スポンサードリンク

2019年11月17日

季節外れですが、「マテガイ捕り」の動画を楽しみました。「馬蛤貝」の俳句。

2019.11.15.

季節外れですが、
「マテガイ捕り」の動画を楽しみました。
「馬蛤貝」の俳句。




11月も残り半分になって、昼間は暖かでも朝晩は寒くなってきました。



自転車で転んでまだまだ無理は出来ないわたくしにとっての楽しみは、
炬燵に入ってぬくぬくと見るインターネットです。



テレビを捨てたわたくしにとって、
インターネットの動画、特にYouTubeは一番の情報源です。



テレビと違って、時も空間も超越して、古今東西のことが居ながらにして見られるのですから、
こんなに楽しいことはありません。



dhrt6wsjrt.JPG




先日は偶然に面白い動画を見つけて、
すっかり見入ってしまいました。



それは、マテ貝採りの様子を撮影した動画です。



2018 マテ貝採りは病みつきになるくらい楽しい♪(^o^)ノ




わたくしが生まれ育った場所は海辺で、
しかも遠浅の大変綺麗な浜辺でした。



古い埋め立て地だったので、
広大な水田地帯で、お百姓さんが多かったのですが、
季節が来ると、浜で貝を採るのが普通でした。



アサリ、ハマグリ、オオノカイ、トリガイ、マテガイなど、豊富な種類の大量の貝が採れました。



それらの貝を女子供が採って、毎日の御膳に乗せたり、沢山採って売って小遣い稼ぎにしたりもしたものです。




adsfw45tqw3ha_R.JPG



わたくしの育った本家では、貝をおかずに採ってこなくても、十分な食材があったのと、
わたくしが貝の内臓の部分がどうにも好きにはなれなかったので、
わざわざ貝を採りに行くことは少なかったですね。



ただ、わたくしが友達と遊びがてらに浜に出て貝を採ったり、
貝掘りのアルバイトをして帯を買ったりしたくらいです。







貝を食べること自体は好きでなくても、
貝掘りはとても面白かったです。



特に面白かったのは、動画にもあるように、マテ貝掘りです。



マテ貝は特に磯の香が強く、
好きな人にはそれがまた堪らないのだそうです。



焼いたり、煮たり、みそ汁に入れたりします。



先に針金を通して吊るし、干物にもします。



好きな人はそれを齧りながらお酒を飲んだり、子供はおやつにもしたりしたものです。









わたくしはマテ貝が好きでないので採りませんでしたが、
その様子を見るのは大好きでした。



干潟に貝の穴を見つけたら、
そこが貝の巣なので、
そこいらに塩をパラパラ振りまきます。



そして、大人も子供もその周囲をドンドコ走り回ります。



すると、砂の中に潜んでいる貝が潮を吹くのです。



それを見つけるやいなや、
細い棒の先にブリキを切って巻きつけたヘラのような物を差し込んで、
貝を採るという段取りです。



貝採りの棒は各人が試行錯誤した自慢の作です。



YouTubeの動画に走り回るのは見当たないので、嘘か冗談かと思われますが、
本当のことなのですよ。



さあ、今でもあの地域では走り回っているのかどうかは分かりません。



ああそうだ、今度友人に会ったら聞いてみましょうね。







実は、マテガイ採りに走っているかどうか、それ以前に、
川の上流にダムが出来て、お陰で洪水が減った代わりに、
土砂の流れが変わってしまい、
浜の遠浅の面積が減少しつつあるそうです。



地元では、豊富な生き物を保護しようという運動が起きています。



災害の少ない、美しい自然、
同時に叶えることはなかなか難しいことですが、
人間の叡智で、美しい日本の姿を永遠にとどめてほしいものです。



3e6427bab523026d97255beee762afcd_l_R.jpg




では、季節外れですが「馬蛤貝」の俳句をどうぞ。



馬蛤貝(いろいろ俳句)

俳人1号のYouTubeチャンネル



馬刀貝やねたみもそねみも釜茹でに

平田栄一



馬刀突の子の針金にひつかかる

奥田節子



馬刀貝の潮にさか立ち砂の中

秋田蓬午



岩の間の忘れ潮なり馬刀貝をつく

松下八重美



馬刀串にあはれは馬刀のちから哉

加舎白雄



馬刀掘の背に気長さの窺はる

宮津昭彦



馬刀突きの砂にたちまち春の雪

山尾玉藻



帰るのは馬刀貝の穴友いるか

鶴濱節子



馬刀貝掘ると行きし人々霞みけり

木津柳芽



お手玉のやうに馬刀貝もてあそぶ

望月一美




昔から、マテ貝は貝の仲間でも、特別な思いでみられていたことが、よくわかりますね。



YouTubeと俳句で、懐かしい時代に帰って、
心身共に若返ったような気持ちになりました。



冬の間に足を完全に治して、
春になったらまた外出を存分に楽しみたいと思っています。




ではまた、ごきげんよう・・・。









ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。

送料無料で買えば買うほどお得。
  &
音楽、ビデオ、読書などが無料で楽しめる。

特典多数の30日無料体験をする!!
  ↓  ↓  ↓
★ Amazon Prime ★




月額\980で読み放題。初回30日無料体験。
↓  ↓  ↓
★Kindle Unlimited ★




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村
















posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

裏庭にサボテンが咲きました。「寒露」の俳句。

2019.10.08.

裏庭にサボテンが咲きました。
「寒露」の俳句。




先日はインターネットで調べ物をしていたら、
裏庭で洗濯をしていた夫が縁側から声をかけてきました。



「おおい、サボテンが咲いているぞ」



カメラをと思ったけれど、
いつもの場所に見当たらなかったので、
とりあえず、携帯電話を持って駆け付けました。



まったくと言っていいほど世話をしないのですが、
毎年、奇跡のように美しい花を見せてくれます。



今年の花は特に見事で、
直径21pで、長さ47pもありました。


2_R.jpg



サボテンの花というのは、日光や水分、気温の調節が過不足あれば咲かないものだそうです。



あまりにも劣悪な環境でもダメ、あまりにも過保護でもダメ、
適度な気象条件の変化が必要。



それらの条件が整っていても、
そもそも株が未熟だとダメ。



なんだか、優秀な子供を育てる条件と似ていますね。



来年も綺麗な花が見られるように、
サボテンも人間もともに頑張ろうと思います。



bg_sky_urokogumo_R.jpg



10月8日は暦の上で、二十四節気の第17の「寒露」です。



露が冷気によって凍りそうになるころで、
雁などの冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始め、蟋蟀などが鳴き始めるころとされています。



では、「寒露」の俳句をどうぞ。



10月8日。寒露。(俳句カレンダー)
https://youtu.be/zTGTGxKh-i0

俳人1号のYouTubeチャンネル





つんつんとせいごののぼる寒露かな

石田勝彦



月濡れの甍重なる寒露かな

平田君代



自然薯の切口白き寒露かな

池田秀水



口あけて鴉息吸ふ寒露かな

井沢正江



実むらさき色を深めし寒露かな

池田秀水



寒露かな試飲の酒にむせもして

島織布



棚の蔓たぐり下げたる寒露の朝

長谷川かな女



石鎚山の全容著き寒露けふ

後藤紀美子



露寒し衣の勧化まだ出来ぬ  

井上井月



格別に暑かった夏と残暑が収まって、
やっと本当の秋がやってきました。



季節それぞれ、美しく美味しい日本に生まれてきたことを、
本当に嬉しく思います。



この幸運を噛みしめながら堪能していきたいものです。



ではまた、ごきげんよう・・・。




うさぎの耳栽培セット モニラリア(種10粒) 育てるのに必要なものがそろってます。多肉植物☆LabiCatsオリジナル☆
うさぎの耳栽培セット モニラリア(種10粒) 育てるのに必要なものがそろってます。多肉植物☆LabiCatsオリジナル☆

サボテン全書 All about CACTUS
サボテン全書 All about CACTUS


★楽天市場・サボテン★
★Amazon・サボテン★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。

送料無料で買えば買うほどお得。
  &
音楽、ビデオ、読書などが無料で楽しめる。

特典多数の30日無料体験をする!!
  ↓  ↓  ↓
★ Amazon Prime ★




月額\980で読み放題。初回30日無料体験。
↓  ↓  ↓
★Kindle Unlimited ★




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村







posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

久しぶりにムカデが出ました。「蜈蚣」の俳句。

2019.09.14.

久しぶりにムカデが出ました。
「蜈蚣」の俳句。



先日は本当に胆を冷やしました。



というのは、布団の中で本を読んでいて、
さてそろそろ寝ようかと思ったとき、
何やらポトンと手の上に落ちてきたのです。



エッと思ってみると、
それは、ムカデでした。



慌てててから振り落として、
無我夢中で新聞で叩きましたが、
体が硬い皮に覆われているし、細くて平べったくて、小さなものなので、
本当にしぶとかったです。



動かなくなってから、
ムカデをじっくり見てみれば、
まだ体がすっかり黒くなる前の子供だったようでした。




mnhmgjy43xd_R.JPG




さすがのムカデも暑い間は活動を控えているのですが、
涼しくなるこれからの季節は家族総出で外出をするようになるので、
人間も注意が必要です。



ムカデに咬まれると、腫れて痛くて大変な目に遭うので、
すぐに病院に行った方がいいですよ。




洗濯ものにくっついたのを知らずに取り込んだのが、
夜中に家中を散歩していたり、
昔は蚊帳を吊っていたものですが、
そこに何匹も落ちていたりしたものですからね。




q43jfdhbt34_R.JPG




ああそうそう、蚊帳と言えば、
蚊帳の吊り紐についている輪でさえも、戦時中にはお国に供出したのですよ。



あんな小さなものでも、立派な金属製品だったからです。



そして、代わりに布で工夫して蚊帳を吊っていました。



余談になりますが、
お寺の金も供出したので、終戦後は除夜の鐘も鳴りませんでした。



今はどこのお寺にも鐘がありますが、
それは檀家がお金を出し合って作ったものです。



だから、檀家が沢山いたり、お金持ちの檀家がいるお寺ほど、
早く鐘の音が戻ったというわけですね。




uj876o2sw_R.JPG




では、気持ち悪いですが「蜈蚣(むかで)」の俳句をどうぞ。



蜈蚣。(いろいろ俳句)。ゆったり鑑賞版。
https://youtu.be/xSdDqVUa-Vg




忙しい人向け。通常、コンパクト版。蜈蚣。(いろいろ俳句)
https://youtu.be/bL2jFMMsoKk

俳人1号のチャンネル





人来るひとり蜈蚣を押さへゐれば

橋本多佳子



百足虫樹を登るときどき下を見て

鈴木鷹夫



百の足使へど百足虫速からず

田中嘉代子



むかで這ふ千の手足をあまさずに

高橋桃泉



百足虫ゐる家のレコード回りをり

岸本尚毅



名の知らぬ花あり実あり百足虫這ふ

松下幸恵



長足の進歩蜈蚣となりてより

中原道夫



足で身を鎧ひ百足虫の出でにけり

鷹羽狩行



長い草鞋履いたか百足虫もう居ない

糸井千鶴子



遁走は失意の果ての大百足

鈴鹿呂仁





ムカデは嫌な虫ですが、
害虫を食べてくれるので、ありがたい虫でもあります。



だから、俳句でも悪口ばかり詠まれるのではなくて、
何の因果か、ムカデに生まれてきた魂に対する同情と親しみも込められているように感じられます。



「啓蟄」は春を迎えて、暖かくなって虫が這い出てくるという意味の言葉で、
寒さに家に籠っていた人間も外に出て、元気に活動しようという気持ちになりますが、
今回の「ムカデ」は、
そろそろ涼しくなるので、また外に出て、元気に活動しようという気持ちにもさせてくれました。



市場には美味しそうな秋の味覚も並び始めています。



沢山食べて、元気に楽しく有意義に過ごしたいものです。




ではまた、ごきげんよう・・・。






★楽天市場・ムカデ対策★
★Amazon・ムカデ対策★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。

送料無料で買えば買うほどお得。
  &
音楽、ビデオ、読書などが無料で楽しめる。

特典多数の30日無料体験をする!!
  ↓  ↓  ↓
★ Amazon Prime ★




月額\980で読み放題。初回30日無料体験。
↓  ↓  ↓
★Kindle Unlimited ★




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村






posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

友人からお坊さんの不満を聞きました。「盂蘭盆」の俳句。

2019.08.10.

友人からお坊さんの不満を聞きました。
「盂蘭盆」の俳句。


趣味の会で、お盆休みの前に行くと、
わたくしを友人が待ち構えていて、
「ねえねえ、聞いてよ」と言います。



「あら、何かあったの?
なんでも聞くわよ」



「うちねえ、もうお盆のお坊さんが来て拝んでったのよ」



「ええっ、そんなに早く?」



「そうなのよ、いくら何でも早すぎるでしょ?
そしてねえ・・・」









友人の話によれば、
お坊さんをお盆に頼んでいたのに、
突然、電話をかけてきて、「明日の朝でないと行けない」と言ったそうです。



予定が詰まっていて忙しいからと言われたら、友人も了承しないわけにはいきません。



いつもは食事を外から取っていたのも、
「食べる暇がないから、その分はお金で」と。







当日は朝も早くからきて、
お経はたったの10分。



そして、さっさと仏間を出て行くので、
さすがの友人も封筒に入れていたお札を何枚か抜いて渡したそうです。



rt4e5fewqty_R.JPG




「まったく、呆れてしまったわ。
お父さんは本当によくできた人で、丁寧にお経をあげてくれるし、終わったあとのお話もよかったのに、息子の方はどうしたことか」



先代は息子を後継ぎにしようとは思っていなかったので、
お寺の仕事は一切関わらせなかったのですが、
その先代が急死してしまったものだから、
息子が俄かに出家して、いやいやながらも跡を継ぐことになりました。



箸にも棒にもかからなかったのを、檀家が寄って集って教育して、
厳しいことで有名な真冬の修行にも送り出しました。



なんと、檀家がはるばる面会に行くと、帰りたいと言って泣く始末。



ところが、修行を終えて帰ってくれば、
皆が褒めそやしてくれるものだから、
すっかりいい気持になって、
合計3回も修行に行ったそうです。








それで、若いのに生意気にも、一端のお坊さんになったつもりで、
頭が高く、
檀家の言うことなんか一切聞かずに、やりたい放題。



そこで、総代が打ち揃ってお寺に赴き、
「総代を辞めさせていただきます」と諫めたところ、
あっさりと、「はい、どうぞ」と言われてしまいました。



総代も「では、さようなら」と言ってさっさと帰ってくるより仕方がありません。



住職も総代たちも、双方ともに内心慌てたのですが、
より困ったのは住職の方です。



総代がいなくてはお寺はやっていけないので、
心当たりの人に片っ端から当たったのに、
誰一人として引き受けてはくれません。



そこで、友人の妹の家に来て、
生まれて初めて頭を下げて、
それも、畳にごりごりごりごり押し付けて、終いには泣いて頼むものだから、
妹さんの家でしぶしぶ引き受けたというのです。








じゃあ、そのお坊さんの心根が変わったかと思えば、
とんでもない、
前にも増して威張って、好き勝手をしているというので、
檀家一同、頭を抱えているそうです。



友人曰く、
「私はお経なんてよくわからないから、
時計を見て、今日のは短かったと思うだけだけどね、
妹たちは毎日熱心にお経をあげているので、
全部暗記しているのよ。
だから、今日のお経は、あのお経のあそこと、このお経のそこを飛ばしたとかって、
いつも文句を言っているのよ」



h33y7kty876li_R.JPG




そういえば、わたくしの家のお寺のお坊さんも、先代は大層立派な人でしたが、
その息子の方は有難いという気持ちにはなれません。



というのは、
義父が亡くなったとき、「年齢に不足はなかろう」と言い放ったからなのです。



義父はもうすぐ80歳というときに亡くなって、
まあ当時は、今より平均寿命も低かったけれど、
家族や友人などにしてみれば、例え何歳まで生きても、
「年齢に不足はなかろう」などという気持ちにはならないものです。



お坊さんといえども、人間なので、いろいろな人がいることは承知の上ですが、
やはり、有難いと思える人であってほしいですね。



ik5765gwerht_R.JPG




では、「盂蘭盆会」の俳句をどうぞ。


盂蘭盆会。(秋の俳句)

俳人1号




吾が影を動かしており盆提灯

山口石鳴



青空へゆっくり帰る茄子の牛

森村文子



立ちかこむ杉真青に盂蘭盆会

水原秋櫻子



本堂へ猫の入りくる盂蘭盆会

高田たみ子



豪傑も茄子の御馬歟たままつり

幸田露伴



リュックサック負ひ去る能登の盆の僧

山口誓子



盆僧をわたす吊橋揺れもせず

石田勝彦



くさぐさの盆供みどりのまさりけり

大野林火



魂祭るものかや刻む音さやか

渡邊水巴



母卒寿あれこれ仕切る盂蘭盆会

鍋島武彦



友人などの話からも、仏様のことは各家の宗派によっても違うし、またその家その家のやり方があるので、
なかなか興味深いことですね。



どれが正しいということもなく、
自分の納得するやり方でご先祖様に対すればいいのでしょう。



わたくしも嫁いできた当初は、驚いたり戸惑ったりしたこともありましたが、
これも縁なので、できる限り、我が家流のやり方で仏様をお祀りしようと思っています。




ではまた、ごきげんよう・・・




★楽天市場・お中元★


★Amazon・お中元★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村










posted by 八十路小町 at 23:58| Comment(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

趣味の会でお花見に行ってきました。「桜」の俳句。

2019.04.13.

趣味の会でお花見に行ってきました。
「桜」の俳句。



先日は、趣味の会の総会がありました。



わたくしたちの会は道具や場所の都合上、
会員を2つの組に分けて、別々の曜日に活動しています。



原則としては、
会員は自分の好きな組に入れるのですが、
一旦どちらかに入った以上はなかなか抜けがたく、
しかし、
人数の偏りが大きすぎては不都合なので、
それを是正するために、移動することもありました。



そのため、仲良しだった会員同士が別々の組になって、
滅多に会うこともなくなって、
ちょっぴり淋しい思いをすることもあります。



ところが、総会ともなると、
両方の組の会員たちが集い合って、
前年度の締めくくりと、新年度の出発をするので、
懐かしい顔を久しぶりに見られて嬉しいのです。



rtymnwm565w_mo.JPG



そして、
総会のもう一つのお楽しみは、
会のあと、全員でお花見に行くことです。



プールしてあった会費からちょっぴり贅沢なお弁当を取り寄せて、
会員の車に分乗して、
近所の花の名所に出かけます。



わたくしは別の組の会員の車に乗せてもらったので、
別れ別れになっていた旧友と楽しい会話が沢山できました。



お花見の会場は川原で、
土手には古い桜の木が長い長い列をなしていて、
ちょうど見頃で、大変美しかったです。



家族連れも多く出ていて、
中でも感心したのは、
5歳くらいの男の子が赤ん坊の妹を、それはそれは上手にお守りしていたことです。



わたくしたちの子供の頃は、「産めよ増やせよ」という時代で、子沢山の家が多かったので、
子供が子守をするのは当たり前で、
弟妹を背中に背負ったまま遊んだり、
学校にも弟妹を背負ってくるのが普通のことでした。



美味しいお花見弁当を食べながら、
そんな昔話にも花を咲かせ、
とても楽しいひとときを過ごしました。




5c14926204f1f53a159fcfd3063ba075_s_mo.jpg



では、「桜」の俳句をどうぞ。



桜。(春の俳句)

俳人1号のチャンネル



山国の空に山ある山桜

三橋敏夫



光陰のやがて薄墨桜かな

岸田稚魚



つなぐ手にをさなの湿り夕ざくら

千代田葛彦



山又山山桜又山桜

阿波野青畝



咲き満ちてこぼるゝ花もなかりけり

高浜虚子



手をうたばくづれん花や夜の門

渡辺水巴



まさをなる空よりしだれざくらかな

富安風生



仔山羊啼く彼岸桜に繋がれて

青柳志解樹



青空や花は咲くことのみ思ひ

桂信子



さまざまのことおもひ出す桜かな

松尾芭蕉



dsfas5e7e45uysdf_mo.JPG



松尾芭蕉の句については、もう何も言うことがありません。



まさにその通りです。



何十年何百年の桜の木と、
それに咲く花を見ては、
自分の来し方行く末を思い、
先祖のことや日本のことを思い、
そうやって、日本人は日本の歴史を紡いできたのですね。



ところが、
近年では、日本に外国人がやたらに多く入ってきて、
観光地が占領され、汚され、地元の人も本当に困っているそうです。



桜の名所も外国人だらけで、
桜の木に登る者、枝をゆさゆさ揺すって花を散らす者、枝を折る者、
いや、それどころか、根本から木を切り倒す者まで、
様々な写真や動画がインターネットで投稿されています。



外国と仲良くすることは良いことだけど、
それはお互いを尊重しあってこそのこと。



まずは「郷に入れば郷に従え」が原則。



「多文化共生」なるものが、「他文化強制」になって、
日本が破壊されてはなんにもなりません。



桜の花の潔さを理想とし、
お国のために戦って散った多くの兵隊さんや、
空襲などで犠牲になった大勢の日本人のことを考えれば、
本当に嘆かわしいことです。



来るべき「令和」時代こそは、
日本を建て直し、本当に日本らしい日本の国になることを期待しましょう。



わたくしたち、戦争を知っている世代は出来る限り長生きして、
それを見届ける義務がありますね。





ではまた、ごきげんよう。。。





★楽天市場・桜 盆栽★


★Amazon・桜 盆栽★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村





posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

わが家の南天の赤が美しいです。「実南天」の俳句。

2019.01.14.


わが家の南天の赤が美しいです。
「実南天」の俳句。



わたくしたちは年末年始を娘のピヨ子のところで過ごして、
自宅に帰ってきて、やっと落ち着いたところです。



いつものことながら、
持って帰った荷物は多くはないけれど、
洗濯したり、仕舞ったり、買い物に行ったりと、
色々と雑用も溜まっていて、
夫もわたくしも忙しかったですね。



そして、久しぶりに裏庭に出て、
草木に新年の挨拶とご機嫌伺いをしました。




DSC_0504_mo.JPG




冬なので、色合いも地味な自然界にあって、
明るく美しい姿でわたくしたちを待っていてくれたのは、「南天のい実」です。



昨年は沢山実をつけていたのですが、
わたくしたちが留守の間は、鳥たちがせっせと啄んでいたのでしょう、
パラパラと数も少なくなっていましたが、
殺風景な庭に、希望の灯りが点ったいるようで、
とても楽しく嬉しい気持ちになりました。




南天は「難転(難を転ずる)」に通じるということで縁起がよく、
その花言葉も「私の愛は増すばかり」「良い家庭」などだそうです。



実は熟すと甘酸っぱくて美味しく、
それで鳥たちの大好物とされていますが、
知覚、運動神経の麻痺を引き起こすアルカロイドのドメスチン(ナンテニン)が含まれているので、
のど飴の原料にされているけれど、
人間は食べない方がいいそうです。



また、葉にも大脳、呼吸中枢の興奮、後に麻痺を起こすアルカロイドのナンジニンが含まれているのですが、
それが分解されると防腐作用があるので、
赤飯などに飾る風習があるのですね。



昭和も半ばまでは、
自宅でお餅を搗いたり、お萩を作ったり、赤飯を作ったりということがごく普通に行われていましたが、
沢山作っては、重箱や折り箱に入れて、
近所や親類に配っていました。



そんなときに欠かせないのが南天でした。



風呂敷包みを解いて、重箱の蓋を開けると、
わたくしたちの目に真っ先に飛び込んでくるのが、
南天の葉でしたね。



その美しい景色を味わってから、
中身を自宅の大皿やお鉢に移し、
空になった重箱にはマッチを数本入れて、
また風呂敷に包んでから、返すのが決まりでした。



あの頃は、今のようにはガスもライター便利にはなっていなかったので、マッチは必需品だったからです。



そんな昔の懐かしい思い出に、しばし浸ってしまいました。



993781bb25438954814b5c32d664e7f5_l_mo.jpg




では、「南天の実」の俳句をどうぞ。



南天の実(三冬)

https://youtu.be/ofjH0VX2cfE




鳥声のしるき朝や実南天

永島雅子



裏木戸は南天の実の明るさに

怱那みさ子



鴎外の生家北向き実南天

松崎鉄之助



存(ながら)ふも芸のうちなり実南天

阿部静雄



うれしくて見てゐてばかり実南天

岡井省二



日を亨けて粒選りばかり実南天

岡本眸



うつくしき夕映のあり実南天

角川春樹



南天の実を集めたる赤さかな

篠原温亭



実南天光る雨滴をとどめけり

中根美保



実南天ひと粒ごとに日当たりて

内田梢





どの句の南天も真っ赤で、本当に美しいですね。



難を福に転じてくれるという「南天」の木に感謝して、
また新しい一年を元気に過ごしたいものです。





ではまた、ごきげんよう。。。





ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村






posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

いわゆる「老人会」で、ポプリを作りました。「ラベンダー」の俳句。

2018.07.14.

いわゆる「老人会」で、ポプリを作りました。
「ラベンダー」の俳句。



先日は、いわゆる「老人会」に行きました。



いつもと同様に、体操やお話の後、
特別目玉企画がありました。




lutgffgfg4_mo.JPG





この日の企画は参加者の女性Aさんの提案で決まったものです。



Aさんの趣味は園芸で、
庭には様々な四季折々、様々な植物が育ち、
道行く人の目を楽しませてくれています。



ちょうど、今の時期は、ラベンダーの花盛りなので、
それを干したものを使って、ポプリを作りましょうという提案をしてくれました。



それも、有り難いことに、
ラベンダーの花の干したもの、布、綿、糸、針、リボンなど、
必要なものは全部提供してくれるというのです。



お蔭で、裁縫が苦手という人もみな、
楽しく作業でき、
可愛いポプリが出来上がりました。



lngfgf54tr_mo.JPG







各人2個ずつのポプリを作ったのですが、
わたくしの作品はこちら。


DSC_0350_mo.JPG



ラベンダーの花を綿で優しく包み込んで、
綺麗な袋に閉じ込めました。



ピンクのレースのポプリ。6cm×10cm。



古代柄のポプリ。7cm×12cm。



ラベンダーはさすが「ハーブの女王」と呼ばれるだけあって、
自然の香が素晴らしく、
蒸し暑い毎日の良きお供になってくれました。








ラベンダーの花言葉は

「献身的な愛」「沈黙、静寂」「疑惑」
「沈黙」「私に答えてください」「期待」「不信感」
「優美」「あなたを待っています」





lyttrtrdfdf54_mo.JPG





では、「ラベンダー」の俳句をどうぞ。



ラベンダーの俳句

俳人1号のチャンネル



ラベンダー吊りめぐらせて聖書売る

中戸川朝人



風染めて星まで染めてラベンダー

大久保樹



ラベンダーにむせび迷える虫となる

北見静香



ラベンダー標高千の風に揺れ

飯島正人



ラベンダー畑や夕日を瑠璃色に

青柳志解樹



過ぎし旅ラベンダーの香に甦る

吉田みどり



ラベンダーに吸い寄せられてつまずきて

名川比瑳江



ラベンダーには鎮静作用があって、
ストレスに晒された心身をリラックスさせてくれ、
偏頭痛や高血圧にも効くそうです。



また、
抗菌・殺菌作用や防虫作用もあるので、
部屋の中につるしておくとよいそうですよ。



ラベンダーの精油はアロマオイルとして重宝され、
香水や化粧品にも使用され、
また、お茶として飲まれたり、クッキーなどのお菓子にも使われて人気です。



Aさんは他のハーブも育てていて、
色々と有効な使い方を教えてくれるというので、
また次の機会が楽しみです。






ではまた、ごきげんよう。。。




★楽天市場・ラベンダー★
★Amazon・ラベンダー★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村





posted by 八十路小町 at 22:59| Comment(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

裏庭のサボテンの花が咲きました。「仙人掌」の俳句。

2018.06.03.裏庭のサボテンの花が咲きました。「仙人掌」の俳句。



今朝は裏庭に出ると、
サボテンの花が咲いていました。



もう何十年も前からうちにいるサボテンで、
大した世話をしないのに、
忘れた頃に綺麗な花を咲かせてくれます。



今年は大丈夫かしらと心配したのですが、
また真っ白な花を見せてくれました。


dfafd4565_mo.moza.JPG

DSC_0310_mo.moza.JPG


なんと47cmも首を伸ばして、
花が重いので、
わたくしが作った陶芸の作品に寄っかかっています。


dfstyttyr76_mo.moza.JPG



トゲトゲに覆われて、ずんぐりむっくりな体と、
一晩しか咲かない美しい花とのギャップは
これまた、サボテンファンには堪らないものですね。




sfdgty56_mo.JPG




「サボテン」は漢字で書くと、「仙人掌」「覇王樹」で、
俳句の世界では、夏の季語となります。



でも、「サボテンの日」は3月10日なのだそうですよ。



3「さ」ぼ10「テン」の語呂合わせです。



では、「仙人掌」の俳句をどうぞ。



3月10日。サボテンの日。(俳句&カレンダー)

俳人1号のチャンネル



サボテンに子が殖えてをり春日影

阿波野青畝



さぼてんの影面白き月見かな

籾山柑子



サボテンの大きく見ゆる梅雨晴間

入河大



仙人掌の花惜し気なくもらひ受く

原田たづゑ



サボテンの掌の向き向きに楽たのし

篠原鳳作



仙人掌の針の中なる蕾かな

吉田巨蕪



サボテンの花の光のある如し

武嶋一雄



石固き道にサボテン置く床屋

高橋沐石



仙人掌の何も恃まぬかたちかな

海輪久子



ひとすぢの道太陽とサボテンと

瀬下るか



そう言えば、
よく散歩していた道で、
綺麗なサボテンが咲く家がありましたねえ。



空模様の良い日にでも、
久しぶりに、あの道を通ってみましょうか。





ではまた、ごきげんよう。。。



★楽天市場・サボテン★
★Amazon・サボテン★



ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村



posted by 八十路小町 at 18:52| Comment(2) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

上野公園は桜の見頃だそうです。「桜」の俳句。

2018.03.26.

上野公園は桜の見頃だそうです。
「桜」の俳句。




今年の春は寒暖の差が激しく、
桜も例年になく早く開いたというニュースがあったかと思えば、
真冬に逆戻りで、蕾のまま、雪に耐えているという具合でした。



それが、やっと本格的な春の到来で、
あちこちで桜の開花状況のニュースが美しい写真が発信されるようになりましたね。



桜は開花時期が短く、しかも散りやすいとあって、
雨にも風にもやきもきさせられますが、
今年は気候の変化にやきもきさせられました。



それだけに、
一斉に咲いた桜の美しさはひとしおです。



vc56ty_mo.JPG





ウェザーニュースの調査によれば、
昨年の日本全国で桜の名所人気のNo.1は、上野公園だったそうです。



続く、2位は千鳥ヶ淵緑道(東京)、3位は目黒川沿い(東京)、4位は高遠城址公園(長野)、5位は大阪城公園(大阪)。



各地でお花見のお祭りが行われていますが、
上野公園も「うえの桜まつり」を開催中です。



期間は平成30年3月21日から4月8日で、
1200本の桜を見に、沢山の人が訪れています。



上野公園の「うえの桜まつり」。(俳句&ニュース)

俳人1号のチャンネル



chgvbbv665_mo.JPG






では、「桜」の俳句をどうぞ。



夕桜家ある人はとくかえる

小林一茶



はんてんの襟の冷えぞも朝ざくら

久保田万太郎



観音の大悲の桜咲きにけり

正岡子規



花びらの山を動かすさくらかな

酒井抱一



海光の照り返したる朝桜

高濱年尾



妻帰るまで飯喰はず夕ざくら

皆川白陀



夕桜死んだものらに椅子並べ

久保純夫



もう少し生きよう桜が美しい

青木敏子



美しいものは文句なしに美しく、
その感動は記憶の底にしっかり残っているものです。



わたくしが「桜」と言って思い出すのは、
子供時代を過ごした養家の脇の神社の桜の木です。



古くて大きな木で、
まるで天を覆うかのように枝が張っていて、
その先々まで花を咲かせた姿は神々しいまでに美しかったです。



その桜の木は花の素晴らしさばかりでなく、
その見事な幹によじ登った悪童が採ってくれたさくらんぼうに関する苦い思い出も、まだ鮮烈に残っているのです。





今日も良いお天気です。



近所の桜の木の咲き具合を見てこようと思います。





ではまた、ごきげんよう。。。



★楽天市場・桜★
★Amazon・桜★
https://amzn.to/2G6ij0d



ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村



posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

里芋が40年以上生き続けています。「芋植う」の俳句。

2018.03.17.

里芋が40年以上生き続けています。
「芋植う」の俳句。



わたくしは農家に育ったので、
植物が大好きです。



裏庭には狭いながらも、草木が沢山生えていて、
四季折々の美しさで楽しませてくれます。



その一本、一枝を手作りの花瓶に活けるのも、
また楽しみのひとつです。




DSCF0749_mo.JPG




先日は本当に小さな小さな春を見つけました。



里芋の芽です。



この里芋は娘のピヨ子が大学に入学したとき、
東京駅で買って帰ったものです。



里芋なんて、わたくしの子供の頃から身近なものなのに、
なぜ、わざわざ買って帰ったかというと、
親指と人差し指で輪を作ったくらいの小さな芋に、
20〜30cmの茎と葉がすっくと立って珍しかったからです。



確か、3個の芋を大事に持ち帰って、
わたくしの手作りの器に埋けました。



天候の加減や葉の様子を見て、
裏庭に出したり、
玄関に飾ったり。



大した世話もしないのに、
ずっと元気で、
もう40年以上も楽しませてくれました。



鉢の中には、もはや土もなくなって、
苔の下に芋が潜んでいるばかり。



毎年、今年はもう駄目かもしれないと思いながらも、
芽を出して、茎を延ばし、緑の葉をつけてくれます。



今年も、こんなに小さな小さな芽と葉が出てきました。



本当に嬉しいことです。



ssaz34drs_mo.JPG




里芋は「田芋」とも呼ばれるように、
田の脇に植えることが多かったですね。



田の稲と競うように、緑濃い葉を茂らせ、
その下に子芋を沢山つけます。



芋を収穫するときには、
一緒に茎も刈り取って、
皮を剥き、
糸を指に巻きつけて弓の弦のようにして、茎を縦に裂き、
束ねて干します。



これが「ずいき」で、
巻き寿司の干瓢の代わりにしたり、汁の実や煮物にして食べます。



「ずいき」は見かけは非常に地味ですが、
味わいがあって美味しいものです。



干す前のものを酢味噌和えにしたものは、
その薄い緑色も美しく、
四季豊かな日本に生まれた喜びを感じさせてくれます。








収穫した芋は出荷したり、親戚や知り合いに配ったりしますが、
その残りや来年の種芋にするものは、
畑の隅にまとめて埋めておくだけです。



手間がかからず、丈夫で美味しい食料として、
戦時中も盛んに栽培されました。



あの頃の芋は生産性を第一にした品種だったので、味はいまいちでしたが、
今では美味しいものばかりで、
野菜好きなわたくしには、本当に嬉しいことです。






sdffa342234_mo.JPG



では、「芋植う」の俳句をどうぞ。



春の季語ですよ。



芋植う。俳句。1
https://youtu.be/2kv3ku3g_Q0




芋植ゑて門は葎の若葉哉

松尾芭蕉



芋植うる土ねんごろに砕きをり

林徹



芋植うや尾の上の花は晴れがまし

飯田蛇笏



種芋のころころとある軒の下

高浜虚子



種芋の不器量同士小競り合ひ

都筑智子



芋植ゑし日に降りそめて雨十日

正岡子規



土くれや芋の芽しかと玉巻ける

西山泊雲



種芋を弾みこぼして一輪車

大熊輝一



子供の頃の田舎の懐かしい風景が目に浮かんできました。



今年は子別れのシンボルとも言うべき里芋を、
もう少し手をかけてやりたいと思います。




ではまた、ごきげんよう。。。



★楽天市場・里芋★
★Amazon・里芋★




ポイントが貯まる&使えるお得な楽天カード

↑  ↑  ↑
5日、10日、15日、20日、25日、30日はポイント+5倍。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村



posted by 八十路小町 at 23:59| Comment(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク