スポンサードリンク

2019年10月05日

ポップコーンに嵌っています。「玉蜀黍」の俳句。

2019.10.03.


ポップコーンに嵌っています。
「玉蜀黍」の俳句。



先日は、
娘のピヨ子がポップコーン用のトウモロコシを沢山送ってきてくれました。



以前、趣味の会の友人にあげたら大変喜ばれたので、
また少し持って行ってあげました。



最も簡単な方法は、
大きめの封筒などの紙袋にコーンを入れて、
熱するだけ。



パンパン音がして、
袋が膨れれば出来上がりです。



塩や砂糖、シナモンや胡椒、ガーリックパウダー、カレー粉などを振りかけて混ぜれば、
好きな味付けを楽しめます。



DSCN5177_R.JPG




このところ、わたくしが嵌っているのは、
胡麻油と醤油のポップコーンです。

DSCN5169_R.JPG



中華鍋を熱して胡麻油を入れ、
そこにコーンを一握り、
蓋をして揺すりながら熱します。


DSCN5171_R.JPG


うまく揺すらないと、
全部のコーンが弾ける前に、焦げてしまいますよ。



DSCN5172_R.JPG

パンパン音がしなくなったら、
蓋を開けて、醤油をじゅうっと回しかけます。



DSCN5173_R.JPG

全体を混ぜて、醤油を絡ませて出来上がりです。


DSCN5174_R.JPG


醤油を入れ過ぎて、
湿ったりするかもしれませんがご愛敬。



そこは「銚子電鉄名物ぬれせんべい」ならぬ、「我が家名物ぬれポップコーン」として、お楽しみくださいな。



塩バターのポップコーンも美味しいのですが、
こちらは胡麻油と醤油が香ばしく、
口に入れれば、醤油の甘味が感じられて、すっかり病みつきになってしまいました。



ポップコーンには胚芽がついているので栄養が豊富で、
皮がついているので繊維が豊富。



おかげで、このところお腹の調子もいいですよ。



作って楽しく、食べて美味しく、
健康によくて、しかも安上がり。



もう、言うことなしの満点おやつですね。




DSCN5176_R.JPG





ただ、夫はバカにして食べないのですよ。



戦時中や終戦後に嫌になるほど食べたからでしょうか?



以前は薩摩芋もバカにしていたのですが、
千葉の美味しい薩摩芋をピヨ子が上手に料理したら、
すっかり気に入って、大好きになりました。



そして、南瓜もあれほど嫌っていたのに、
ホクホクの美味しい南瓜を食べて以来、
すっかり南瓜好きになって、
自分で買ってきては、わたくしに煮物や天ぷらにするように注文するのですよ。



ということで、
そのうち、夫もポップコーン好きになることでしょうね。



erwt23w4_R.JPG




では、「玉蜀黍」の俳句をどうぞ。



玉蜀黍。(秋の俳句)
https://youtu.be/XsVDeh7MD9A

俳人1号のYouTubeチャンネル




バーベキュー玉蜀黍の炭となんぬ

阿波野青畝



祭来る玉蜀黍に髭の出て

岩木茂



研ぎたての包丁で切る玉蜀黍

古井君枝



十五夜のたうもろこしの影の庭

長谷川素逝



昼雨に玉蜀黍畑のきりぎりす

飯田蛇笏



ひつそり閑として玉蜀黍の花

布川直幸



盆礼に玉蜀黍を持たせけり

野沢しの武



家ありて唐もろこしを作るかな

山口青邨



玉蜀黍粒びつしりと終戦日

土屋酔月



奥の温泉へ唐黍売の一輪車

白岩三郎




わたくしが育った本家では、
屋敷の前庭が畑になっていて、玉蜀黍や砂糖黍、蚕豆、胡瓜などを植えていました。



どれも背が高い作物ですが、
広々とした畑では日光が十分に当たって、
美味しい野菜が沢山採れました。



戦中戦後の食べ物に不自由した時代に、
農家で育ったことは本当に幸運だったと思います。



燃料と食料の自給率が低い日本は色々と不安がありますね。



外国からの観光客頼みではなく、
色々な価値ある物を生産する国であってほしいと思います。




ではまた、ごきげんよう・・・




★楽天市場・ポップコーン★

★Amazon・ポップコーン★







ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。

送料無料で買えば買うほどお得。
  &
音楽、ビデオ、読書などが無料で楽しめる。

特典多数の30日無料体験をする!!
  ↓  ↓  ↓
★ Amazon Prime ★




月額\980で読み放題。初回30日無料体験。
↓  ↓  ↓
★Kindle Unlimited ★




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村



posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:



スポンサードリンク