スポンサードリンク

2019年12月22日

今年最後の日本伝統俳句協会のWeb投句箱に投句しました。「冬至湯・柚子湯」の俳句。

2019.12.21.
今年最後の日本伝統俳句協会のWeb投句箱に投句しました。
「冬至湯・柚子湯」の俳句。





昨日は12月20日、
日本伝統俳句協会のWeb投句箱の締め切りでした。



今年もあと10日ほどということになれば、
いよいよ気ぜわしくて、俳句のことなどすっかり忘れていました。



いやいや、本当は頭の片隅にほんの小さくあったけれども、
投句係のピヨ子が言ってこないので、知らんふりをしていたのです。



今回はこのままパスできそうだとほくそ笑んでいたら、
前日の夜になって、ピヨ子から投句を促すメールが来ました。



そこで、わたくしは携帯をかけて、
「今回は忙しいし、気が乗らないからパスしようかな」
と告げると、
「なにを言ってるの?休み癖がつくとボケるよ。たったの2句だし、すぐ出来るんだから、お願いしますよ」と、
やけに朗らかな声で言われてしまいました。



「ボケるよ」という決め台詞の前には、80有余年生きてきて、最近物忘れが気になってきたわたくしはひれ伏すしかありません。



そこで、長い句歴に物を言わせて、
脳みそをひっかきまわし、ピヨ子が送ってくれた俳人諸氏のお題「短日」の名句を参考にして、
チャチャと2句捻りだし、無事投句に相成りました。



今回は特に手抜きではあるけれど、
結果を楽しみに待ちたいと思います。



drtyh5shxd_R.JPG



さて、このWeb投句箱、来年の1月のお題は「松の内」です。



しめ切りは1月20日、
発表は2月初めの予定。



この会から選者が代わるようですね。



今井肖子(いまい しょうこ)さん。



2000年より母千鶴子の手ほどきで作句を始める
2004年日本伝統俳句協会賞受賞
句集『花も亦』
卯浪俳句教室講師、ホトトギス同人
好きなもの:スウォッチ、数学、日本酒

引用:日本伝統俳句協会http://haiku.jp/home/make/web-touku/



高浜虚子の兄・池内政夫の子の今井つる女の孫にあたる人ですね。



心機一転、来年も頑張りましょう。



dr65weysuh_R.JPG



明日は冬至ですね。



一足早く、「冬至湯」の俳句で温まっていただきましょうか。



冬至湯・柚子湯の俳句。1
https://youtu.be/TxXikVsiv9Y

俳人1号のYouTubeチャンネル



ささやかな贅なり柚子湯あふれさせ

伊藤憲子



少し早めに帰る柚子湯に入るため

岸田稚魚



一句成せずのぼせてしまふ冬至風呂

布川直幸



命ありがたし柚子湯に刻忘れ

乗光雅子



にこにこと湯ぶねの柚子の寄りきたる

柴田佐知子



花のごとてのひらひらく柚子湯かな

岡部玄治



生まれ出るごとくに柚子湯上がりけり

高橋悦男



柚子湯出て妻のクリーム少し塗る

雨宮昌吉



柚子湯して黄金に埋もれゐるごとし

鷹羽狩行



十年は死なぬつもりの冬至風呂

笠間圭子



どの句も、柚子湯に浸かっているようなよい気持にさせてくれました。



わたくしの実母はお風呂が大好きな人で、
冬至の柚子、端午の節句の菖蒲は言うまでもなく、
松の葉、大根の葉、蓬、菊、蜜柑など、思いつくものはなんでも風呂に入れては、
家族を楽しませ、喜ばせ、そして、たまには驚かせてくれました。



sdfgrsgbh_R.JPG




娘のピヨ子がいまだに言うのは、
パイナップル風呂です。



あれは、わたくしの末の弟が結婚したときのことでした。



当時は結婚式は自宅で行っていたものですが、
親戚一同、友人知人が集まり、近所の人も手伝ってくれて、
大変盛大なものでした。



そのとき、弟の一人が台湾土産にパイナップルを何個か買ってきたのです。



当時、パイナップルはまだまだ珍しい果物で、
みんな大喜びでした。



あっという間にお皿は空っぽになると、
お調子者の甥が残された皮をつまみ上げました。



その厚く剥いた皮にはまだ美味しそうな実が残っていて、
甘い香りを放っては誘惑するのです。



ああ、語るのも恥ずかしいから、その後は書きませんよ。







その夜、お風呂の戸を開けたら、
まあ、夢のような香りがするではありませんか。



あのパイナップルの皮がわたくしたちより先に湯舟に浸かっておりました。



「お祖母ちゃんが入れてくれたんだねえ」



ピヨ子が歓声を上げて湯舟に入りました。



わたくしもパイナップルの皮の実のところを肌に当てて、
うっとりと、南国の楽園にいるような気分に浸っていたのですが。



結論から言いますと、
パイナップルの皮だけは止めた方がいいですね。



トゲトゲがあるので、肌がチクチクするのです。



パイナップルの酵素は肉を柔らかくするとかで、
肌がスベスベになるのですが、
これも体質によっては強すぎるようです。








母はお洒落な人で、
年を取っても独自の美容法をしていました。



今ごろ、天国でパイナップル酵素でピーリングなどしているかもしれませんね。



わたくしも負けずに、いや、ほどほどにお肌のお手入れを続けます。






柚子湯、湯冷めしませんように。



ではまた、ごきげんよう・・・。




★楽天市場・入浴剤★

★Amazon・入浴剤★









日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村








posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

日本伝統俳句協会のWeb投句箱の結果が出ました。「十二月」の俳句。

2019.12.01.

日本伝統俳句協会のWeb投句箱の結果が出ました。
「十二月」の俳句。




今日から12月です。



年を取れば取るほど時間が短くなるというのは本当ですね。



昨日、
先月20日に投句した日本伝統俳句協会のWeb投句箱の選句の結果が出ました。



お題は「落葉」でしたが、
残念ながら、わたくしたちの名前はありませんでした。



まあ、それは予想通りでしたから、
次の回にまた参加しましょう。



次回のお題は「短日」。



「日短」「暮早し」。



しめ切りは12月20日、発表は月末、
選者は小川龍雄さん。



参加はインターネットから、無料で。



詳しくはこちら




drngftyerjdnmuhk,gvjhg_R.JPG





現代俳句協会のインターネット俳句会は年内再開を目指して、
システム再構築中とのことです。



待ち遠しいですね。



tysgzsa35t4qargfzd_R.JPG




では、「十二月」の俳句をどうぞ。



十二月の俳句。5



俳人1号のYouTubeチャンネル




山深くはたらく音や十二月

春川暖慕



鯉運ぶ水美しき十二月

皆川盤水



シナモンの香の十二月あたたかし

高田令子



白鳥を浮べ晴れ晴れ十二月

佐藤鬼房



火の色やけふにはじまる十二月

日野草城



小気味よき鋏の音や十二月

佐藤章恵



御仏の貌美しき十二月

角川春樹



わが前をわが影急ぐ十二月

有山八洲彦



風の日の雲美しや十二月

有働亨



なほ学ぶこころのありて十二月

長志げを




新しい年を気持ちよく迎えるための12月、
寒いけれど、わくわく楽しく美しい。



令和最初のお正月を清々しい気持ちで迎えられるよう、
出来るだけの準備をしたいと思います。




ではまた、ごきげんよう・・・。



新日本カレンダー 2020年 カレンダー 壁掛け 俳句の日めくり NK8813
新日本カレンダー 2020年 カレンダー 壁掛け 俳句の日めくり NK8813





月額\980で読み放題。初回30日無料体験。
↓  ↓  ↓
★Kindle Unlimited ★




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村





posted by 八十路小町 at 13:56| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

日本伝統俳句協会のWeb投句箱に投句しました。石田波郷の俳句。

2019.11.21.

日本伝統俳句協会のWeb投句箱に投句しました。
石田波郷の俳句。




昨日は11月20日、
日本伝統俳句協会のWeb投句箱の締め切り日でした。



今月のお題は「落葉」で、提出は2句までだと、
投句係のピヨ子から言ってきたのが2日前。



ピヨ子は忘れているに違いないから、
わたくしも忘れていたことにして、
今月はサボろうと考えていたのですが、
すっかり当てが外れてしまいました。



でも、そこは昔取った杵柄、
早業で2句作ってピヨ子に携帯電話をかけて口頭で伝えました。



メールでもいいのですが、やっぱり口で言うのが一番楽ちんで早いですね。



まあ、これで一安心です。



grew43qrgasd_R.JPG




さて、次回のお題が出ていました。



「短日」



しめ切りは12月20日、発表は月末の予定です。



今月も選者は小川龍雄さんということで、
楽しみですね。



参加は無料、インターネットで完結するので、手軽でいいですね。



詳しくはこちら
  ↓  ↓
http://haiku.jp/?page_id=2895







去年の今頃は、わたくしたちはこの日本伝統俳句協会のWeb投句箱を知りませんでした。



というのは、長年にわたって、現代俳句協会のインターネット俳句会に参加していたからです。



ところが、この近年、インターネットが大きく進歩してきて、スマホも普及し、
古いままではなにかと具合が悪いところが出てきたので、
この度、システムを大々的に替えるということで、
俳句会がお休みなのです。



すぐに再開されると期待していたのに、
大規模改革らしくて、なかなか再開されません。



それで俳句を中断する期間が延びれば、楽すぎて脳みそが退化してしまう危険性が出てきました。



そこで、投句係のピヨ子が日本伝統俳句協会のWeb投句箱を探してきてくれたという次第です。








さて、その現代俳句協会は東京では石田波郷・神田秀夫、関西では西東三鬼が中心となって、
1947年(昭和22年)9月に結成されました。



そのとき代表となったのが石田波郷です。


Ishida_Hakyo_R.jpg


石田 波郷は1913年(大正2年)3月18日 に愛媛県温泉郡で生まれ、 1969年(昭和44年)11月21日に亡くなったということで、
11月21日は石田波郷の命日に当たります。



石田波郷の俳句。1

俳人1号のYouTubeチャンネル



バスを待ち大路の春をうたがはず



西日中電車のどこか掴みて居り



夜桜やうらわかき月本郷に



萩青き四谷見附に何故か佇つ



ニコライの鐘の愉しき落葉かな



冷奴隣に灯先んじて



一高へ径の傾く芋嵐



いつも来る綿虫のころ深大寺



風呂吹に機嫌の箸ののびにけり



雀らの乗つてはしれり芋嵐




石田波郷は明治大学に入学するため上京して以来、
関東に暮らしたので、まだ自然が沢山残っていた当時の情景が眼に浮かぶようです。



それにしても、このところの天候は暖かかったり寒かったりで、風邪を引いている人も多いですね。



風邪の予防には、緑茶や紅茶を頻繁に飲むこと、
それも、ウイルスの通り道となる喉をゆっくり通過するように、ゆっくり飲むのがよいそうです。



飲み物や汁物には少しトロミをつけると、
ゆっくりと喉を通過して、噎せないので安心ですね。



水でむせやすい人のための息こらえ嚥下 口腔ケアチャンネル 1025(口腔ケアチャンネル2 #698)




誤嚥性肺炎にならないよう、日々、気を付けたいと思います。




ではまた、ごきげんよう・・・



肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい
肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい










日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村








posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

日本伝統俳句協会のWeb投句箱の結果が出ました。「十一月」の俳句。

2019.11.01.

日本伝統俳句協会のWeb投句箱の結果が出ました。
「十一月」の俳句。



早いですね、今日から11月です。



昨日、日本伝統俳句協会のWeb投句箱の結果が出ました。



この回のお題は「夜寒」でした。



締切間近に作って投句したので、大して期待はしていないのですが、
それでも、さっそくホームページを開いてみました。



おおっ、娘のピヨ子の句が選ばれていましたよ。



わたくしよりも手抜きで詠んでいるのに、いやはや、なかなか素晴らしい出来ですね。



賞金稼ぎではないので、選ばれたからといって、どうってことはないのですが、
それでもやはり、大きな励みになりますね。



インターネットのなかった頃は、俳句でも短歌でも葉書や便せんに書いて、
それを郵便で投稿するのが当たり前でした。



これがまた、なかなか大変。



葉書がない、切手がない、書き損じた、
せっかく書いたのに、投函するのを忘れた、
投函したけど、締め切りに間に合わなかった。



ところが、今では、家から一歩も出ないで、しかも、用紙も切手もいらず、投稿ができるというのですから、
まことに便利で嬉しいことですね。



次回もボケ予防に投句いたしましょう。



sgddert4qwharyr_R.jpg



次回のお題は「落葉」
「落葉掻」「落葉籠」「落葉焚」も。



締切は11月20日、
発表は月末です。



選者は今回と同じ、小川龍雄さん。



投句はこちらから。
  ↓  ↓
http://haiku.jp/?page_id=2895



yokhytr34rfgdgh_R.JPG




では、「十一月」の俳句をどうぞ。



「十一月」は冬の季語です。



十一月の俳句。2

俳人1号のYouTubeチャンネル



謙虚なる十一月を愛すなり

遠藤梧逸



縞織つて十一月の風の音

鷲谷七菜子



家族ゐて十一月のはじまりぬ

藺草慶子



十一月火の美しきたそがれを

森澄雄



十一月神の醸せし酒にほふ

栗原稜歩



富士入れて十一月の湖碧し

安達幸代



十一月街路樹の色ゆたかなる

作山和子



十一月握手の上に掌を置きて

飯島晴子



この国の十一月は椿咲く

高野素十



コーヒ濃し十一月の終りけり

森田峠



晩秋、そして初冬と移り変わる十一月。



日本はどの季節もそれぞれ美しく趣があります。



しかし、気候が大きく変わるので、それに対応するために、衣服を整えたり、家の内外を整えたり、毎年毎年、忙しいことの繰り返しです。



常夏の国では、衣服についても種類も数も少なくて済みます。



近年流行りの「ミニマリスト」はそういう生活が理想なのかもしれません。



確かに、お金も時間も節約できるけれど、
否応なしに流れていく人生の貴重な時間に、一本一本杭を打つように、
丁寧に暮らしていく、この日本の生活は大変価値が高いものと思います。



さあ、最後の森田峠の俳句ではありませんが、
今日も美味しいコーヒーをいただきます。



自分で豆を煎って、ゴリゴリと挽いて、そしてネルの濾し袋でドリップする、
その過程は時間も手間もかかるので、時には面倒くさい気がするのですが、
一杯一杯、丁寧に淹れて、丁寧に味わいたいと思っています。





ではまた、ごきげんよう・・・










ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。

送料無料で買えば買うほどお得。
  &
音楽、ビデオ、読書などが無料で楽しめる。

特典多数の30日無料体験をする!!
  ↓  ↓  ↓
★ Amazon Prime ★




月額\980で読み放題。初回30日無料体験。
↓  ↓  ↓
★Kindle Unlimited ★




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

日本伝統俳句協会のWeb投句箱に投句しました。「ラグビー」の俳句。

2019.10.21.

日本伝統俳句協会のWeb投句箱に投句しました。
「ラグビー」の俳句。



昨日は10月20日、
月に一度の宿題の提出日でした。



日本伝統俳句協会のWeb投句箱の今回のお題は「夜寒」。



一人2句まで、ということで、
昨日俄かに2句作って、投句係のピヨ子に提出しました。



実は、何度かメールで知らせてくれたのですが、
他のことに神経が行っていて、
すっかり忘れていたのです。



現代俳句協会のインターネット俳句会のときは、
わたくしは結構時間をかけて作句していたのですが、
ピヨ子ときたら、締め切り日にご飯を食べながら作って投句し、
それが結構点数がついたりするものだから、
感心するやら呆れるやら。



日本伝統俳句協会のWeb投句箱はわたくしもちょっと気が抜けていて、
「今回は面倒だからパス」というときが何度もあったのですが、
その度に、ピヨ子に「ダメダメ、なんでもいいからとにかく2句作って」と催促されているのです。



何にもやらないよりは、手抜きでもなんでもやった方がいい。



ということで、今回も手抜きでやってみましたが、
我ながら案外良い句ができてきて、
自分を見直したりもしています。



まあ、人間も動物だから、サボって暮らせるなら、どんどん安易な方に流されます。



それは、即ち、今までに身に着けた能力の喪失を意味します。



ああ、恐ろしい、甘い罠ですね。




ertyr67_R.JPG



さて、俳句に話題を戻します。



日本伝統俳句協会のWeb投句箱の次のお題は「落葉」。



子季語は「落葉掻」「落葉籠」「落葉焚」なども。



締切は11月20日、発表は月末です。



選者はいつものように小川龍雄さん。



一人2句まで。俳号が使えます。参加も無料。
  ↓  ↓  ↓
http://haiku.jp/?page_id=2895



現代俳句協会のインターネット句会は年内の再開に向けて、準備中だそうです。



楽しみですね。



65rtdhrsae3efrgh_R.JPG




さて、秋も深まったこのところ、
「食欲の秋」「読書の秋」「勉強の秋」ばかりでなく、
日本を一番賑わしているのが「スポーツの秋」で、
ラグビーではないでしょうか?



ラグビーについては全く知らないので、
まず、ルールから勉強してみました。



ラグビーのルール




ラグビーは秋から冬にかけて試合が多いので、
俳句の世界では冬の季語です。



昭和初期に山口誓子らが盛んに詠んだことから、
定着した新しい季語ですね。



ラグビー(いろいろ俳句)

俳人1号のYouTubeチャンネル




ラグビーのしづかにボール置かれけり
岸本尚毅



走る走る走るラグビーの男
秋山巳之流



ラガー等の胴体重なり合へば冬
渡邊白泉



静寂はラグビーボール立ててより
松村史基



秋風の一塊となりラガー来る
石寒太



ラガーらの雄しべのごとく圓となる
加藤三七子



ラグビーの頬傷ほてる海見ては
寺山修司



ラグビーや敵の汗に触れて組む
日野草城



ラグビーの渦潮とけて奔りいづ
水原秋櫻子



ラグビーのまぢかの拍手あびてかへる
波多野爽波




ラグビーワールドカップ2019 日本大会 ハイライト
スポーツ観戦・無料体験中





日本チームが大活躍して、
台風が立て続けにやってきて被害を受けた日本人を励ましてくれました。



これからも頑張ってほしいですね。



ラグビーなどという競技には一生無縁だと思っていたので、
長生きしていて、本当によかったです。





ではまた、ごきげんよう・・・




★楽天市場・ラグビー★
★Amazon・ラグビー★





ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。

送料無料で買えば買うほどお得。
  &
音楽、ビデオ、読書などが無料で楽しめる。

特典多数の30日無料体験をする!!
  ↓  ↓  ↓
★ Amazon Prime ★




月額\980で読み放題。初回30日無料体験。
↓  ↓  ↓
★Kindle Unlimited ★




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村









posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

日本伝統俳句協会・Web 投句箱の結果が出ました。「十月」の俳句。

2019.10.01.


日本伝統俳句協会・Web 投句箱の結果が出ました。
「十月」の俳句。




今日から10月です。



先月20日に投句した日本伝統俳句協会のWeb投句箱の結果が出ました。



この会は現代俳句協会と異なって、
互選制ではなくて、選者が選んで発表するという形式です。



8月、9月と連続して佳作に選ばれましたが、
今回はわたくしの句もピヨ子の句もありませんでした。



jhgmur76rsrt_R.JPG



次回のお題は「夜寒」。



締切は10月20日です。



そして、発表は月末の予定で、
選者は日本伝統俳句協会理事の小川龍雄さん。



参加はインターネットから無料で出来ます




さて、
来月の投句に向けて、頭の隅に「夜寒」という季語を置いておきましょう。



ty5redhtw7867_R.JPG




では、「十月」の俳句をどうぞ。



十月。(秋の俳句)
https://youtu.be/fPY1PoWm_9A


十月。(秋の俳句)。ゆったり鑑賞版。
https://youtu.be/N3OnYGHKVU4

俳人1号のYouTubeチャンネル




うづくまるべし十月の木のざわめき

高田令子



雲と水きらきらとして十月へ

宮津昭彦



十月の雲焦したる峡の山

平田安生



十月の記念切手や糊あまし

保坂加津夫



十月の空陰干しの草木染

城戸愛子



十月の月光掬ひ水車

工藤義夫



十月の風に日の翳日の匂ひ

栗原公子



十月や鳩米ひろふ藏の前

正岡子規



十月や百鳥こゑを繋ぎける

安達実生子



十月の気候の心地よさが詠まれていて、
読んでいると元気が出てくるような気がします。



寒い冬に向けて、
しっかり栄養をつけて、運動をして体力をつけておきたいですね。



なんだか、穴籠り予定の熊のようなことを言ってしまいましたが、
この年齢になってくると、
時間の大切さをしみじみと感じるので、
病気にならないように元気で過ごしたいと思うのです。




ではまた、ごきげんよう・・・




俳句 2019年10月号
俳句 2019年10月号

NHK 俳句 2019年 10月号 [雑誌] - 楽天ブックス
NHK 俳句 2019年 10月号 [雑誌] - 楽天ブックス



ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。

送料無料で買えば買うほどお得。
  &
音楽、ビデオ、読書などが無料で楽しめる。

特典多数の30日無料体験をする!!
  ↓  ↓  ↓
★ Amazon Prime ★




月額\980で読み放題。初回30日無料体験。
↓  ↓  ↓
★Kindle Unlimited ★




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

























posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

日本伝統俳句協会のWeb投句箱に投句しました。正岡子規の俳句。

2019.09.21.

日本伝統俳句協会のWeb投句箱に投句しました。
正岡子規の俳句。





昨日は20日。



わたくしと娘のピヨ子にとっての、月に一度の宿題の締め切り日です。



長年続けてきた現代俳句協会のインターネット俳句会は、システム刷新のためしばしお休みということで、
こちら、日本伝統俳句協会のWeb投句箱に参加しています。



今回のお題は「爽やか」。



決まりは一人2句までというので、
2句作って投句しました。



現代俳句協会のインターネット俳句会は最初は5句、
そして、G1会員は3句投句できるのですが、
お題がないのは楽なようでいて、
迷いに迷ったりもするもので、なかなか大変なことでした。



新しく生まれ変わった現代俳句協会にもまた参加します。



楽しみでわくわくしています。



eerw667ju5jy_R.JPG


さて、
日本伝統俳句協会のWeb投句箱の今月のお題は「夜寒」です。



しめ切りは10月20日で、秀句の発表は月末です。



参加は無料で、インターネットから投句できるので、気軽でいいですよ。



参加はこちらから
  ↓  ↓
http://haiku.jp/?page_id=2895




uly86r7tsrga_R.JPG




俳句と言えば、やはり、一番に名前が浮かぶ俳人の一人は正岡子規でしょう。



9月19日は正岡子規の命日でした。



この日は、「子規忌」「糸瓜忌」「獺祭忌」と呼ばれ、季語にもなっています。



では、正岡子規の俳句をどうぞ。



9月19日。正岡子規の命日。(俳句&カレンダー)
https://youtu.be/FNAy_siqO2w


9月19日。正岡子規の命日。(俳句&カレンダー)ゆったり鑑賞版。
https://youtu.be/hdhRgbIsjlI

俳人1号のチャンネル



藍壺に泥落したる燕かな



秋風や伊予へ流るる汐の音



春の夜や屏風の陰に物の息



ありあまる風を分けたし町の家



枯薄ここらよ昔不破の関



五月雨や上野の山も見あきたり



菜の花や小学校の昼餉時



初秋の筑波は隱すものもなし



ぬれ足で雀のあるく廊下かな



イモウトノ帰リ遅サヨ五日月




正岡子規は結核を患い、
最後の約3年間はほぼ寝たきりで、
寝返りを打つのも激痛が走るというなか、
日本の近代文学史上、燦然と輝く仕事を残しました。



外出ができなかった分、
小さなことにも気づいて、それを巧みに俳句に詠みこんでいますね。



食べることしか楽しみがなかったので、
世話をしてくれる母や妹には随分我がままを言ったようですが、
優しい心が俳句によく表れています。



俳句という趣味をわたくしも最後まで続けていこうと、
今日また、新たに思いました。




ではまた、ごきげんよう・・・



飯待つ間―正岡子規随筆選 (岩波文庫)
飯待つ間―正岡子規随筆選 (岩波文庫)


余は、交際を好む者なり 正岡子規と十人の俳士 [ 復本一郎 ] - 楽天ブックス
余は、交際を好む者なり 正岡子規と十人の俳士 [ 復本一郎 ] - 楽天ブックス


★楽天市場・正岡子規★

★Amazon・正岡子規★





ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。

送料無料で買えば買うほどお得。
  &
音楽、ビデオ、読書などが無料で楽しめる。

特典多数の30日無料体験をする!!
  ↓  ↓  ↓
★ Amazon Prime ★




月額\980で読み放題。初回30日無料体験。
↓  ↓  ↓
★Kindle Unlimited ★




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村





posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(1) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

日本伝統俳句協会のWeb投句箱の結果が出ました。「九月」の俳句。

2019.09.01.

日本伝統俳句協会のWeb投句箱の結果が出ました。
「九月」の俳句。



今日から9月です。



昨日は日本伝統俳句協会のWeb投句箱の結果が出たので、
少しいい気分で9月をスタートしています。



お題は「新涼」で、規定通り2句出したところ、
そのうちに1句が佳作にえらばれました。



先月に続いての佳作だったので、
やはり、嬉しいですね。



ちなみに、
残念ながら、娘のピヨ子の句は見当たりませんでした。



dfg52534q34_R.JPG




次回のお題は「爽やか」、
締め切りは9月20日です。



選者は小川龍雄さんで、月末の発表です。



参加は無料、こちらからどうぞ。
   ↓   ↓   ↓
http://haiku.jp/?page_id=2895







そして、現代俳句協会主催のインターネット句会は、
システムを再構築中で、新規の仕様追加もあるため、
予定よりも時間がかかっているそうです。



9月中の再開に向けて作業中とのことですが、
楽しみですね。



y76xcer4uiyu_R.JPG





では、「九月」の俳句をどうぞ。



九月。(秋の俳句)

俳人1号のチャンネル



生きもののなかの一人の九月かな

内藤ゑつ



九月くる風に木の声草の声

原田しずえ



風落ちて水にひろごる九月かな

八田木枯



九月来る川面に木々の影正し

平田はつみ



やわらかに土踏まずあり九月来る

坪内稔典



八月と日の彩違ふ九月かな

右城暮石



高からぬ山に雲ゐる九月かな

山本洋子



池を這ふ霧のはやさも九月なる

前田陶代子



存分に九月の水を使ひけり

藤生不二男



松風の戸口細目に土の九月

飯田龍太




あれほど暑かった夏は、もう過ぎ去ってしまいました。



ただ、曇ったり、雨だったりで、
なんとなく気が晴れませんね。



秋晴れの日には元気で外出できるよう、
美味しいものを食べて、無理のない範囲で体操をしています。






ではまた、ごきげんよう・・・。






ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。

送料無料で買えば買うほどお得。
  &
音楽、ビデオ、読書などが無料で楽しめる。

特典多数の30日無料体験をする!!
  ↓  ↓  ↓
★ Amazon Prime ★




月額\980で読み放題。初回30日無料体験。
↓  ↓  ↓
★Kindle Unlimited ★




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

日本伝統俳句協会のWeb投句箱に投句しました。「残暑」の俳句。

2019.08.21.

日本伝統俳句協会のWeb投句箱に投句しました。
「残暑」の俳句。




昨日は20日、
わたくしたちにとっては、「俳句の日」です。



長年参加してきた現代俳句協会主催のインターネット俳句会がお休みの期間は、
日本伝統俳句協会のWeb投句箱に投句をすることにしています。



今回のお題は「新涼」でした。



一人2句まで投句できるので、
家事の合間に頭を捻りました。



4句も出来てしまい、
迷った末、2句選んで投句しました。



今月末に結果が出ます。



佳作に選ばれていれば、サイトに発表されるので、
やはり、ちょっぴり楽しみですね。




kiktul57wwwwth_R.JPG



そして、次回のお題は「爽やか」で、
締切は9月20日です。



参加は無料、パソコンやスマホから投稿できるので、
手軽でいいですよ。



我と思わん方はこちらからどうぞ。
http://haiku.jp/?page_id=2895






そのほか、今月末に締切の俳句募集を見つけました。



俳句作品募集中。2019年8月30日締め切り分。
http://haikujouhou.seesaa.net/article/469150127.html

俳句作品募集中。2019年8月31日締め切り分。
http://haikujouhou.seesaa.net/article/469150592.html



記録的に暑かったこの夏の宿題収めとして、
また、句帳にある沢山の俳句に日の目を見させてやるためにも、
応募してみたいですね。



賞金や賞品も魅力的ですよ。



erh544w567it_R.JPG




では、「残暑」の俳句をどうぞ。



残暑。(秋の俳句)


俳人1号のチャンネル




朝も秋夕べも秋の暑さかな

上島鬼貫



ー服の緑茶に残暑おさへたり

星野立子



陸橋の中央わたる残暑かな

栗原完爾



よく食べて残る暑さを迎へけり

石川叔子



暑かりし日を思ひつゝ残暑かな

高浜虚子



朝よりの日の漸くに秋暑し

原石鼎



秋暑きこともよろこばねばならぬ

高野素十



二三日猫の戻らぬ残暑かな

内藤八重



運河暗し秋暑捨つべきところなく

大谷碧雲居



最上川海に出るほかなき秋暑

文挟夫佐恵



あんまり暑いのは嫌だけど、
急に涼しくなるのも、なんだか寂しい気持ちが湧いてきます。



今年の夏の名残の「残暑」を自家製アイスクリームを味わいながら、
じっくり楽しみたいと思います。



ではまた、ごきげんよう・・・





ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村




posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

インターネット俳句会で佳作になりました。「八月」の俳句。

2019.08.01.

インターネット俳句会で佳作になりました。
「八月」の俳句。




やっと梅雨が明けたと思ったら、
もう八月になりました。



いつもなら、待ち遠しい一日がさほどでもない感じになって、数か月経ちました。



その理由は、現代俳句協会主催のインターネット俳句会が休会中だからです。



毎月、俳句を投句するということは、
ちょっとした義務感もあって、
なんとなく気ぜわしい感じもありました。



しかし、俳句のまったくない生活に入ると、
これは必ずボケに繋がると思って、
新しく参加を決めたのが、日本伝統俳句協会のWeb 投句箱です。



この俳句会は毎月お題があって、
それを使って、一人2句まで投句できます。



締め切りは20日。




小川龍雄さんが選句し、月末になると、
特選3句、佳作15句、気になる1句を発表します。









先月のお題は「香水」でした。



期待をせずに結果を見たら、
なんと、わたくしと娘のピヨ子との句が1句ずつ佳作に入っていました。



これまでの選句結果を見ていて、
わたくしたちの句風とは異なるので、
全く想像もしていませんでした。



ちょっと気分のよい8月の始まりとなりました。



ありがとうございました。





rtg47il621_R.jpg




さて、今月のお題は「新涼」、
しめ切りは8月20日です。




参加はこちら
Web 投句箱












そして、嬉しいニュースがもうひとつありました。



あの現代俳句協会主催のインターネット俳句会がまた始まるそうです。




ご不便をおかけしております。
インターネット句会は、目下システムを再構築中です。新規の仕様追加もあり、当初の予定より延びております。
現在、9月中の再開に向けて、鋭意進めております。
ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。


2019年7月29日
現代俳句協会IT部部長 堀田季何

引用:現代俳句協会https://gendaihaiku.gr.jp/create/kukai-2/kukai3/



楽しみに俳句の種を探しておきましょう。



sgwhssg43w_R.JPG




では、「八月」の俳句をどうぞ。



八月。(秋の俳句)


俳人1号のチャンネル





八月の一粒栗の木や仰ぐ

石川桂郎



八月の欅優しき影を置く

与川やよい



蝉こゑを張る八月の箒川

石原舟月



八月の行方や稲に波走り

米澤吾亦紅



紫陽花に八月の山高からず

飯田蛇笏



八月の停雲白し彩霞峰

日野草城



八月の雨の夕べや下駄の音

増田一代



八月や力を入るる足の裏

坂場章子



八月や里に豊かな用水路

高倉恵美子



八月の巨雲青空抜けて信濃

松村蒼石





暑い暑い八月ですが、
この暑さならではの楽しみもありますね。



自家製簡単アイスクリームなど、冷たいオヤツを励みに、
今日も元気に楽しく過ごしましょう。




ではまた、ごきげんよう。。。







ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村











posted by 八十路小町 at 15:21| Comment(0) | 俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク