スポンサードリンク

2016年02月27日

趣味の会最高齢の知恵蔵さんが競馬のポスターに歓喜してくれました。

2016.02.27.

趣味の会最高齢の知恵蔵さんが
競馬のポスターに歓喜してくれました。


去年の暮には
JRAの最後の大レース・有馬記念がありました。



わたくしたちは手術入院のために、
娘のピヨ子の家に滞在中で、
退院した後でしたから、
このレースを楽しむことができました。




e65hffghfgh_mo.JPG
画像:いらすとや



競馬ファンは勿論ですが、
それほどでもない人もやはり、
この有馬記念には否応にも興味が湧いてきます。


というのは、
新聞での宣伝広告が抜かりないからなのですよ。



ピヨ子の取っている新聞は朝日新聞ですから、
1週間も前になれば、
毎日大きなカラーの宣伝が出ます。



競馬には興味があるものの、
馬については全くの素人のわたくしたちも、
ただただ、その馬の美しい姿を見れば、
気持ちが高揚してくるのです。








そうやって、
楽しみに過ごしていましたが、
最後に入った広告は新聞2枚分の大きなポスターです。



その紙面いっぱいに去年の優勝馬「ジェンティルドンナ」がいて、
それはもう圧巻でした。



前の年も大きな広告が入ったのですが、
今度のポスターの素晴らしさは
その比ではありませんでした。



前の年のポスターをピヨ子が送ってくれましたので、
趣味の会の最高齢男性の知恵蔵さんにあげました。



すると、
大変喜んでくれたので、
今度のポスターもそうすることにしました。







1月の中旬に一旦帰ってから、
また2月に入って、
検診に出て行ってと、
気ぜわしい日々でしたので、
趣味の会にも出ることが出来ず、
やっと先日行けたのです。



休憩時間になって、
お茶を一口飲んでから、
わたくしはおもむろに茶封筒を取り出して、
知恵蔵さんに差し出しました。



「はい、知恵蔵さん、
遅くなったけど」



「なんだい?」



封筒から出したポスターを開くと、
知恵蔵さんの顔はみるみる明るくなって、
大きな声をあげました。


ertytr657675_mo.JPG
画像:いらすとや

「うわああ、これは凄いね!!」



知恵蔵さんが作業用の大机にそのポスターを広げました。



みんなも立ち上がって覗き込みます。



「これはいい。

筋肉がよく分かるねえ」



「ジェンティルドンナ」の裏側には、
優勝した「キタサンブラック」の写真もありました。



「キタサンブラックは北島三郎の持ち馬だ。

こいつは強かったねえ。

ああ、流石に良い体だ」








知恵蔵さんはうっとりと眺めて、
ため息をつきました。



「干支の馬はこんなのを作りたかったなあ。

次にはこういう凛々しいのを作るぞ」



「そうよそうよ」



「ああ、
でも、次の午年は10年後かあ。

いくらなんでも、
100歳超えはちょっと無理だよねえ」



「そんなこと言わないで、
知恵蔵さんなら大丈夫よ」



「いやあ、自信がないよ」



「あのね、
わたくしも頑張って元気でいて、
毎年ポスターをあげるからね、
だから、知恵蔵さんもこの先10年、
十分に馬を研究して、
素晴らしい干支を作ってよ」



「そうかい?

それじゃあ、私もあと10年頑張って生きるよ」



「そうよ、みんな知恵蔵さんの午を楽しみにしてるわよ」



「よっしゃあ、頑張るよ」



たった1枚の競馬のポスターのおかげで、
趣味の会の全員が元気な笑顔になりました。


ehgfyytru8787_mo.JPG
画像:いらすとや



朝日新聞さんにはますます頑張っていただきたいですね。




ではまた、ごきげんよう。。。



★楽天市場・百歳★

★楽天市場・干支★






日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村





posted by 八十路小町 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

第60回有馬記念で、一家揃ってオケラになりました。

2015.12.29.

第60回有馬記念で、
一家揃ってオケラになりました



注目の第60回有馬記念ですが、
夫婦揃って手術を受けて退院したばかりの病み上がりですから、
せっかくの地の利が生かせず、
テレビ放送を通じての観戦となりました。



「どうせ、最初のうちは馬の説明だろ?」



そんな風にたかを括っていた夫でしたが、
ピヨ子がタブレットをつけると、
画面に食い入るように見入って、
パドックの場面では、
一端の競馬評論家のようなことを言います。



「この馬はちょっと気合不足だ。

これから走るんだから、
もっと気合を見せてなくては駄目だ」




「これは良い体つきの馬だな。
今日はいいところに行けるぞ」



「ああ、こりゃあ首の向きが悪いね。

この馬は駄目だ」



「おお、こいつは歩きっぷりがいいぞ。

さすがの人気馬だね」










ピヨ子が途中でおやつを運んできても、
紅茶にお砂糖を入れるのも忘れて、
評論をしています。



「この馬は毛艶も良くて、
なかなか強そうだなあ」



「じゃあ、何枚買う?」



「そうだなあ、3枚にしとくか」



「ほほう、これが一番人気の馬か。

さすがに落ち着いてるね」



「じゃあ、何枚買う?」



「うん、これも3枚」



「じゃあ、お母さんは?」



「そうねえ、5枚にしようかしら」



「おや、
この馬の馬主は儂の嫌いな奴だったのか?」



「じゃあ、買うの止めとく?」



「う〜〜ん、いや、買っとく」


3f4286fa4222763bdc33aa72d486ad0e_l_mo.jpg
画像:写真AC







そんな風に、
テレビの画面を見ながら、
3人で馬券を買ったつもりです。



その内訳は、

4番・ラブリーデイ
ピヨ子が2枚。



11番・キタサンブラック
夫が3枚、ピヨ子が2枚。



13番・ルージュバック
夫が1枚、ピヨ子が1枚。



15番・ゴールドシップ
夫が3枚、わたくしが5枚、ピヨ子が5枚。



各々、
馬券を買ったつもりで観戦ですから、
応援にも熱が入りました。



夫は肩を怒らし、前のめりになるし、
ピヨ子は拳を握って振り回しています。











一家で入れあげたゴールドシップはスタートの時点から最後尾で、
そのまま長いこと走り続けました。



あのパドックでの落ち着き払った堂々とした姿が、
ふと目に浮かび、
このまま堂々としんがりで行くのかしらと、
少し心配になった時です。



白い尻尾をなびかせてゴールドシップは
並み居る前方の馬たちをゴボウ抜きにして行きました。



「行け行け!!」



「いいぞいいぞ!」


ピヨ子は鼻の穴を膨らませて、
また拳を振ります。



しかし、
その頑張りも通じず、
ゴールドシップは8着に終わってしまいました。










テレビの中では
いつものように負け馬券の紙吹雪が舞っています。



ピヨ子はメモ用紙を小さく千切って
大袈裟にばら撒きました。











「いくらなんでも後ろにいすぎたんだ」



「ラストスパートをかけるのが遅すぎたよねえ」



「そうだ、
もうちょっとだけ前にいれば絶対に勝てたと、
お父さんは思うぞ」












結局勝ったのは
8番人気だったゴールドアクターで
配当は1700円。



わたくしたちが大枚をはたいた
ゴールドシップは8着、
ラブリーデイは4着
キタサンブラックは3着、
ルージュバックは10着ということで、
家族揃っての「オケラ」で終わってしまいました。



「そういえば、
前にお母さんと歩いて帰ったのが『オケラ街道』だったんだね。

この間の新聞の特別版にも出てたが」



「12万人もの観客だったというんだから、
オケラ街道を歩いて帰る人も多いよねえ」



「まあ、この寒空の下、
家族揃ってオケラ街道を歩く羽目にならずにすんでよかったわねえ」



「お母さん、お尻の具合はどう?」



「あら、お尻が痛いのなんて、
すっかり忘れていたわよ」














来年の有馬記念はどんな展開になるでしょうか?



そして、
引退したゴールドシップの子どもたちはどんな活躍をしてくれるでしょうか?



元気で長生きして、
今度こそは実際に競馬場へ行って、
しっかり見届けたいと思います。





ではまた、ごきげんよう。。。




日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村






posted by 八十路小町 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

第60回有馬記念を、一家揃って観戦しました。

2015.12.28.

第60回有馬記念を、
一家揃って観戦しました。



昨日は「第60回有馬記念」でしたね。



一年の締めくくりの大レースだということ、
第60回という節目に当たることと、
それに加えて、
人気馬の「ゴールドシップ」が最後の競走ということで、
大変話題を呼んだレースでした。










ゴールドシップという馬は芦毛で、
本当に美しい馬です。



元来、
芦毛の馬は競走馬としては大した成績を残せないといわれていたのが、
昭和の終わりから平成のはじめにかけて、
「オグリキャップ」とそのライバルの「タマモクロス」という2頭の名馬が登場し、
物凄い人気となりました。



それをきっかけに、
競馬場に女性のファンが詰めかけるようになったそうです。



わたくしもピヨ子も、
美しい芦毛の馬が大好きです。



ですから、
「ゴールドシップ」には前々から目をつけていたのです。



そのゴールドシップが今回で引退というのですから、
なにがなんでも応援せずにはいられません。




6a8fcd6d0976af60cef21bc7c9b3960b_l_mo.jpg
画像:写真AC










ピヨ子の家に配達される朝日新聞には、
数日前から大きな広告が掲載され、
去年と同様に、
新聞2枚分の大きな広告が入りました。



表には、
去年の優勝馬「ジェンティルドンナ」が紙面いっぱいに載っています。



この馬は牝馬ですから、
女性が男性に勝ったというカッコよさから、
やはり大ファンですから、
なんだか嬉しくて、
ピヨ子などは新聞の上のジョッキーの部分に寝そべって、
大きさを比べたりしたほどです。



わたくしも
妹と京都競馬場で「菊花賞」を観たときの感激と興奮を未だに忘れられず、
そのときの観客の熱狂ぶりを
何度も話したものです。



そんなこともあって、
今年は夫も競馬に俄に興味を示しました。



競馬場に入るには入場券を買わなければいけないこと、
入場券は1人、200円だということ、
勝ち馬投票券の値段は1枚100円だということなど、
基本中の基本の知識をピヨ子から仕入れて、
ワクワクしていました。



そんな様子を見て、
ピヨ子が炊きつけました。



「せっかくこっちに来たんだから、
有馬記念を観に行く?」



一瞬、夫は乗り気の顔を輝かせましたが、
ちらとわたくしを見て、
手を横に振りました。



「うーん、
船橋法典で降りるということは、
西船橋で電車を乗り換えるんだろう?

あの駅は病院に行くので乗り換えて、
訳が分からなくなったから、
もう降参だよ。

それに、
また今日は特別に寒いから、
お尻の調子に自信がないしねえ。

前にお母さんと行ったときは
まだ若くて元気だったから
下総中山駅から中山競馬場まで歩いて行って、
またJRの西船橋駅まで帰ってきたが、
あれは本当に遠かった」





わたくしも今の体の状態では
例え、競馬場までタクシーで乗り付けたとしても、
お目当てのレースを見て帰れる自信など到底ありません。



そんなことで、
当日は2時半からタブレットで
NHKの番組で観戦することにしたのでした。



(続く


ではまた、ごきげんよう。。。



日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村





posted by 八十路小町 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

京都競馬場が90周年の「菊花賞」。北島三郎さんの「キタサンブラック」が勝ちましたね。

2015.10.26.

京都競馬場が90周年の「菊花賞」。
北島三郎さんの「キタサンブラック」が
勝ちましたね。



昨日は競馬の「菊花賞」でした。



わたくしの家は賭け事は一切しないのですが、
娘のピヨ子の知り合いに調教師さんがいて、
その影響で、少し馬には興味があるのです。



それに、
妹の家に寄ったとき、
京都競馬場でちょうど菊花賞を見に行く機会にも恵まれたので、
大きなレースがあると聞けば、
お目当ての馬もいないどころか、
馬の名前も知らないけれど、
テレビやYouTubeを見てしまいます。






KS00510_mo.jpg
画像:Keisuke-Nakamura Photo Album







さて、
今回の菊花賞は第76回ですね。



会場の京都競馬場が出来てから、
90周年を迎えるそうです。



1938年に「京都農林省賞典四歳呼馬」という競馬から始まって、
終戦の年と、その前年を除いて開催され、
1948年 には「菊花賞」と名称になって、
以後毎年、1979年の阪神競馬場開催以外は、
京都競馬場の注目レースとなってきました。














わたくしは競馬の知識はまるでありませんが、
とにかく、
大きなレースだということと、
そして、生まれて初めて見た競馬が「菊花賞」だったということで、
今回も楽しみにしていました。



勝馬投票券など、
1枚も買うことはありませんが、
それでも、パドックを歩く馬のキラキラ輝く毛並みを見ていると、
本当にワクワクしてきますね。













昨日はどの馬も頑張って走って、
ゴール際の競り合いは見どころがありました。



そして、
勝ったのは、北島三郎さんの餅馬の「キタサンブラック」。



一際大きな体が黒光りして、
見るからに素晴らしい馬でした。



騎手も調教師も馬主も、
本当に嬉しかったことでしょう。



テレビでは放送されませんでしたが、
北島三郎さんが少し歌を歌ってくれたということです。









これからも、
馬も人も、どうか怪我をすることなく、
素晴らしいレースを見せてもらいたいですね。



そして、
戦場に行くような日が来ませんように。









ではまた、ごきげんよう。。。






日記・雑談(80歳以上) ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村





posted by 八十路小町 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

わたくしの「京都競馬場」見物記。

2014.01.13



わたくしの「京都競馬場」見物記。



昨日の京都競馬場の「第48回シンザン記念」
ご覧になりましたか?

「ミッキーアイル」はもう文句のつけようがなく、
素晴らしかったですね。


わたくしはね、
2着の「ウィンフルブルーム」が気に入りましたよ。

金色のたてがみと尻尾が
本当に素敵ですね。

頑張って欲しいわねえ。


さて、
今日のブログのテーマは
昨日のお約束、
わたくしが京都競馬場に行ったお話です。




実は、
わたくしはもう10年以上も前のことですが、
京都競馬場に行ったことがあるのですよ。

関東のピヨ子の家からの帰り道で、
近畿の妹の家に立ち寄りました。


ちょうど京都競馬場で
「菊花賞」が開催されるということで、
義弟の薦めで、
生まれて初めての競馬というものに、
妹と二人で行ってみることにしました。


「でも、どうやって行けばいいの?」

「う〜ん。

あのなあ、京都駅に行くだろ。

そしたらな、
耳に鉛筆挟んでる人がいっぱいいるからな、
とにかく、
その人らの後をつけていけばいいんだよ」


ということで、
とりあえず、京都駅に行ってみました。

改札を出たら、
まあ、たくさんの人、人、人。

義弟の言った通り、
耳に鉛筆を挟んだ人がいっぱいいます。

わたくしと妹は
顔を見合わせてニンマリ。

何気ない感じで後をついて行って、
電車に乗ったり、歩いたりして、
無事に京都競馬場に着きました。



そこまでは良かったのですが、
前売りの入場券を買っていなかったので、
入るのに、一苦労。


もう、なにもかも初めてなので、
妹もわたくしも
はぐれないように手をしっかり繋いで、
あちこちをキョロキョロしながら歩きまわりました。



パドックは熱気ムンムンですね。

馬のことなんて、なにも知らないのに、
耳に鉛筆を挟んでいないだけで、
一端の競馬通のように、
「あの馬はいい」「この馬はちょっとダメかな」
なんてね。

だってね、
二人で2枚ずつだけど、
「勝ち馬投票券」というものを買ったのですよ。






さて、当日のメインイベント「菊花賞」。

スタンドは人がいっぱい。

当然、
わたくしたちは一番上、一番後ろにしか入れませんでした。


でもね、
レースが近づくと、
周りの人がどんどん前に行くのです。

わたくしたちも、
それに押されて、自然と前に下に進みました。

こういうところに必ずいるというスリにやられないように、
バッグをしっかり胸に抱き締め、
そして、
はぐれないように、妹としっかり腕を取り合って、
流れに乗って進みました。

そして、
気がついた時には
なんと、妹と二人で、
柵にしがみついて、
大声を挙げて応援していたという訳です。




「ねえねえ、お父さん、どの馬が勝つと思う?」

「どれどれ。。。。

う〜〜ん。。。

馬だけはなあ
走ってみなきゃあ、わからんものさ。

でも、まあ、
素人だからなあ、
今日のところは
武豊でも買っとけばいいんじゃないか?」


というわけで、
なんにも知らないので
とにかく「武豊」の名前だけ叫んでいたわたくしたち。


それでね、
勝ったですよ、武豊が!!


わたくしたち、歓声を上げて、
手を握り合って飛び上がりました。


それで、
あの馬券はどうなったか?

それがねえ、
大人しく、武豊の単勝だけ買っていれば、
元手が増えたのに、
小賢しくも、複勝とか、連勝とか、
訳も分からず買っちゃてたんですよね。

だから、
プラスマイナス0というめでたい結果になりました。


なんで、めでたいのかっって?

だってねえ、
もし大勝ちなんてしちゃったら、
競馬に嵌ってしまうじゃありませんか。


博才なんてない家系だから、
たちまち「身上潰した」なんてことにねえ。




でも、本当に楽しかったわ。


あの馬の名前、なんていうのだったかしら。

と思ったら、ピヨ子が調べてくれました。



第61回 菊花賞 2000.10.22 京都 芝3000m エアシャカール


そうそう、
確かにこのレースでしたよ。

狭い中を、すうっと抜けて来て、
そして「首差」の1位。

本当に凄かった。

さすがでした。




帰りに甥が言いましたっけ。

「おばちゃん、今度は絶対に春においでよ。

天皇賞があるからね。

もっともっと凄いよ」



ぜひとも、また行きたいわ。


あの競馬場の物凄い熱気に負けないだけの
体力と気力をつけておかなければねえ。


わたくし八十路小町は、
今日も張り切っていきますよ。


ではまた、ごきげんよう。。。








posted by 八十路小町 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

今日は京都競馬場で「第48回日刊スポーツ賞 シンザン記念」。

2014.01.12



今日は京都競馬場で
「第48回日刊スポーツ賞 シンザン記念」。



今年の干支は「午」ということで、
今日は「馬」の話題です。

「馬」といえば、
やはり「競馬」ですね。


その競走馬の中でも、
わたくしが好きなのが「シンザン」です。

「セントライト」以来
23年ぶりとなる3冠を達成し、
のちに有馬記念と天皇賞も勝った5冠馬ですね。


といって、
シンザンが現役のときに
ファンだったというわけではありません。

その頃は、
競馬というものには興味がなかったのですね。


しかし、
ピヨ子が教えてくれたサイトで、
この「シンザン」の素晴らしさを知って、
すっかりファンになってしまったというわけなのです。


強くて逞しくて、
本当に男らしい馬でしたね。

もう、惚れ惚れしてしまいます。


その「シンザン」の名前を冠したレース「シンザン記念」が
今日、京都競馬場で行われます。


京都競馬場には、
「シンザン像」があって、
そこが「シンザンゲート」と呼ばれていますね。









実は、
わたくし、
この京都競馬場に行ったことがあるのです。

ですから、
京都競馬場で、
しかも、シンザン賞といえば、
レースに興味を持たないわけにはまいりません。


その他、
今日は、
第9レース「祇園特別」
第10レース「羅生門ステークス」
という、
いかにもこの場所にふさわしいレースがあるのですよね。

そして、
メインレースが
第11レース「第48回日刊スポーツ賞 シンザン記念」。

3歳オープン。芝1600m。

「オルフェーヴル」「ジェンティルドンナ」などの
歴史的な名馬が飛躍への足がかりとした
まさしく注目の3歳重賞レースということです。


ピヨ子に教えて貰って、
京都競馬場のサイトを見てみました。

http://www.jra.go.jp/facilities/race/kyoto/


わたくしは
賭け事はしませんから、
このサイトがもの珍しくて、
ウロウロキョロキョロしてしまいました。


あら、こんなコーナーが。

「誘導馬紹介コーナー」

http://www.jra.go.jp/facilities/race/kyoto/yuudouba/index.html

競走馬としては、
あまり活躍できず、種牡馬になれなかった馬で、
その素質のある馬たちが誘導馬として、働いているのですね。

立派な誘導馬になれるよう頑張っています。

というような健気なコメントも
ぜひ読んであげて欲しいわ。




わたくしは
兄弟姉妹の中でも一番おっとりしていたので、
駆けっこも遅いし、
ボール遊びや縄跳びなども
あまり得意ではありませんでした。


というか、
同級生の中では、
まあまあ普通のレベルだったのですが、
いかんせん、
兄弟姉妹が揃って、出来すぎだったのです。

だから、
なにかというと、
家族から「とろくさい」というように
馬鹿にされたり、叱られたり。


ですからね、
競馬を見ていても、
ついつい一番最後の馬を応援してしまうのですよ。


人間なら、

「どうせビリだから」

なんて、諦めたりしそうなものですが、
馬って、それでも一生懸命走るのです。

もう、健気でなりませんわ。


頑張って走るのよ。

絶対に、馬刺しなんかになっちゃいけませんよ。



あら、もうこんな時間。

レースが始まるので、
とりあえず、
今日はこれで失礼。


明日は、
京都競馬場に行ったお話をする予定です。


ではまた、ごきげんよう。。。








posted by 八十路小町 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


スポンサードリンク