スポンサードリンク

2020年04月03日

昨日は夫の「百か日」でした。「哭く」の俳句。

2020.04.02.
昨日は夫の「百か日」でした。
「哭く」の俳句。



今日は夫の百か日忌でした。

昨年の12月25日に夫が亡くなってから、
早くも百日経ってしまったということです。

それは、突然の、あまりも突然のことだったので、
色々な手続きや行事をしながら、
ただただ流されるように一日一日を過ごしてきて、
気が付いたら、百日も過ぎてしまっていました。



わたくしの家は夫が長男なので、
立派な仏壇があって、その御守をずっと続けてきましたが、
夫の母と弟妹全員が空襲で亡くなって、その関係の付き合いがなかったのと、
仏事については夫が全て取り仕切っていたので、
わたくしは「はいはい」と従うばかりで、深く考えたことはありませんでした。

ところが、突然、喪主という立場になり、
どこか他人事であったことが、自分の現実となって降りかかり、
その煩雑さに混乱してしまいました。





改めて調べてみると、
年忌法要はこんなに沢山あるんですね。

〇 開蓮忌(かいれんき)・・・亡くなって三日目

〇 初願忌(しょがんき)・・・亡くなった日を含めて7日目

〇 以芳忌(いほうき)・・・亡くなった日を含めて14日目

〇 洒水忌(しゃすいき)・・・亡くなった日を含めて21日目

〇 阿経忌(あぎょうき)・・・亡くなった日を含めて28日目

〇 小練忌(しょうれんき)・・・亡くなった日を含めて35日目

〇 檀弘忌(だんこうき)・・・亡くなった日を含めて42日目

〇 大練忌(だいれんき)・・・亡くなった日を含めて49日目

〇 卒哭忌(そっこうき・そっこくき)・・・亡くなった日を含めて100日目

● 一周忌・・・一年目の祥月命日(しょうつきめいにち)

● 三回忌・・・二年目の祥月命日

● 七回忌以降・・・七回忌・十三回忌・十七回忌・二十五回忌・三十三回忌・五十回忌・百回忌





そして、今日は「卒哭忌」ですが、
儒教で「哭くことを卒業する」時期と定めたということで、
もうそろそろ嘆き悲しむのは止めて、新しい気持ちで生きていきなさい、
という意味なのだそうです。

夫が突然になくなってからの慌ただしい日々、
娘のピヨ子が行ったり来たりして付き添ってくれて過ごしてきた日々、
思い返せば、それほどメソメソ嘆き悲しむ暇はありませんでした。

「四十九日」が済み、そして「百か日」が済めば、
あとは「新盆」、「一周忌」ですから、
なんとなく一休みという気持ちです。

ほっとすると同時に、気が抜けて、
やたらに疲れを感じるようになりました。

そういう時期だからこそ、儒教の知恵で百か日目に「卒哭忌」を定めたのですね。

因みに、
「哭く」は声を上げて嘆き悲しむこと、
「泣く」は涙を流すこと。

ですから、「泣く」ことを卒業する必要はないということです。





今日は本当は、ピヨ子が帰ってきてくれるはずだったのですが、
今は新型肺炎が大流行していて危険なので、
際になって夜行バスをキャンセルさせたのです。

一人でいることは不安で寂しいことですが、
夫に続いて娘までも失ってしまってはいけませんからね。

ピヨ子は代わりにと、パンやケーキやクッキーを沢山焼いて送ってくれました。

わたくしは御霊供と一緒に、それをコーヒーと共にお供えしました。

そして、写真の夫に向かって言ってやりました。

「こんな美味しいものを食べられないなんて、残念ねえ」

それでも、写真の夫は嬉しそうに見えました。



cac9ec2ab0fab21f8b19226c56fc67b1_m_R.jpg


では、「哭く」俳句をどうぞ。


卒哭の身に秋風の砂丘あり
有働亨


戦とほし墓洗ふ妻もう哭かず
鈴木公二


哭きに出て夫の匂ひの夜の新樹
関戸靖


喪の衿の哭くほかはなし菊抱きて
都筑智子


蝉鳴くごと哭くは父の死以来なし
原子公平


葬人の歯あらはに哭くや曼珠沙華
飯田蛇笏


汝もわが弔辞に哭くやつばくらめ
古舘曹人


卒哭の遠ひぐらしのふと近み
伊丹さち子


たかんなに狐雨くる卒哭忌
青木重行


骨壺を押せば骨哭く花の夜
照井翠


哭く人を笑ふ遺影や夜の長く
辻桃子


妻哭くな饐えるよ飯も脳味噌も
瀧春樹




「『泣いて悲しんでも亡くなった人は絶対に帰ってこないんだから、
前を向いて歩いていきなさい。それを亡くなった人は望んでいるんですよ』

主人が亡くなったとき、お坊さんがそう言ってくれたのよ」

もうずっと前にご主人を亡くした友人がそう言ってくれました。

それはもう本当に分かり切ったことなのですが、
それがまたどんなに大変なことなのか、
自分がその立場にならないと分からないものですね。

長い間一緒に人生を歩いてくれた夫に感謝しながら、
わたくしたちは前を向いて歩いていこうと思います。


ではまた、ごきげんよう・・・。










日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村



posted by 八十路小町 at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

今日から新年度。心機一転、ブログを再開いたします。「四月」の俳句。

2020.04.01.
今日から新年度。心機一転、ブログを再開いたします。
「四月」の俳句。



今日は4月1日、令和2年度の始まりですね。

しばらくお休みをしていたこのブログを、
心機一転、再開することにいたしました。

最後にブログを書いたのは、昨年の12月22日のこと。

それからの3か月余りの間、
わたくしの生活にも、世の中にも、想像もできなかった大変なことが起きました。

あまりにも突然で、あまりにもショックで、
未だに信じられないようで、
一体、何をしていいのか分からない日々でした。

でも、今日から新年度の始まりですから、
わたくしも気持ちを切り替えて生きていくことにしました。

その大きな力にもなってくれると思い、
またブログを再開いたします。

今まで、本当にありがとうございました。

そして、またこれからもどうぞよろしくお願いします。


drtw54yagdvc_R.JPG


では、「四月」の俳句をどうぞ。


四月の俳句。7

俳人1号のYouTubeチャンネル



庭の花より美しき四月かな
水谷直子


窓開けて四月の風を通しけり
山村修


小流れにいのち犇めく四月かな
間島あきら


草刈機音高らかに四月来る
中塚照枝


素通りの土佐は四月の田水かな
大山里


万物がすっきり見えて四月来る
島本知子


天空の鏡を割りて四月くる
辻美奈子


窓開けて四月の風を通しけり
山村修


樹を抱いて人のよろこぶ四月来る
野路斉子


四月来る甕に未来を詰めにけり
近藤公子


「暑さ寒さも彼岸まで」というし、
そして、日も確実に長くなってきているのに、
場所によっては季節外れの雪が降ったり、肌寒い毎日です。

皆さま、お風邪を召しませんよう。

そして、あの悍ましいウイルスにやられないよう、
栄養と睡眠をしっかり摂って、元気に過ごしましょうね。



ではまた、ごきげんよう・・・









日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

ラベル:俳句 四月
posted by 八十路小町 at 22:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

電話機を買い替えました。「電話」の俳句。

2019.11.25.

電話機を買い替えました。
「電話」の俳句。




先日、珍しく友人から携帯に電話がかかってきました。



いつもは家の固定電話で話しているので、
ちょっと驚いてしまいました。



「ああ、やっと繋がったわ。
さっきから家の電話の方に何回かけても、うんともすんとも言わなかったのよ。
こっちのスマホもおかしいことがあったから、いよいよ寿命かと覚悟したんだけど」



友人との電話が終わってから、自分の携帯から自宅の固定電話にかけてみました。



すると、確かに繋がって呼び出しているらしいけれど、
電話のベルが鳴りません。



固定電話から携帯へは繋がって、自分同士で会話ができるんだけど、
夫にも見てもらって試しているうちに、
受信も送信も出来なくなってしまいました。



そういえば、最近、固定電話にかかってくることが少なくなってきたような気がします。



でも、家族や親戚、友人などとは携帯同士の会話が多いので、
全然気がつかなかったのです。



家の電話はもう20年以上使っているので、やっぱり寿命なんでしょうね。


trhg654weyghsf_R.JPG


そこで、娘のピヨ子に話すと、
「新しい電話機に買い替えて、この際、番号ディスプレイを契約すると、
詐欺電話にも対応できるからいいよ」
とのことで、
インターネットで安くて良い品物を見つける買い物上手のピヨ子に頼みました。



すると、ピヨ子が色々なショッピングサイトを探して買って、
番号登録やら、留守番やらの設定をしてから、こちらに送ってくれました。


DSCN5403moza_R.jpg

シャープ JD-G32CL デジタルコードレス電話機(子機1台) ホワイト系




前の電話と比べて、小さくて軽くて、可愛くていいですね。



以前はファックスつき電話が普通でしたが、
今では電子メールが普及したので、
ファックスつき電話はあまり使われなくなってきているそうです。



ファックスは紙がいるし、向こうからはセールスなどの不要なファックスが勝手に送られてくるし、
一般家庭にはファックスは必要ないと言えますかねえ。



うちの電話は黒電話から買い替えて、ファックスはついていなかったけれど、
新しいのと比べれば、かなり大きかったですね。



録音機能やアナウンス機能がついているので、
迷惑電話にも安心です。



そして、「今頃?」と笑われそうですが、
今度のは子機がついているので、更に便利ですが、
使い方をピヨ子から教わって、しっかり練習しないといけません。



夫が嬉しそうに
「これは難しいぞ。忙しいのに大変だなあ」
などと言いながら、
自分で自分にかけたり、わたくしにかけたりして練習に励んでいます。



そして、極め付きの一言
「もうちょっと前に壊れてくれれば、消費税が少なくてすんだのになあ」
ですって。


srth4w6shxdfsz3refe5sd_R.JPG



では、「電話」の俳句をどうぞ。



電話の俳句。1






三田二丁目の秋ゆうぐれの赤電話

楠本憲吉



行く年を呼び戻しゐる糸電話

有馬朗人



まづ雪の深さを尋ね長電話

太田一石



菊人形携帯電話を持つていた

金子兜太



極月の詠歌きこゆる電話かな

宮武寒々



春風や公衆電話待つ女

吉岡実



電話かけずかかつても来ず夏の雨

鈴木真砂女



紅蜀葵咲く庭先へ電話鳴る

右城暮石



九月はじまる無礼なる電話より

伊藤白潮



古きよきものに湯婆黒電話

中山蒼楓




一般家庭に電話が普及していなかった時代を知っているわたくしたちは、
その便利さと、それで失った古き良きものも知っています。



今の時代はそれどころか、インターネットの普及のおかげで、
更に便利になり、もっと多くの古き良きものも失いつつあります。



便利になればなるほど、人間は動物としての能力を退化させていくのでしょう。



思い返せば、あの昭和の中期は人間にとってはちょうどよい便利具合だったのかもしれませんね。



文明の利器は頼り切りにすることなく、
上手に使って上手に生きていきたいと思います。



ではまた、ごきげんよう・・・




Amazon・電話機


楽天市場・電話機






日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

現代俳句協会主催・インターネット俳句会に投句を済ませました。「名山」の俳句。

2019.03.21.


現代俳句協会主催・インターネット俳句会に投句を済ませました。
「名山」の俳句。




あっという間に3月も下旬、
20日はわたくしたち母娘にとって、月に1回の宿題提出日です。



すっかり忘れていたのですが、
現代俳句協会のインターネット俳句会に締め切りぎりぎりながらも、
無事に投句を済ませることが出来ました。



俳句の同人に入って、しょっちゅう句会に出たり、
新聞や同人誌何冊にも投句していた頃から考えれば、
なんという怠け者になり下がったことでしょうか。



そのせいか、
草花の名前も漢字もすっかり忘れてしまって、
我ながら呆れてしまいます。



あのまま同人に入っていればと、
ちょっぴり後悔するものの、
今更復帰するのは億劫ですから、
このまま出来る限り続けて行こうと思っています。




hfdsh54wngf_mo.JPG



さて、
今回第216回のインターネット俳句会の投句数は

一般の部G1
894句。

一般の部G2
836句。




会員数は

一般の部G1
99人。

一般の部G2
4268人。


新入会員のコメントは

リズム感と日本語の奥深さにひかれ、俳句に興味を持ち、素敵な刺激をたくさん受けて精進したい。
脳トレーニングのつもりで、日々がんばっている。
60の手習いで、末永く継続することが目標。
精神科クリニックの仕事をしている高齢者。
俳句の素晴らしさを生活の中に取り入れたい。
初心者。
句歴9か月の初心者。
ことばから映像をとらえる俳句の世界に豊かさを感じた。
俳句は大好き進歩な、所属なし。
俳句で生きる夢を表現したい。
松本清張の作品を読んで、俳句に興味を持った。
なにか夢中になれることがないかと模索していて、俳句を始めた。
趣味は山登りとスポーツ、史跡巡り、水彩画、俳句はまだ趣味といえるレベルではない。
俳句修行中。
脱花鳥風月。
TV番組で、俳句を見て興味が湧き始めた。
70才で初めて俳句を作って見たいと思った、ムクムク湧き出した興味を満足させられるかトライする。

などなど、
なんとも頼もしい人たちですね。



一緒に長く楽しみましょう。



dxgf nd45bhrn_mo.JPG



このところ、寒くて出不精になっていたわたくしですが、
少し暖かくなったら、また遠出をしたいと思っています。



というのも、
わたくしは山登りが趣味だったので、
脚には自信があったのです。



終戦後、女人禁制が解けた霊山に一番乗りで登りました。その1。





それが、自転車事故で骨折をして以来、
色々と体の各部分にガタが出始めて、
出かけるのが億劫になってしまいました。



本棚から山の本を取り出して、
しみじみ反省をしています。



そんな本の中でも、
特にお気に入りは、「日本百名山」です。


日本百名山 単行本 – 1991/7/1
深田 久弥 (著)




今では手軽な文庫本も出ていますが、
わたくしが買ったのは、立派な単行本です。



この本をめくっていると、
車に乗せていってくれた義弟のことを思い出します。



百名山の全てを登り切ったツワモノでしたが、
数年前に膵臓がんで亡くなってしまいました。



義弟の本棚にも、
「百名山」の本が遺されていて、
息子が登山を始めたがっていると聞きました。



d hxdfn57we4_mo.JPG





その「百名山」の著者の深田久弥の命日が、
ちょうど今日、3月21日なのですね。



3月21日。深田久弥の命日。(俳句&カレンダー)
https://youtu.be/xUNznZhoGII

俳人1号のチャンネル




名山に近く冬川の豊かさよ

島田青峰



行脚こゝに名山にあひぬ冬安居

松瀬青々



名山の水を供へて子規忌なる

小檜山繁子



名山に正面ありぬ干蒲団

小川軽舟



雪解川名山けづる響かな

前田普羅



名山に対す厠や三ヶ日

宮武寒々



名山の余りに遠き霞かな

尾崎紅葉



朴咲いて百名山に漏れし山

伊藤ふみ



あの山、この山、
低い山で、それほど有名でない山でも、
自分の脚で登った山はどれも素晴らしく、
「名山」の称号をあげたいですよ。



実は先日は、久しぶりに12000歩ほど歩いてきました。



いつもなら、多く歩いた翌日は脚が痛くてたまらなかったのに、
今回はなんともなりませんでした。



そのことで、わたくしにも俄然、
勇気とやる気が湧いてきたのですよ。



今年はお花見に近くの山に行ってみましょうか。



ノルディックウォーキングのスティックを持っていれば、
途中で疲れても安心ですからね。



ストレッチや筋トレをして、
準備をしているところです。





ではまた、ごきげんよう。。。




★楽天市場・深田久弥★

★Amazon・深田久弥★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

現代俳句協会主催インターネット俳句会に投句しました。「冬至」の俳句。

2018.12.21.

現代俳句協会主催インターネット俳句会に投句しました。
「冬至」の俳句。


昨日は20日、現代俳句協会インターネット俳句会の投句締切でした。



2018年最後の投句になりました。



なにかと気ぜわしくて、それでもやることは山積みのままの年末ですが、
なんとか、今回も投句を果たしました。



今年の宿題はこれで終了、
結果のいかんは問わず、これで良しといたしましょう。



,mbnhiu7reaer_mo.JPG




今回、平成30年12月は第213回です。



投句数は

一般の部G1
907句。

一般の部G2
800句。




会員数は

一般の部G1
1001人。

一般の部G2
4156人。



新入会員のコメントは

晴耕雨読の隠居。
俳句初心者。
俳句歴10カ月。一日一句を続けて楽しんでいる。
突然 、俳句を作ることに目覚めた60の手習い。
全くの素人。
ホントの初心者。
いつき組で俳句を始めて4年。
初めたばかり。
俳句に興味があり、思い切って入会を希望した。
第三の職場卒業の無職。
俳句を楽しみながら豊かな感性を育みたい初心者。

などなど、新しい年の活躍が楽しみですね。



iuooywq2312_mo.JPG



今日は「冬至」ですよ。俳句をどうぞ。




12月21日。冬至。(俳句カレンダー) https://youtu.be/he7Argxn-hg



日々の日々なりし明日冬至

高野素十



物ごころつきて冬至のおだやかさ

後藤夜半



己が影去年より縮む冬至かな

荒木甫



富士山頂今冬至の日沈むなり

三井公子



一つある石を見すてず冬至の日

山口青邨



苫低く裏に日のさす冬至かな

正岡子規



美しき空を日渡る冬至かな

根岸善行



冬至の燈あたため憩ふ鉄工たち

佐藤鬼房



泣かぬためあかんべをする冬至かな

田村園子



事務の灯の常のごとくに冬至かな

日野草城



冬の寒さはこれからですが、
昼の長さは徐々に長くなり、明るくなっていきますね。



冬は日照時間が短いので、うつ病に罹る人が出てきますが、
冬至が過ぎれば、春に向かっていくので、
気持ちも少し明るく軽やかになる気がします。



新しい年に希望をもって向かいたいと思います。





ではまた、ごきげんよう・・・



新元号対応
https://amzn.to/2EJS56E



ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村






posted by 八十路小町 at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

生まれて初めてパニックになりました。「郵便局」の俳句。

2018.12.14.

生まれて初めてパニックになりました。
「郵便局」の俳句。



先日は娘のピヨ子に荷物を送りに行きました。



まずは、
わたくしが自分のために縫った服で着られそうなものや、
溜まった服地などをそこにあった箱に詰め込んで紐をかけました。



結構大きな箱ですが、
布地や洋服なんて、嵩張るけれど軽いものなので、
詰められだけ詰め込んだというわけです。



箱の大きさが決まれば、重さは30kg以内なら同料金というのがゆうパックの利点ですから、
箱にギュウギュウ詰め込んだ者の勝ちという感覚ですね。








さて、送り状はと、探したのですが、
夫が沢山持っていたはずなのに、どこにも見当たりません。



仕方ないので、郵便局で貰って書きましょう。



ということで、
荷物を持って玄関を出ました。



夫が病院から帰ってくる前に、
用を済ませておこうという算段です。



それが、一つ目も角を曲がったあたりから、
どうも、思っていたよりも、荷物が大きくて、しかも、重いことに気づきました。




ちょうど「前へ倣え」をした幅があって、高さも同じような立方体の箱です。



立方体というのは、縦横高さの合計が同じならば、最も体積が大きいので、
箱の大きさで物を送るには最もお得で有利だという計算になるのですが、
実際、持ち運ぶとなると、最も持ちにくい形だったのですね。



右肩にはピヨ子がくれたバッグをかけ、
両手で箱を捧げ持って歩くのですが、
予想以上に重くて、肩からはバッグの紐が滑り落ちそうになります。



それを気にして、右だけをいかり肩にしながら歩くのですから、
箱自体を持つ手も下がっていきます。



すると、へっぴり腰になって、歩幅も狭くなり、
ますます道は遠くなっていきます。





czxde87wqwweqr_mo.JPG




途中途中、道路にある杭に箱を下ろして休み、
肩にバッグを上げてから、また出発というのを繰り返す羽目になりました。



商店街のアーケードのは入り口で、ちょうど自転車の友人に会いました。



「おや、小町さん、それ重そうね。

どこに持っていくの?」



「郵便局よ。

ねえ、バッグを箱の上に載せてくれる?」



「いいわよ。

でも、これは大変そう。

ねえ、この自転車貸してあげるから、乗せていきなさいよ」



わたくしは嬉しかったのですが、
荷台が小さくて華奢だったので、
自転車を壊してしまっては大変だと思い直しました。



「ありがとう。

でもすぐだから、大丈夫よ」









アーケードを通れば近道になるのですが、
この分では、まだまだ知り合いに会いそうなので、
違う道を行くことにしました。



箱から滑り落ちないようにバッグを顎で押さえ、
ソロリソロリと歩きます。



すぐそこなのに、まあ郵便局の遠かったこと。



何度も途中で帰ろうかと思ったのですが、
その度、いやいや、せっかくここまで運んできたのだからと、
自分を励ましながら行きました。



この冬一番の冷え込みだというのに、
汗がびっしょりです。








やっと郵便局に着き、
自動ドアが開いた途端、まるで不意打ちのように、係のお兄さんが満面の笑みで出迎えてくれました。



「いらっしゃいませ。荷物を送るんですね!?」



「はい。でも、まだ紙を書いてないんです」



「はい、ではこれに記入してください」



記入用紙を貰って記入台に行って、
いざ書こうとしたところ、
どうしたことか、頭が真っ白です。



しょっちゅう送っていて、しょっちゅう書いているはずなのに、
書くべきことが頭の中から出て来ないのです。



まあねえ、こういうときのために携帯があるのよと、
ピヨ子に電話をかけました。



郵便番号、住所、電話番号と、
聞いてそのまま書くのですが、
まるで書けないのです。



今聞いたはずなのに、頭の中に入っていない。



四角が7個しかないから、電話番号が入らない!!



えっ、090じゃないの?



何度も何度も聞き直して、書き直しです。



記入台では、隣に人が入れ替わり立ち替わりやってきては記入して去っていきます。



わたくしは、それを目の端で感じながら、左手に携帯、右手にボールペンを握りしめて、
暑くなったり寒くなったり、赤くなったり青くなったりを繰り返しています。




trd56we4fzd_mo.JPG





途中で係のお姉さんがやってきました。



「書けましたか?」



「ああ、ちょっと混乱しちゃって」



お姉さんはニコニコしながら言いました。



「よくあることです。

お手伝いしましょうか?」



「いや、大丈夫です」



「そうですか、ではどうぞ、ごゆっくり」



わたくしはますます焦って、頭が真っ白で、脳みそが空っぽになったような気がしながらも、
なんとか書き終えて、やっと荷物を送ることができました。







xfght7643_mo.JPG





さあ、夫が帰ってこないうちに、家に帰って昼食の支度をしなければなりません。



行きが重かった分、
帰りは手ぶらでなんとも楽ちん、
飛ぶように歩いて帰りました。



帰り着いてバッグから携帯を取り出すと、
ピヨ子からメールと電話が入っていました。



随分と心配してくれたようですね。



そう言えば、何度も電話して聞き直していたとき、
最後の方では、ちょっと涙声だったみたい。



あとで電話してみたら、
あのあとすぐ、インターネットで検索したそうです。



生まれて初めて経験したパニックだったけれど、
もう大丈夫ですよ。



もっとも、超がつく心配性の夫には内緒です。




23df9hgdd_mo.JPG




では、「郵便」の俳句をどうぞ。



4月20日。郵政記念日。(俳句カレンダー)
https://youtu.be/09vjvVWXhtc




さきがけの白シャツ島の郵便夫

茂里正治



郵便夫来る潮浴びの茶店にも

大星たかし



雪やんでゐし郵便の来し氣配

藤本草四郎



地下足袋に露踏む山の郵便夫

大野林火



郵便夫急ぐ枯野はあたたかに

吉屋信子



水ぬるみ網打ち見入る郵便夫

杉田久女



追羽根の中を抜けゆく郵便夫

畠山譲二



元旦の使者バイク駆る郵便夫

林昌華



郵便船迎え島の子皆裸

和田知都


郵便夫枯野に黒く荷を確かむ

田川飛旅子



思えば、便利なインターネットメールのお陰で、
字を書く機会が減ってきていますね。



漢字は読めても書けなくなっているし、
わからないことは事典や辞書をめくらなくても、
パソコンに打ち込めばすぐ出てくる。



しかも、うろ覚えでも打ち間違いでも、
「ひょっとして、あなたの探しているのはこれでは?」などと親切にいってくれます。



とても便利で有り難いですね。



あっ、大変な諺を思い出してしまいました。



「地獄への道は善意で敷き詰められている」



これは、しっかりと心しておかなければなりませんね。



年齢だからと諦めず甘えず、
大切に、でも、存分に使っていきたいと思います。





ではまた、ごきげんよう・・・






ネットのみでも必ず3万円進呈!NURO光キャンペーン






SoftBank光キャンペーン!新規も転用もキャッシュバック






ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

話題の.「0円タクシー」乗ってみたいですね。「タクシー」の俳句。

2018.12.06.

話題の.「0円タクシー」乗ってみたいですね。
「タクシー」の俳句。



師走なのに、不思議と暖かい日もありますが、
やはり、朝は冷えますね。



早起きのわたくしの楽しみは、
夫を始め、世間の人が高鼾をかいて眠っているとき、
温々の布団の中に腹ばいになって、
パソコンでインターネットを見ることです。



特に楽しみなのは、ツイッターとYoutubeです。



娘のピヨ子がわたくしが興味がありそうなものを登録しておいてくれたので、
開けば、面白い情報が雪崩のように出てきます。






今朝一番に目を惹きつけたのがこれです。







なんと無料で乗れるタクシーが登場し、話題を集めているというのです。



その名もずばり、「0円タクシー」。



0円タクシー早くも人気 無料サービスの意外な裏側(18/12/06)
https://youtu.be/UvWDKZY5Q7k




よくぞ、こんな楽しいアイデアを思いついたものです。



このタクシー、是非とも、乗ってみたいですね。



「どん兵衛タクシー」は東京都内だけで、しかも年内のみの試みですが、
乗客の反応によっては、地区や期間も広がるようです。



「0円タクシー」を利用するには、タクシー配車サービス「MOV」のアプリをダウンロードしてください。
↓ ↓
https://m-o-v.jp/



あら、スマホを持っていないわたくしは残念。



ydzsfg234resh_mo.JPG



では、「タクシー」の俳句をどうぞ。



8月5日。タクシーの日。(俳句&ニュース)
https://youtu.be/64_iL7ryJ1o




個人タクシー出て頭垂れ広島忌

松山足羽



暮雪のタクシー流れて舞踏会のごと

岸田稚魚



老いても流すタクシージャスミン匂わせて

伊丹三樹彦



タクシーに追うてもらつて虹を見る

右城暮石



年末になると忙しくなる仕事のひとつに、
タクシーの運転手さんがあげられます。



ty6534esrg_mo.JPG




電車やバスなどの交通網の発達している都会でも、
車がなくては生活しにくい田舎でも、
運転をやめた高齢者や、昔と価値観が違ってきて、そもそも車を持たないと決めた人たちにとっても、
急な用事などのとき、タクシーは無くてはならないサービスです。



わたくしたちの市では、高齢者にはタクシーの初乗りが無料になるチケットが配られていて、
本当にありがたいことです。



でも、本当のところを言うと、初乗りでは行きたところには行けないので、
そのあとの運賃を払うくらいなら、
自転車や徒歩で行った方が、運動になるし、面倒でないからいい、なんて声も結構あるのです。



いっそのこと、「行き先が病院なら無料」などになれば、
高齢者もその家族もどんなに嬉しいことでしょうか。



車体に華々しくコマーシャルが描かれた派手派手のタクシーで、
しかも、無料だなんて、
ちょっと想像しただけでニヤニヤしてきてしまいました。





ではまた、ごきげんよう・・・




社宅・寮付きのタクシー求人は【タクQ】 無料転職支援サービス


転職を強力サポート!最大で入社祝い金45万円 タクシー無料転職支援サービス【タクQ】

女性のタクシー求人は【タクQ】無料転職支援サービス






ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

いのししが気になって仕方ありません。「瓜坊」の俳句。

2018.10.26.

いのししが気になって仕方ありません。
「瓜坊」の俳句。



今月に入ってからの趣味の会では、
皆が来年の干支の亥の作製に取り掛かっています。



逞しい雄の猪を作る人がいるかと思えば、
可愛い瓜坊を作る人もいて、
作りかけを見せ合ったりして、楽しく賑やかです。



わたくしも瓜坊を作っているのですが、
皆、見に来ては首を傾げるのです。



「瓜坊って、そんなじゃないわよ」



「それ、猪とちょっと違うね」



でも、わたくしには自信があるのですよ。



というのも、山登りに凝っていた頃、
よく見かけたのです。



山道で大人の猪に出くわしたり、
知る人ぞ知る滝の近くの小屋で飼われているのを見たり。



柵の中には、お母さん猪が瓜坊を2頭連れていて、
本当に可愛かったですよ。



というわけで、
尻尾が犬みたいな猪を作った友人には、
絵を描いて教えてあげました。



そんなことをしていたので、
自分の分の猪は出来上がらずに、
宿題として持ち帰ってきてしまいました。



fstr76_mo.JPG




夕食の支度を終えて、
ほっと一息ついて携帯を見ると、
昼過ぎにピヨ子からメールが来ていました。



「YouTubeで、砂防ダムに落ちた猪を救出する実況中継をやってるよ」



残念なことに、その実況中継はとっくに終わってしまっていましたが、
その録画や関連動画を見て、この騒動がよく分かりました。



北九州市門司区の小森江川にある砂防ダムに猪が2頭迷い込んで、出られなくなってしまいました。



それを近所の人が13日に発見して、
なんとか助けてやって欲しいと役所に言ったのですが、
鳥獣保護法によって、野生動物に手出しができないと、断られてしまいました。



そこには水溜りがあるだけで餌もなく、猪はどんどん衰弱して、
鴉が何羽も飛んできて、体をつついても追い払う元気もなくなってきました。



ネットでそれを知った人々からも役所に続々と援助要請の嘆願が届き、
猪に直接手を触れない方法で助けようということになったのです。








まず第一弾は、高さ6mもの壁から上にスロープをかけて、
それを通って脱出してもらうことでした。



砂防ダムのイノシシ〜救出作戦は いかに…
https://youtu.be/Az6c8FMux7k




ところが、それが上手く行かなかったので、
今度は餌を使って、そのスロープに導いていって、
夜のうちに帰ってくれると信じました。



2匹のイノシシ救出作戦 思うように動いてくれず・・・(18/10/25)
https://youtu.be/-k-Dtj2Fdjo




ところが、それもうまくいかないので、
箱罠を仕掛けて、そこに誘きいれ、
引き揚げて山に返してやるという作戦に切り替えました。



イノシシ捕獲わな設置開始 発見から15日目
https://youtu.be/7mp6_LjVg10




この猪は完全な大人ではなく、去年生まれた若い猪ということです。



これだけ長い間この環境にあって、
それでも衰弱が予想よりも少ないのは、
1頭だけでなく、2頭で一緒にいられたことによるのでしょうね。



どちらも雌というので、きっと姉妹なのでしょう。



早く助かって欲しいですね。



vgf43erers_mo.JPG




では、「瓜坊」の俳句をどうぞ。



瓜坊の俳句
https://youtu.be/la9EfZHapqk




猪は少なくとも犬と同じくらい鼻も利き、人間の3才児くらいの知能があるそうです。



そして、象などと同じように女系的な群れを作り、
お母さんを中心にして集団で暮らすそうです。



砂防ダムに迷い込んだ猪たちの家族は、
さぞかし心配していることでしょうね。



明日こそは山に帰れますように。





ではまた、ごきげんよう・・・





★楽天市場・イノシシ★

★Amazon・イノシシ★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村





posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

いわゆる老人会で、ハート型のポプリを作りました。「香水」の俳句。

2018.08.25.

いわゆる老人会で、ハート型のポプリを作りました。
「香水」の俳句。



お盆休み明けにいわゆる「老人会」に出かけました。



いつものように、健康に関するお話を聞いたり、歌いながら体操をしたりして、
その後は、お楽しみのスペシャルプログラムです。



この会の特徴は、
主催者から一方的になにかを教えてもらったり、指導してもらったりするのではなく、
会員がリーダーとなって、自分のやってみたいことを提案したり、
自分の得意なことを教えたりできるということです。



それがスペシャルプログラムですが、
今回は「ハート型のポプリ作り」でした。







以前にAさんがリーダーになって巾着型のポプリを作りましたが、
今回は、Bさんがリーダーでハート型のポプリを作りました。



いつもながら、材料も全部用意してくれるので、
本当にありがたいことです。



今回のポプリのケースの素材はフェルトで、
テープ状に切りこみを入れて、それを交互に重ねて通し、織物のようにしました。



色の取り合わせによって、
想像もつかなかったような素敵なものが出来上がります。



ハートの上部の丸い部分はピンキングで切って仕上げたので、
とても可愛くなりました。



中には、Aさん提供のラベンダーを入れて、
リボンで蝶々結びにして止めました。



fgty8709y_mo.JPG




右のものはわたくしが家に持ち帰って、
ちょっとアレンジを変えたものです。



リボンを細いものに変えて、
昔、自分で作った造花のブローチを付けてみました。



色々と工夫すると、無限にアイデアが湧いてきて、
本当に楽しいものですね。





xcv7823erersd_mo.JPG




さて、
「香り」の関連で、今日は「香水」の俳句を探してみました。



「香水」は夏の季語ですが、
「香水の日」は10月1日だそうですね。



2010年春、日本フレグランス協会が制定しました。



https://youtu.be/jl5gTIwnh9A


香水やその人既に亡しと聞く

高濱年尾



四面楚歌香水左右の耳朶に

三橋鷹女



香水といふ不可思議な風に遇ふ

上田五千石



香水のうしろにあるを感じをり

岸風三楼



香水の一滴づつにかくも減る

山口波津女



香水の霧かんばしくたちまよふ

日野草城



香水の香のあきらかに身をはなる

中村汀女



香水の一ト瓶終り花の雨

鈴木真砂女



練香水七月の耳朶透きとほる

安住敦



香水の人漱石を読みてをり

小川軽舟




zxyu985fgfg_mo.JPG




「香水」と言えば真っ先に思い浮かぶのは、
古くからの友人です。



わたくしがこの家に越してきてから、
間もなく、洋裁のお得意さんになってくれた人です。



わたくしより少し年上で、
終戦後は満州から引き揚げてきて、
それはそれは苦労した人ですが、
どういうわけか、気が合って、
わたくしを妹のように可愛がってくれました。



いつも高級な服地を持ってきて、
何度も仮縫いをしては、お洒落な服を仕立てました。



元々が美人な上に、子供がいないので、体型の崩れもなく、
どんな服をきても美しく映えて、
わたくしも仕立て甲斐があって、毎回、嬉しかったものです。



もう随分前に、ご主人が会社を畳んで、
今では離れた町に住んでいて、
年賀状のやり取りはあって、お互いが再会したいと思ってはいるものの、
なかなかそうもいかず、
気になったままなのです。




その友人はいつも素敵な香水をつけていたのですが、
あの香水の名前はなんだったかしら、
確かに教えてもらったのですが、
残念なことにもう思い出せません。



でも、香を嗅げば分かる自身はありますよ。



ココ・シャネルは「香りのない女に未来はない」と言ったそうですが、
いくつになっても女性は女性、
わたくしも香りを身につけています。



香りは華やかな気分にしてくれるばかりか、
認知症の予防や改善にもなるというのですから、
上手に活用したいものです。





ではまた、ごきげんよう。。。




★楽天市場・フレグランス★
★Amazon・フレグランス★





ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村







posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

いわゆる老人会で、ほっぺたが筋肉痛になりました。「童謡」の俳句。

2018.07.25.

いわゆる老人会で、ほっぺたが筋肉痛になりました。
「童謡」の俳句。



毎日毎日、本当に暑いですね。



外に出るのが億劫になるどころか、
特に子どもや高齢者にとっては命懸けの猛暑ですが、
家に籠もっていては退化する一方なので、
いわゆる「老人会」に行ってきました。


この「老人会」なるものは主催者や場所、開催日の違いで、
沢山あって、迷ってしまうほどです。



「老人会」嫌いだったわたくしは友人に誘われて初参加して、
新鮮な体験で思いの外楽しかったことと、
そこで出来た友達に誘われて、また他の会にも行ってみたりの繰り返しで、
今では会にいくつも入れてもらっているので、
都合のつくときは参加することにしています。



こういった会が嫌いな夫は、
「また今日も出かけるのか?」と、
最初は呆れていましたが、
今では、わたくしが億劫がっていると、
「今日は行かないのか?」と促してくるようになりました。








さて、今日の会は、
本当は地区外のわたくしは参加できないのですが、
友人の紹介で特別参加して以来、
みんながわたくしの参加を大歓迎してくれるので、
出来るだけ休まないようにしています。



この炎天下を出かけるには、ちょっと遠くて躊躇したのですが、
まるでゴキブリのように、道路の端っこの陰を選んで行ってきました。


trdfs433434_mo.JPG




今回は男性も増えたし、
まだ20代の若者が指導者の見習いで参加していたりで、
顔ぶれも変わっていて、また良かったです。



いつものように歌いながら体操をし、
災害用の準備について、○×クイズをして、
色々と教えてもらいました。



それから、前回からのメニューですが、
「替え歌」コーナーも楽しみました。



わたくしたちの世代がよく知っている古い流行歌や童謡をテーマにして、
各自が替え歌を作るのです。



そして、
各自が歌って披露するのですが、
まあよく思いつくものだと、
感心するような傑作が続々と発表されます。



さらに、
今回はその歌に振り付けをして踊ってくれた人がいました。



まあ、なんという芸達者な人でしょう。



あまりの素晴らしさに、
みんなお腹を抱えて大笑いしました。



わたくしは頬っぺたが痛くなってしまったので、
顔を両手で押さえていると、
右の人も左の人も、口角が上がったまま、固まってしまっていました。



「この企画は楽しいから、次もお願いしますよ」
という声が次々に上がったので、
次回も休まずに行かなければなりませんね。



fd54ewsdsd_mo.JPG




さて、童謡と言えば、7月1日は「童謡の日」でした。



7月1日。童謡の日。(俳句&カレンダー)

俳人1号のチャンネル



童話と童謡の児童雑誌「赤い鳥」は、1918年7月1日、鈴木三重吉が創刊し、
大正9年(1920年)当時の最大発行部数は3万部にも及ぶ大人気でしたが、
1936年8月には鈴木三重吉の死去とともに廃刊になってしまいました。



1934年生まれのわたくしは古いものを見たような記憶があるくらいですが、
この雑誌が誕生したことで、児童のための文学や音楽の文化が花開きました。



「三つ子の魂百までも」という如く、
幼い頃の体験は後々までも大きな影響を残します。



一方、「いくつになっても人間は変われる」という言葉もあります。



戦前・戦中・戦後と生きてきて、
今また世界は大きな変革の時代に入りました。



子どもの頃から体が弱かったわたくしは、よもやこの年まで生きているとは想像もしませんでした。



でも、まだ杖も突かず、日常生活を誰の助けも借りることなく営んでいられるのですから、
本当に幸せなことです。



せっかくの神仏の思し召しですから、
ますます欲張って、色々なことに挑戦して、楽しんでいきたいと思います。




ではまた、ごきげんよう。。。



★楽天市場・赤い鳥★
★Amazon・赤い鳥★

★楽天市場・童謡★
★Amazon・童謡★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村



posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク