スポンサードリンク

2020年04月19日

体温を測ってドキッとしました。「体温」の俳句。

2020.04.10.

体温を測ってドキッとしました。
「体温」の俳句。



年末に夫が亡くなってから、
仏事や様々な手続きやら、なにかと落ち着かなかったのが、
それに重なって起きたウイルスの大爆発で、
ずっと心が落ち着きません。

頼りのピヨ子は帰ってしまったし、
すぐまた帰省してくれるはずが、外出と移動自粛では、身動きが取れません。

マスクをしても手洗いをしても、
人や物と近づくと、そこから感染する可能性があるので、
おとなしく家に籠っているのが最善です。

家の中ではすることも沢山あるけれど、
そして時間も自由に使えるけれど、
いざとなっては、周囲を見回すばかりで、
あっち手をつけ、こっち手をつけして、一向に捗らないのが現実です。







そんな中でふいと思いついて、
久しぶりに体温を測ってみることにしました。

さあ、さて、体温計はどこ?

確か夫の引き出しにあったはずだけど、
ちょっと見当たりません。

夫もわたくしも体温なんてもう何年も測ることがなかったので、
体温計そのものを探すことさえしなかったのです。

ええ、ええ、今でも体温を測る必要性はないのですが、
このウイルス騒ぎで、もし万が一感染でもしたら、
まずは自宅で体温を測ることをしなければなりません。

そこで、これを良い機会に体温計を探すことにしたのですが、
そこいらを探しても見つかりませんでした。

そのことを携帯でピヨ子に話すと、
即座に返ってきた答えがこれです。

「体温なんて、なんででも測れるよ。
確か、あの箱の中に普通の温度計があったよね。
それか、台所の料理用温度計。
あれで十分測れるからやってみてよ」


DSCN5897_R.JPG



ということで、
台所の温度計を咥えてみました。

確か、すぐにピッと音が鳴るはずが、
なかなか鳴りません。

心配になったので、咥えたままで温度を見ようと下目使いにしますが、
白内障の手術を受けた目ではうまくピントが合いません。

そこで、鏡に映して見ることにしました。



y 45wes bdfsa_R.JPG


えっ、39.2℃!?

全然、熱なんてないはずなんだけど。

確か、38.5℃が4日以上続くと危険だから、
相談しなければいけないと聞いたけど。

えっ、えっ、ええっ??

なんだか、熱くなってきたような。

慌てて温度計を口から取り出してみてみると、
36.5℃でした。


sawe4t5eqagr_R.JPG


鏡に映った逆さまの数字を気づかず読んでいただけでした。

ああ、本当に慌てました。

でも、真っ当な平熱で本当によかったです。





ああそうそう、今まだマスクやトイレットペーパーなどが品薄で買えないという声をよく聞きますが、
体温計とそれに使うボタン電池も品切れだそうです。

そういえば、
わたくしがよく行くドラッグストアでも棚が空っぽでしたよ。

その理由は、あちこちで検温が行われるようになったことと、
昔の水銀体温計が危険なので回収されていて、
新しいデジタル式の体温計に買い替える人が増えたからだそうです。

わたくしも体温計を探しておかなくちゃねえ。



gr34vtysbh_R.JPG


では、体温計の俳句をどうぞ。

体温計(いろいろ俳句)

俳人1号のYouTubeチャンネル



寒燈や残る体温掌に惜しむ
柴田白葉女

体温のこる帯が触れゆく春障子
河野多希女

毛糸編むわが体温を移しつつ
辻美奈子

言霊を体温とする冬の山
前田秀子

体温より高き風なり百日紅
内田庵茂

メロン買ひわが体温の紙幣消ゆ
福永耕二

地へ返すわが体温の落椿
小間さち子

体温のあるかに乾く甘茶仏
坂下笑子

一葉落つわが体温を少し奪ひ
望月百代

体温のはなるる空を草の絮
永末恵子



体温は生きている証ですね。

生きとし生ける者は、必ずいつか体温を失う日が来ます。

どんなに元気な人でも、必ずいつかは。

そんな当たり前のことをよく知っていたつもりでしたが、
実はなんにも分かっていなかったということを、
わたくしは夫を亡くして初めて知りました。

自分の体に温もりが与えられている間は、
その限られた時間を大切に過ごしていきたいと、
切に切に思うようになりました。

邪悪なウイルスになどやられないよう、
しっかり栄養を摂って、なるべく外出せずに過ごしましょう。



ではまた、ごきげんよう・・・





★楽天市場・体温計★

★Amazon・体温計★







日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村










posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

令和の最初の日、病院の定期検診に行ってきました。「五月」の俳句。

2019.05.01.

令和の最初の日、病院の定期検診に行ってきました。
「五月」の俳句。




「平成」は昨日で終わり、
今日から「令和」です。


wqerg45bh4fgjtu6_mo.JPG




この「令和」の第一日目に、病院の定期検診に行ってきました。



通院の予定はカレンダーに書き込んでいたので、
その心づもりはしていたのですが、
大型連休なので、病院もお休みでは?とふと心配になって、
電話をかけて確かめました。



多くの病院がお休みですが、
わたくしの病院は休日中の幾日かは診察を行い、
5月1日は診察日となっているとのことでした。



この日の診察は血液検査をするので、
昨夜から食事をしていません。



その上、もう5月だというのに、
お天気が悪くて、気温も低く、
いくら着込んでも寒いくらいでした。



診察の予約は10時半でしたが、
家でブラブラしていても、
空腹と寒さで憂鬱になるばかりなので、
早めに家を出て、病院まで歩いて行きました。



fm6e5kj6_mo.JPG




連休だからか、患者の数は少なめで、
検査も診察もすぐにしてくれました。



診察室に入った途端、
血圧ノートを持ってくるのを忘れたことに気づき、
そのことを申告しましたが、
医師はいつもと変わらぬ笑顔で、
「いいですよ」と許してくれました。



血液検査の結果は「花丸ですよ」ということで、
最近、食べ過ぎ気味で、気になっていた糖尿病もないとのことで、
思わず、万歳をしてしまいました。



その嬉しさの勢いで、
また遠路はるばる歩いて帰り、
途中のスーパーで、沢山買い物もしてしまいました。



そして、玄関を入って靴を脱いだ時点で、
歩数計は12634歩。



いささか疲れはしましたが、
特段、脚が痛むこともなく、
まことに清々しい「令和第一日目」となりました。



dag34qg52yw54nj_mo.JPG



では、「五月」の俳句をどうぞ。



五月の俳句4

俳人1号チャンネル


五月来ぬ心ひらけし五月来ぬ

星野立子



海のいろ五月の空につながれり

登石詩子



服軽くなりて五月の陽に歩む

日野草城



天も地も晴れやかにして五月なり

阿部ひろし



かんばせを上げて五月の風の中

岡部名保子



瀬戸内の五月の海の全反射

丸山敏幸



五月来る海は光のほかになし

松本文一郎



音楽を掘りだす五月の砂丘かな

加室鳴



水張つて日本平らになる五月

熊川暁子



クレヨンの空いろ減りて風五月

小島和子




爽やかな五月の来たことを喜ぶ句ばかりで、
読むと、嬉しさが増してくるような気がします。



こんな素敵な季節に、新しい元号が始まったことに感謝して、
令和の時代も元気で楽しく生きていこうと思います。




ではまた、ごきげんよう。。。








ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

アテントの下着のモニターを申し込みました。「ダンス」の俳句。

2018.11.29.

アテントの下着のモニターを申し込みました。
「ダンス」の俳句。



もうすぐ11月も終り、
さすがに朝夕は冷えるようになってきましたね。



今年の夏はあまりにも暑くてげんなりして、
外出を控えていて、
やっと秋になったかと思えば、今度は台風の連続。



たまに晴れの日が続いたら、それっと外出しようとするのですが、
昔、転んだあとや事故の後遺症やらで、
脚が冷えて痛くて堪らず、思うようにはなりません。



これがまた、脚の調子がいいと思えば、
お尻の具合がいまいちで、
ちょっとした「箱入り」生活になっていました。



直腸脱の手術をしたとき、
3年くらい経ったら、また症状が出てくるので、
再手術の必要があるかもしれないと、言われていましたが、
どうやら、あのときの医師の予言は正しかったようです。



そういうことを愚痴っておいたら、
娘のピヨ子がいい情報を教えてくれました。








アテント下着爽快プラス「はじめてはいた日」篇 30秒
https://youtu.be/JkKEGC9c1Mc




アテント下着安心プラス テレビCM「いろいろなプラス」篇30秒
https://youtu.be/4m0n1CugtxU




外出すると、いつも他人のお尻のシルエットに目が行ってしまうのですが、
この商品なら、気になりませんね。



少し長めのジャケットを着用すれば、完璧でしょう。



★楽天市場・アテント 下着プラス★
★Amazon・アテント 下着プラス★





ということで、わたくしはこのキャンペーンに応募しました。



夫の分も、ついでに。



そして、人海戦術で、ピヨ子も応募してくれたそうです。



当選するのが楽しみですね。



商品が届いた暁には、ご報告いたします。




jhgiurtf6zfdsty_mo.JPG




11月29日は「ダンスの日」だそうです。



明治時代の「鹿鳴館時代」の幕開けを記念して制定された記念日です。



では、「ダンス」の俳句をどうぞ。



11月29日。ダンスの日。(俳句&ニュース)
https://youtu.be/UN3MdvRaILI




ワルツでも踊りましょうかガガンボ
広瀬孝子



米磨げばタンゴのリズム春まぢか
三木正美



年寄りのダンスパーテイー神の留守
上原恒子



夏霧や巴里は毎晩舞踏会
皆吉司



ブラジルのサンバの空の花火かな
森田幸夫



木の芽風フォークダンスの輪の中を
佐藤静水



風に乗りワルツを踊るチューリップ
二俣うしの



寝ころべばワルツを踊る春の雲
暉峻康瑞



ウーと出てマンボと続く潮干狩
佐山哲郎



襟足に残る日焼や舞踏会
櫻岡素子




大人の下着をつけてマラソンをしたり、ダンスをしたり、
様々なスポーツをしたり。



本当に素晴らしいことです。



命ある限り、脳みそも身体もしっかり使って楽しみたいですね。





ではまた、ごきげんよう・・・




★楽天市場・高齢者 下着★

★Amazon・高齢者 下着★






ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村






posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

いわゆる「老人会」でわが町の有名人夫婦に会いました。「薄着」の俳句。

2018.11.24.

いわゆる「老人会」でわが町の有名人夫婦に会いました。
「薄着」の俳句。


先日は久しぶりに、いわゆる「老人会」に行ってきました。



お休みしていた間にメンバーの顔ぶれも少し違っていて、
新しいお友達もできて、楽しかったです。



冬の健康で高齢者が注意することのお話や、
体操や歌など、規定のコースを終えたあと、
いつものように世間話をしていたら、
ドアが開きました。



みんな一斉にそちらを見ると、
半袖短パン、裸足にサンダルの男女が歩いてきます。



会の主催者が言いました。



「あっ、●●さん、息子さんがお迎えですよ」



●●さんは車椅子の女性です。



息子さん夫婦は東京で暮らしていたのですが、
今年になってから、定年で帰郷したのだそうです。



それにしても、
この寒いのに真夏の服装です。



わたくしは身震いしていると、
誰かが言いました。



「あの夫婦はねえ、いつもあの格好なのよ」



「えっ、いつも?」



「そうよ、一年中あの格好なのよ」



「ええ〜〜、寒くないのかしら?」



「全然寒そうにしてないから、もうずうっとあれで過ごして来たんじゃないの。

いつだって、どこに行くにも、あの格好だから。」



「まあ」



「とにかくね、定年前に帰省してた頃からだからね。

もうすっかり有名人なのよ」



43sdfzsda_mo.JPG






会を終えて、ぶらぶら買い物をして家に帰って、
夕食の下準備をしていると、
そこに夫が帰ってきました。



いつもと違って、早足でやってきます。



「おいおい、今日という今日はびっくりしたぞ」



「え?なにがあったの?」



「この寒いのに、半袖短パンの夫婦がいたぞ」



「どこで見たの?」



「○○スーパーだ」



わたくしはすぐに合点して、その容貌を言うと、
その通りだと言います。



「ああ、あの人達はね、有名人なんだって」



長年それを続けているとは、夫婦で考えが同じだからですね。



片方が暑がりで、もう片方が寒がりだったりしたら、
一体どうなったことでしょうか。



それにしても、
子供ならともかく、本当に元気な人たちです。




jkkkkkkkyg76t4ds_mo.JPG





戦時中は寒中でも上半身裸で乾布摩擦をしていたので、
薄着というのは免疫力がつく効果があるとされていますが、
今でも、極端な薄着や裸足教育をする幼稚園などがあって、
それがまた、雪が普通に積もる地方だったり、
南の方の県で真夏に裸足で避難訓練をさせたとか、
インターネットで苦情や相談がたくさん見られます。



さらに、保護者が特に疑問に思っているのは、
指導者は季節に合わせた服装をしているという点です。



大人と子供とは、体の状態が違うので、なんとも言えませんが、
行き過ぎた薄着や裸足教育はどうもよくないですね。



犬や猫でさえ、寒いときにはコートを着るし、暑いときには靴を履くのですから。




gdruy67te5_mo.JPG



では、「薄着」の俳句をどうぞ。


薄着の俳句
https://youtu.be/QNGZINHKY_8




冬浅し薄着自慢の若作り

島田山流



働いて薄着たのしや冬木賊

岡本眸



恐らくば東風に風ひくべき薄着

夏目漱石



厚着の母薄着の児車中にて眠る

右城暮石



長生きの秘けつは薄着のちゃんちゃんこ

古田吉乘



下谷一番伊達の薄着の夜寒かな

佐々醒雪



み佛はもとより薄着額の花

堀内一郎



薄着して肌寒を言ふ月夜かな

日野草城



大寒といふに羅漢はみな薄着

保坂加津夫



働いて薄着たのしや冬木賊

岡本眸



なに思ふ手指動かす母薄着

原田達夫




「伊達の薄着」という言葉が浮かんできました。



それは、季節をちょっとだけ先取りして、
冬のもっさりした厚着を脱いで、いち早く春らしく装うということだと、
わたくしは解釈しているのですが、
年を取ってくれば、そんなことは言っていられません。



代謝が落ちるから、体は冷えやすく、どうして寒がりになるし、
第一、風邪なんど引いた日には、それが肺炎につながりかねないので、
用心には用心を重ねます。



冬は冬らしく、夏は夏らしく。



せっかく、四季の移り変わりがある日本ですものね。




ではまた、ごきげんよう・・・



★楽天市場・セルフメディケーション 薬★

★Amazon・セルフメディケーション 薬★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村








posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

熱中症対策のマイボトルの袋を作りました。「熱帯夜」の俳句。

2018.07.05.

熱中症対策のマイボトルの袋を作りました。
「熱帯夜」の俳句。



関東地方は6月29日に梅雨が明けて、
気象庁が観測を始めてから一番早い梅雨明けとなりました。



日本で他に梅雨が明けたのは、
沖縄が6月23日ごろ、九州が6月26日ごろで、
他の地方はまだ梅雨の真っ只中で、
各地で大雨による被害が出ています。



平年とは違った気象現象が起きていて、
今年の夏はこれまた猛暑になるとの見方も出ています。



7月というのは、まだ体が暑さに慣れていないので、
熱中症にかかる人も急増してくるので、「熱中症予防強化月間」となっています。



総務省消防庁の発表によると、
6月25日から7月1日の7日間の全国の救急搬送者数は3473人で、前週(667人)に比べて2806人増加し、前年同期(1221人)と比べて2252人増加したということで、
やはり、今年は特に気をつける必要がありますね。



昨年の記録では、救急搬送された人の約半数の48.9%が65才以上の高齢者だったということです。



高齢者は体内の水分も少ない上に、
喉の乾きや暑さにも感じにくくなってきているので、
普段から気をつけて、水分を補給しなくてはいけません。



起床後、就寝前、毎食と午前午後のおやつなど、
こまめに水分を摂ることと、
経口補水液を沢山作っておいて、
例え近所でも、お出かけのときは、水筒に入れて持っていくのがいいですね。




njh6565re_mo.JPG



経口補水液の作り方:

水500ml
砂糖20g(大さじ2杯弱)
塩1.5g(小さじ1/3杯弱)

以上を混ぜて出来上がり。



飲み込む力が弱ってきた高齢者などには、
ゼリータイプの経口補水液を飲んでから、
ゆっくりと液状のものを飲むとよいそうですよ。



DSCN3069_mo.JPG




わたくしもちょうどよい大きさのボトルを買ってきたので、
それを入れるのによい袋を作りました。



二重ガーゼの布と、バティックのワンピースの残り布があったので、
組み合わせて縫ってみました。



DSCN3265_mo.JPG

DSCN3067_mo.JPG

DSCN3269_mo.JPG


近年では、どんな大きさの袋でも売っていて、
3月に百円ショップで入学用の布袋を大量に買っている母子を見かけて、
本当に驚いてしまいました。



色々な考え方の人もいるので、決して非難するわけではありませんが、
わたくしは手間暇をかけても、
自分で作るのが楽しくて嬉しいですね。



体操や老人会、趣味の会や買い物や散歩など、
ちょっとした外出にも、
この袋に経口補水液のマイボトルと飴を入れて出かけようと思います。



DSCN3272_mo.JPG



熱中症の情報は以下のサイトで得られます。


総務省消防庁。熱中症情報

環境省。熱中症予防情報サイト

tenki.jp.熱中症情報




nref56rer_mo.JPG




では、「熱帯夜」の俳句をどうぞ。


熱帯夜の俳句

俳人1号のチャンネル



熱帯夜団扇の骨の呟ける

百合山羽公



熱帯夜その帳をば下ろしけり

相生垣瓜人



石段の影訪ね来る熱帯夜

高野ムツオ



汗夜ごと片半身に熱帯夜

山口青邨



団扇ひらひらつかひつ曰く熱帯夜

阿波野青畝



手と足と分からなくなる熱帯夜

五島高資



考えること諦めて熱帯夜

二見宏子



暑くてうんざりするような俳句ばかりですね。



栄養も水分も十分に摂って、
今年も日本の夏を堪能したいと思います。




ではまた、ごきげんよう。。。





★楽天市場・経口補水液★
★Amazon・経口補水液★
★楽天市場・熱中症対策★
★Amazon・熱中症対策★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村






posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

古武術の甲野善紀さんも推薦の「ひもトレ」に嵌ってしまいました。

2018.02.24.

古武術の甲野善紀さんも推薦の
「ひもトレ」に嵌ってしまいました。



先日のこと、
買い物から帰ってきた夫がニヤニヤしながら、
封筒をテーブルに置きました。



「また、ピヨ子がなにか送ってきたぞ」



今回の封筒の中身は本でした。



「ひもを巻くだけで体が変わる!痛みが消える!」





武術家の甲野善紀さんも大絶賛という方法だそうです。








必要なのはただの「ひも」。



ゴムのように伸び縮みのするもの、
登山紐のように絶対に伸び縮みのしないものはいけません。



また、太さは4〜8mmで、丸いものを。



専用ひもも売っていますが、
取り敢えずは、百円ショップのひも、荷造り紐、スカーフなど、ありあわせのもので試しても効果があります。




「ありあわせの紐」と突然言われても、
ちょっと困ってしまいました。



そこで、
抽斗をかき回していたら、
新しい着物の帯締めが何本も出てきました。


DSCN2329_mo.JPG



せっかくですから、
この綺麗な紐を使ってみることにしました。



紐を巻くときに注意することは、
決して締め付けないことです。



緩く、ずれ落ちない程度に巻きましょう。



巻く位置は、「腰」「ウェスト」「胸」「膝」「頭」そして、「たすきがけ」など。


DSCN2332_mo.JPG


こんなもので効果があるはずはない、と高をくくっていたのですが、
動いてみると、確かに違いが出てきました。



脚が高く上がる、
肩が動かしやすい、
猫背が治る、
腰が楽になる、
よく眠れる気がするなど。



スポーツの成績がよくなった、
施設の高齢者の嚥下障害が治った、
坐骨神経痛が治ったなど
様々な効果が報告されているそうです。



ただ紐を巻いておくだけでいいというのですから、
面倒くさいのが嫌な人、
体がきついことは嫌な人、
運動の時間が取れない人にもお薦めですね。




わたくしは家にいるときは、
ウェストに巻き、たすき掛けをし、
そして、鉢巻にして過ごしています。


hhjk8787786_mo.JPG



また、紐で輪を作って、
それを両手首に通して、体操をすると、
より効果があります。



何事も3ヶ月は続けてみなければ、本当の効果は分かりませんから、
真面目に続けようと思います。



わたくしに効果が出てくれば、
夫も真似をして始めるに違いありませんね。



さあ、いつのことになるかしら?






ではまた、ごきげんよう。。。



★楽天市場・ひもトレ★
★Amazon・ひもトレ★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村



posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

胆石の手術で生死の境を彷徨った友人が生還したした。馬場移公子の俳句。

2018.02.09.

胆石の手術で生死の境を彷徨った友人が生還しました。
馬場移公子の俳句。



先日はさと子さんから電話がかかってきて、
また長話をしてしまいました。



実はさと子さんは今年は喪中なので、
年賀状の代わりに喪中見舞いを出しておいたのですが、
その返事ということでした。



「さと子さん、今年はさぞかし寂しいお正月だったでしょうね?」



「それがねえ・・・聞いてよ」






ttsdf5ty_mo.JPG


さと子さんは数年前に癌の手術をしたのですが、
その検診に行ってきて、
癌の再発はなかったものの、
代わりに、持病の胆石に異常が見つかったのだそうです。



昔は胆石を取るには大層な手術が必要だったのが、
今では内視鏡で簡単に取れるようになったので、
痛くなって大事にならないうちに手術をすることに決めました。



クリスマスの日に入院して、
1週間で退院して、お正月は家で過ごせるという予定だったそうですが、
それが3週間もの入院になってしまったというのです。



その訳は、
口から内視鏡を入れて、胆石を取り除くのには成功したけれど、
そのときに膵臓に触れてしまって、
重篤な急性膵炎を起こしてしまったからです。



なんと、
三日三晩というもの意識がなかったそうです。



何本も点滴を受けながら、10日間の絶食を経て、
痛みも無くなってからやっと退院しました。



tthgui878_mo.JPG




「とんだ大当たりのお正月だったわ」



実は、さと子さんは昨年ご主人を亡くして、
今年は喪中につき、お正月のお祝いはしないと決まっていたのですが、
それでも、息子さんたちが来るのに、なんのもてなしもしないわけにもいかず、億劫で億劫で仕方がなかったのです。



「息子だけならいいんだけどね・・・」



それで、これ幸いと、大事には大事を取って、
上げ膳据え膳の快適空間の病院で、ゆっくりとしたお正月を過ごすことにしました。



「もうねえ、ルンルンで入院したのよ」



ところが、
極々簡単で、危険が発生したとしても、何百人に一人という極々安全なはずの手術なのに、
重篤な膵臓炎で生死の境を彷徨うという、
最悪の寝正月になってしまったのです。



「膵臓炎が痛いというのは聞いたことがあったけれど、それはそれは凄まじくてね、
嘔吐の連続ですべての内臓を裏返したような痛みだったわ」





ttbgh67_mo.JPG



さと子さんは今までも何度か大きな手術をして、
生死の境を彷徨ったのですが、
その度に、夢にお母さんが現れて、この世に呼び戻してくれたそうです。



今回も、美しかったお母さんが若い頃の姿で現れて、
何度も何度もさと子さんに言いました。



「さと子、お母さんは今京都にいるからね、
どこにも行っちゃ駄目よ。

絶対にそこから動かずに、じっとしていなさいよ。

お願いだからね。」



お父さん子だったさと子さんは子供の頃からお母さんと折り合いが悪くて、意地悪をされ続けたので、
その環境から逃げたいだけの一心で結婚をしました。



そんな訳で、実家とはずっと疎遠にしていたのが、
お母さんが亡くなる数年前に、何度か電話がかかってきたそうです。



その度に、さと子さんは「今、忙しいから」と言って、
すぐに電話を切っていたといいます。



「あのとき、お母さんは何が言いたかったのだろうと思ってね、少し後悔しているの。

あんなに嫌いだったお母さんなんだけどね、
それでも、たまに会いたくてたまらなくことがあるわ。

でもね、折角、お母さんがくれた命だからね、
一生懸命に長生きするわよ。

それまで、お母さん、待っていてねと、お祈りしてるのよ」



ttfg45weweew_mo.JPG



歳晩や何を知らせに夢の母

馬場移公子



馬場移公子の俳句。1


俳人1号のチャンネル



子は母の影に入りては麦を踏む



ほどく衣の過去たどりゐつ日脚伸ぶ



いなびかり生涯峡を出ず住むか



雪掻きのねぎらはれつつ人通す


ttjhiupp09098_mo.JPG


「さと子さん、今は調子はどうなの?」



「もう何でも食べられるのよ、油もの以外はね」



「そう、よかったわねえ」



「ところがねえ、
あの人からの御見舞だと言って、マカデミアナッツにチョコをごってりまぶしたものを息子が持ってきたのよ。

息子がお正月も出張で頑張っていたというのに、
そして、私が生死の境を彷徨っていたというのに、
一度も顔を出さないで、
ちゃっかりハワイ旅行を楽しんでたってわけ。

そりゃあね、来てほしいなんてことは思わないけどね」



「おやまあ・・・」



さと子さんは今度は胆嚢を取る手術をするそうです。



女優の岩下志麻さんも持っているという胆石ですが、
やはり、根本的に治療するには、胆嚢そのものを取ってしまうのが一番です。



「おいそれとくたばって堪るもんですか!?

今度の手術に向けて、しっかり体力をつけておくわよ」



ttg65rtr465_mo.JPG



あら、
わたくしも胆石ではないけれど、結石で死にそうになったことを思い出しました。



また、今度お話いたしましょう。



ではまた、ごきげんよう。。。





★楽天市場・結石 対策★
★Amazon・結石 対策★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

冬のお肌のお手入れに、臭くない「生馬油」を貰いました。「霜焼」の俳句。

2018.01.16.

冬のお肌のお手入れに、
臭くない「生馬油」を貰いました。
「霜焼」の俳句。


先日は今年初の趣味の会に行きましたが、
いつものように竹子さんが、車で送ってくれました。



お世話になっているお礼として、
年末にピュアココア
ミックスナッツ・ドライフルーツ小袋セット
をあげたのですが、
とても美味しかった、娘さんがきっちり半分持って帰ったなどと、
とても喜んで話してくれました。



DSCN1982_mo.JPG



そして、
そのお返しにと、馬油をくれました。



昔から、馬の油は人間の皮脂の成分に近いので、
美容にも腰痛などのマッサージにもよく効くと言われてきました。



あの「蝦蟇の油」も本当は馬油だという説もあるほど、
古くから使われている万能油ですね。



わたくしも何度か使ったことがあるのですが、
ちょっと匂いが気になって、使うのをやめてしまいました。



ところが、
今回、竹子さんがくれた横濱馬油商店の「生馬油」は匂いが気にならないのです。



これは「こうね」といって、たてがみの下の部分の希少な部分から取れた油で、
添加物や保存料が一切入っていないので、
口などに入っても安全ですから、
安心して使えます。


DSCN1983_mo.JPG



顔に付ければ、皺や染みに効き、
頭に付ければ白髪にも効くというのですから、
さっそく塗ってみました。



肌にすっと馴染んで、べたつかなくて、気持ちがいいので、
毎日せっせと使っています。



効果が気になって、
鏡ばかり見てしまいますが、
気のせいか、少しだけ、若返ったような。



DSCN1987_mo.JPG




そうそう、
瓶入りの馬油は冷蔵庫にしまっておくと、
臭くならないそうですよ。



それでも気になるなら、
ラベンダーやミントなどお気に入りの精油をほんの少し混ぜるか、
最初から香りつきの馬油を購入するのが良いとのこと。



それから、
古い馬油は靴や鞄など、革製品のお手入れに使えるので、
最後まできれいに使い切りたいものです。



DSCN1985_mo.JPG

★楽天市場・横濱馬油商店★
★Amazon・横濱馬油商店★





馬油で手をマッサージしていると、
子供の頃の記憶が蘇ってきました。



昔は暖房も十分ではなかったので、
霜焼や罅、皹など当たり前でした。



体質もあるのでしょうが、
わたくしは霜焼にも罅・皹もなったことがありません。



でも、
同級生たちは霜焼になって大きく膨れた指をしている子が大半で、
見栄えが悪いのはいうまでもないのですが、
痛いし、痒いし、可哀想でした。



特に気の毒だったのは掃除の時間です。



当時は教室の床や廊下は濡れ雑巾で走って拭いていて、
バケツにくんだ冷たい水に雑巾を濯いでは、
それを絞って使うので、
本当に冷たく、霜焼の手には染みて痛いのです。



霜焼でなくても、冷たいし、絞るのが面倒だから、
雑巾がビショビショのままで拭きます。



それを先生に見つけられたら、
すぐに叱られるのですが、
それでも、生徒たちは止めませんでした。



というのも、
冷たい、面倒という以外に、
よく絞った雑巾を使うと、床がすぐに乾いてしまうので、掃除した証拠がすぐになくなってしまうからなのでした。




zzyt67_mo.JPG




さて、
当時は今のように塗り薬が豊富ではなかったので、
手荒れにはメンソレータムやワセリンを使っていました。



例えば、
農家で藁を使って仕事する男性は特に手が傷つきやすいので、
ワセリンを塗っていました。



わたくしの養家にも実家にも、
大きな缶入りのワセリンがあったものです。





zcx545rreer_mo.JPG


では、「霜焼」の俳句をどうぞ。



霜焼の俳句。1
https://youtu.be/56twXXRHaAc




霜焼のかゆきにつけて母恋うて

成瀬櫻桃子



霜焼や叱つてばかりゐる子にて

中村汀女



凍傷の手もて岳友に花捧ぐ

福田蓼汀



霜やけや娘の指のおそろしき

正岡子規



雨聞くや凍傷薬を耳にもぬり

秋元不死男



海苔場あり凍傷の手の女らに

市橋一男



霜焼のかなしき右手をさすりつゝ

星野立子



父祖の血を承けけり頬の霜焼も

不破博



今の子どもたちは昔のように霜焼の手もしていないし、
青洟を垂らした子も見かけなくなって、
小奇麗になりました。



それだけ生活が快適になったということですが、
心身ともにひ弱にもなったと言われていますから、
なかなか難しいものですね。





ではまた、ごきげんよう。。。




★楽天市場・ハンドケア★
★Amazon・ハンドケア★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村



posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

眼科の定期検診に行ってきました。「乗初」の俳句。

2018.01.08.

眼科の定期検診に行ってきました。
「乗初」の俳句。


年明けのカレンダーチェックで、
先ず最初にすることは病院の予約です。



それぞれ病院も日にちも違うのですが、
わたくしも夫も最初の通院は眼科になっています。



ということで、
眼科に行ってきました。



朝10時の予約ですが、
電車の時間の都合もあり、
そして、早く行けば早く診てもらえるかもしれないので、
8時半に家を出ました。



今年初めて電車に乗るのですから、
「初電車」「乗初」ということになります。



通勤の時間帯だからでしょうか、
それとも、冬休みで出かける人が多いからでしょうか、
それから、急行と普通の乗り換えの人もいたからでしょうか、
とにかく、結構な混雑ぶりでした。



病院もこれまた、大変な混雑ぶりです。



いつもにも増して多かったのが高齢者の夫婦で、
片方が片方の付き添いというよりも、
二人揃って患者という夫婦が大半に見受けられました。



子供はほんの二三人で、
それぞれ、親が付きそっていました。



mmjko9hvhg_mo.JPG




「ちょっと早く着きすぎてしまいました」と、
受付に言うと、
間もなく検査に回してくれました。



それから、すぐに診察で、
これもまあ早いこと早いこと、
慣れた手順で器械で診察して、
いつものように
「黄斑変性が進んではいますが、まだ心配するほどのことではないので、もう少し様子を見ましょう」
と言われました。



現時点では、
黄斑変性は手術をしても必ずしも予後が良いわけではないし、
注射の効き目も限られているのですから、
このまま何もしないで様子を見ていれば、
そのうち、素晴らしく良い治療法が開発されることでしょう。






mmyfu6767df_mo.JPG



以前、何かで読みましたが、
患者の死亡率が最も高いのは、
よく病院に行って、投薬や手術などの治療を行う人だそうです。



つまり、
ある程度以上お金と暇があって、
健康にお金をつぎ込む人ほど、
残念な結果になる可能性が高いというそうで。



考えてみれば、
なるほどとも思えますね。



「病は気から」



容易に治せる病気なら、積極的に治療を受けるべきですが、
そうでもないなら、なるべく病院や薬、健康食品などには近寄らず、
普段の生活を見直す方が賢いのかもしれません。



mmgv887trr_mo.JPG


では、「乗初」の俳句をどうぞ。



乗初の俳句。1
https://youtu.be/ALbU9MyiIao





吊革の海が傾く初電車

秋田牧女



乘そめや惠方參りの渡し舟

正岡子規



鉄橋の歓声に遭ふ初電車

上田五千石



侵されぬ天の蒼さや初飛行

渡邊水巴



まだ動く燈のなき時に初電車

山口誓子



両眼煌煌と初電車現わるる

鈴木淳一



おとなしく人混みあへる初電車

武原はん女



乗初の車中キャラメルかほるなり

高澤良一



無人駅へも人こぼす初電車

阿波野青畝



新年の希望に溢れる活気に満ちた光景が目に浮かんできました。



今年は国の内外で、大きな変化が起こると見られています。



戦前戦中戦後を生きてきたわたくしたちは、
しっかりと目を開けて、
歴史の移り変わりを見届けたいと思います。





ではまた、ごきげんよう。。。



★楽天市場・乗り物★
★Amazon・乗り物★









日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:56| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

友人の兄嫁さんは、絶対に帰って来ぬ人を待ち続けているそうです。

2017.10.06.

友人の兄嫁さんは、
絶対に帰って来ぬ人を待ち続けているそうです。



先日は図書館の帰りに、
友人にぱったり会いました。



友人は息子さんの家族と一緒になって、
お兄さんが亡くなってからも、
兄嫁さんの面倒を見ています



兄嫁さんはお兄さんが存命の頃から、
いわゆる「まだらボケ」の状態で、
なかなかに対応が大変なのです。




zvc56g_mo.JPG



兄嫁さんは何か不安なことが出てくるとすぐ、
時間も構わずに、
友人や息子さんに携帯をかけてきます。



物がないなんていうのは、
いつものことです。



ある日の真夜中のことです。



友人が眠っていると、
携帯の音が鳴り響きました。



「ねえねえ、大変なのよ。

明日は病院の日だから、
あなたがつれに来てくれる前に準備をしておこうと思ったのに、
健康保険証がないのよ」



「あら、お義姉さん、
病院は明日じゃなくて、来週よ。

それに、健康保険証なら、この前病院から帰ってきて、
いつものところに仕舞ったじゃないの」



「そうだった?

でもね、それがね、ないのよ」



「引き出しの中をちゃんと捜したの?」



「引き出しの中のものを全部出して捜したわよ」



「まあ、おかしいわねえ」



「泥棒が盗って行ったのかしら?」



「泥棒にでも入られたような感じなの?」



「それがそうでもないのよ。

だからこそ、気味悪いのよ」



「怖い、怖い」と言って、
兄嫁さんは泣き出してしまいました。



「じゃあね、明日は病院の日じゃないけど、
そちらに行くから、
一緒に捜しましょう」




zdf54ewewe_mo.JPG



翌日のこと、
友人は急用が出来て外出しました。



帰ってきて、忘れて行った携帯を見ると、
お義姉さんからの着信が入っています。



それで、
お義姉さんの携帯にかけ直したところが、
何度かけても出ません。



ときどき、
お義姉さんは気に入らないことがあると、
わざと友人の携帯を無視することがあるので、
また今度もその手かと思いましたが、
それでもやはり心配になって、
慌ててお義姉さんのところに駆けつけました。









すると、
お義姉さんが泣きついてきました。



「ねえねえ、今度は携帯を盗られたのよ。

やっぱり泥棒が入ったのよ」



「まさかそんなことはないでしょう。

だって、今朝、携帯をかけてきてくれたでしょう?」



「いいえ、私、あなたに電話などかけませんよ」



「まあそうなの?

でもちゃんと着信が残っていたわよ」



「でも、それ私じゃないよ」



「そう?

でも、お義姉さんの携帯からの着信履歴があるんだから、
お義姉さんがかけてきたんでしょう?」



「それでも私じゃないのよ。

だって、肝心の携帯がないんだもの」



「あらまあ、困ったわねえ。

とにかく一緒に捜してみましょう。

先ず、健康保険証からね」








居間に行くと、
引き出しの中身をぶちまけてあって、
その中に、ちゃんと健康保険証があったそうです。



それからさんざん探し回ったけれど、
ついに携帯電話はみつかりませんでした。



捜し疲れて、
一旦休憩、お茶の時間としました。



友人が汗だくになって、家中探し回っている間、
お義姉さんは涼しい顔をして、テレビを見ていたのですが、
急に振り向いて言いました。



「私にはチョコレートのアイスクリームを出してちょうだよ」



「はいはい」



友人が冷凍庫を開けると、
なんと、そこにはお義姉さんの携帯電話がカチコチになって鎮座ましていたそうです。



zvc5454ert_mo.JPG





そういう騒ぎは毎度のことで、
お兄さんが亡くなったあとのことを色々したくても、
書類や貴重品なども、行方知れずで、
一体どこにあるのか分からないとのこと。



あんなに趣味が沢山あったのに、
今では家でテレビを見ているだけの生活になったお義姉さんは認知症が進んできています。



そこで、
老人ホームに入って貰おうと思って、
何度も話をするのですが、
お義姉さんは頑として承知しません。



まだ入院中ということになっているお兄さんを待っているというのです。



「あの人が帰ってきたときに、
もしも、私がここにいなかったら、
あの人は帰ってくる場所が無くなってしまうのよ。

あなたたちには世話をかけているけれど、
そんな可哀想なことはできないわ」








そして、
病院に御見舞に行きたいと、
何度もせがむのです。



その度に、
友人や息子さんは宥めます。



「今日は駄目、明日は駄目ってばかりで、
あなた達、どうしてそんな意地悪ばかりするの?」



怒る兄嫁さんに対してすることは、
もう決まっているそうです。



「じゃあ、病院に電話をかけて聞いてみましょうね」



病院には予め頼んであって、

「今日は検査があって駄目なんですよ」

「ご主人が奥さんに元気でいるようにと言伝されました」

「来週なら大丈夫だと思いますよ」

などと、
話を合わせて貰います。



すると、お義姉さんは大人しく納得するのだそうです。



ztrdfdf34_mo.JPG




お兄さん夫婦はいわゆる政略結婚で仲がよくなくて、
子供も生まれなかったし、
喧嘩をしてはよく「プチ家出」をしていたお義姉さんだそうですが、
「今では純情な乙女みたいなのよ」と、
友人はちょっぴり淋しそうに微笑みました。



友人のご主人は大変忙しい人で、
年の半分くらいは国の内外を飛び回っていました。



定年になったら一緒に旅行をしようというのが約束だったのですが、
その定年になるほんの2年前に亡くなってしまったのでした。



「心配の種は尽きないけれど、
将来のことを考えて暗くなっているだけ損だから、
せいぜい楽しく過ごしましょうよ」



「本当にその通りよねえ。

また今度お茶でも飲みましょう」



「元気でね」




ではまた、ごきげんよう。。
















日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク