon・フラワー ギフト★





ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村






posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



スポンサードリンク